【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 5c1bfc84 95c4 4fc0 8789 71bfb80b14f4
食道がんの最新治療、日本が誇る世界で初めての手術(2)―ダビンチ®による手術
食道は胃とのどをつないでいる管です。食道の極めて近い位置には、肺や心臓というとても大事な臓器があります。さらに食道は気管の後ろ、背中の近くというかなり深い部分にあるのです。そのために、食道がんの...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

食道がんの最新治療、日本が誇る世界で初めての手術(2)―ダビンチ®による手術

公開日 2015 年 08 月 10 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

食道がんの最新治療、日本が誇る世界で初めての手術(2)―ダビンチ®による手術
瀬戸 泰之 先生

東京大学大学院医学系研究科 消化管外科学教授

瀬戸 泰之 先生

食道は胃とのどをつないでいる管です。食道の極めて近い位置には、肺や心臓というとても大事な臓器があります。さらに食道は気管の後ろ、背中の近くというかなり深い部分にあるのです。そのために、食道がんの手術は非常に難しい手術とされてきており、合併症も多く起きてしまっていました。

そのようななかで、東京大学胃食道外科教授の瀬戸泰之先生は患者さんの負担を少しでも軽くできるような食道がんの手術をするためにどうすべきかを常に考え続けてこられました。患者さんのために尽力し続けてきた瀬戸先生が世界で初めて開発された、ダビンチ®による食道がんの最新治療について4回にわたってお話し頂きます。第2回はダビンチ®による食道がんの手術はどのようなものなのかについてです。

食道がんの最新治療

第1回の記事(「食道がんの最新治療、日本が誇る世界で初めての手術(1)―食道の特徴と従来の手術の問題点」)でお話しした食道がん手術の難点を克服すべく、東大病院ではダビンチ®というロボット手術を導入しました。

まず、ロボット手術のメリットをお話しします。ロボット手術では開胸せずに非常に小さい切開で手術を行うことができます。さらには肺を縮めなくても手術ができるため、片肺換気の麻酔を用いる必要がありません。

ここからは、手術の具体的な手順を説明していきます。
ダビンチ®を使った手術では、人間の手がはいらないような狭い空間に対して、細長いロボットアーム3本(「手」)とカメラ(「目」)を入れます。実際のアームやカメラの操作は、医師が患者さんから少し離れたボックス(コンソール)にて行います。

この手術の特長は「手」と「目」にあります。「手」は7つの関節可動域を持っており、人間の関節よりはるかによく動きます。「目」は3D画像として、立体感のある手術視野を見ることができ、拡大をすることもできます。この「手」と「目」により自然な感覚で操作をし、精度の高くて細かい操作も可能となります。

この「非開胸ロボット支援食道癌根治手術」を私たちは「NOVEL」と命名しました。NOVELは「Non One-lung Ventilation:片肺換気麻酔なしでの Esophagectomy:食道切除 with extended Lymphadenectomy:リンパ節郭清」という意味です。これは、我々が世界で初めて成功し、つけた手術の名前です。

また、手術中の体の負担は小さくても、食道切除もリンパ節郭清(※食道がんの手術をするときには転移を防ぐため、周囲のリンパ節をとる)もできる、しっかり治療ができるという思いを込めて名前を付けました。
さらに、従来では麻酔中に片方の肺を縮めざるを得ませんでしたが、NOVELでは両方の肺に空気を送り込むことができるようになりました。

今までの非開胸手術との違い―根治術が可能に

非開胸アプローチ(胸を開かないで行う手術)もいくつか試みられてきました。例えば、食道抜去という手術です。これは、頸とお腹を開いて、食道だけを抜きとるという手術です。しかし、これは根治術(根本的に病気を治す手術)にはならないのです。根治術とは具体的にいうと、食道のほかに転移しやすい部分のリンパ節もとってしまうことを言います。食道がんでは、周囲のリンパ節に転移しやすいので、周囲のリンパ節をとらなくてはなりません。

このように、開胸をしない手術もあるにはありました。しかし、リンパ節が取れないため、根治術にはなりませんでした。一方で、根治術にするためには開胸をせざるを得ませんでした。食道がんは、胃がんや大腸がんよりも他の臓器に転移しやすいと言われており、このことが、食道がんが怖いと言われている所以でもあります。

ダビンチ®の手術では開胸が必要ありません。さらに、胸膜を切開する必要もないにも関わらず、従来の開胸手術と同様の根治手術が可能になりました。

 

癌研有明病院を経て、東京大学消化管外科学で教授を務める。世界的な上部消化管(胃・食道)における外科治療の第一人者であり、より体に負担の少ない手術方法を開発している。手術支援ロボット「ダビンチ®」を用いた食道がんの最新手術を世界で初めて成功させ、国際的に注目を浴びている。この最新手術は「NOVEL」と命名されており、体への負担を少しでも減らす手術としてさらなる発展が期待されている。

関連記事