【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 12d8a405 3c6b 42df 870e 3cacb9ff5beb
なぜ糖尿病で、足の状態とリスクの把握が重要なのか
糖尿病の方は、足の状態とリスクの把握が大切30秒に1人が下肢を切断していると言われる糖尿病の患者さん。下肢切断を避けるため、まずは足の状態をきちんと把握すること。そしてその上で、インソールや靴の...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

なぜ糖尿病で、足の状態とリスクの把握が重要なのか

公開日 2015 年 03 月 27 日 | 更新日 2017 年 05 月 07 日

なぜ糖尿病で、足の状態とリスクの把握が重要なのか
桑原 靖 先生

足のクリニック 表参道 院長

桑原 靖 先生

糖尿病の方は、足の状態とリスクの把握が大切

30 秒に1人が下肢を切断していると言われる糖尿病の患者さん。下肢切断を避けるため、まずは足の状態をきちんと把握すること。そしてその上で、インソールや靴の見直しなどをふくむフットケアを行うことが大切だと言われています。しかしなぜ、足にそれほど手厚いケアが必要なのでしょうか?

なぜ糖尿病が原因で足の切断に至るのか?

糖尿病の合併症には末梢神経障害があり、これにより足の感覚が低下してきます。もともと足のトラブル(足病)がない患者さんは、むず痒いとか足の裏の違和感を訴えるのみなのですが、足病を抱えている患者さんは、感覚が無くなることで、一気に足病が進行して感染等を併発してしまいます。

たとえば、巻き爪や外反母趾などの患者さんは、通常、痛みを訴えて受診しますが、糖尿病を合併すると痛みが消失してしまいます。しかし、足病自体が治癒したわけではなく、これにより傷ができるリスクは大きく上がるのです。

足のトラブル! どこの科に行けばよい?

アメリカでは医師、歯科医師と同じように足病学を専門とする医師が「ポダイアトリー」という形で足の診療を担っています。アメリカでは「足」に何かがあった「ポダイアトリー」の専門家を受診すれば良いので、患者さんが悩むことはありません。既に 13,000 人の「足の専門家」がアメリカにはいるのです。

一方、日本では、足を診察する科は多岐にわたっています。たとえば、白癬(水虫)であれば皮膚科、外反母趾であれば整形外科や形成外科、閉塞性動脈硬化症などの血行障害であれば循環器内科や血管外科を受診する必要があり、患者さんとしては自分の症状に合った適切な科を受診するのが難しく、どこの科に行けばよいのか悩んでしまうことが問題です。

足の専門医に診てもらうことの意味

足の状態がきちんと分かっていれば、足の状態に合ったケアを受け、靴や装具(ウェア)を選ぶことができます。また、迅速に専門的な治療(キュア)を行う必要がある場合も、正確な診察を受けていなければ、治療をはじめることもできません。フットケア、フットウェア、さらにはフットキュアを充実させていくために、まずは専門医に足の状態を診てもらいましょう。

日本には足を専門的に診療する医療機関がほとんどないことに問題意識を持ち、足の診療に特化したクリニック「足の診療所(現:足のクリニック 表参道)」を立ち上げ、院長を務める。足に対する専門的な診療を提供するとともに、他の専門家とも密に連携することにより、適切な治療とケアを可能にする。

関連記事