【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 62ce5ac2 a64a 4ef5 8c84 f3109e114b1b
股関節の最新手術、最小侵襲手術(MIS)とは
人工股関節置換術が普及した理由として、インプラント自体の質が向上したことに加え、手術の技術が発展してきたことも見逃せません。手術の後遺症としての脱臼リスクを限りなくゼロに近づける工夫や、患者さん...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

股関節の最新手術、最小侵襲手術(MIS)とは

公開日 2015 年 11 月 16 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

股関節の最新手術、最小侵襲手術(MIS)とは
深谷 英世 先生

JR東京総合病院 整形外科 担当部長

深谷 英世 先生

人工股関節置換術が普及した理由として、インプラント自体の質が向上したことに加え、手術の技術が発展してきたことも見逃せません。手術の後遺症としての脱臼リスクを限りなくゼロに近づける工夫や、患者さんの身体の負担を最小限にする最小侵襲手術(MIS)について、JR東京総合病院整形外科の深谷英世(ふかたに・えいせい)先生にお話をうかがいました。

最新手術について―脱臼を防ぐために

人工股関節の手術では、術後に脱臼することが心配されていました。しかし最新の人工股関節では、ライナーのポリエチレン素材の耐摩耗性が向上しているため、ライナーをより薄く、骨頭のボール部分をより大きな径のものにすることが可能になっています。このことによって人工股関節の構造自体が、より脱臼しにくいものになっています。(記事3:「人工股関節置換術とその種類、手術の流れ」

もうひとつ重要なのは、脱臼を防ぐためにどれだけこだわるかという点です。私たちの股関節チームでは、その点に徹底的に執着して手術を行なっています。実物のインプラントを入れる前には、同じ形をしたトライアルという部品を入れてシミュレーションを行います。その際には、患者さんがうっかり脱臼しやすい極端な姿勢をとったとしてもまず大丈夫だというところまで追い込んで調整をします。

かつては私たちも「ここまで動かせれば日常的には問題ない」というレベルで妥協して、それ以上無理な姿勢をとらないように患者さんに気をつけてもらうということがありましたが、それでは何かのはずみでうっかり無理な体勢になったときに脱臼してしまいます。

では、「うっかり」があっても脱臼しないためにはどうすればよいのでしょうか。たとえば筋肉の張り(テンション)などの前後のバランス、取り付ける角度など、調整すべきポイントは決まっています。学会では最適な角度に持っていくためのナビゲーションや術前にテンプレートで合わせることを推奨していますが、私たちの経験ではトライアルを入れてみたときの最適な角度は、患者さんひとりひとりでまったく違っています。単純に機械で合わせるということでは対応は難しいと考えます。ただし、個人の経験によるノウハウに頼るだけではなく、調整のポイントをパターン化することによってチーム内で共有できるようにしています。

最小侵襲手術(MIS)とは

MIS(Minimally Invasive Surgery)は最小侵襲手術、すなわち患者さんのからだを傷つける範囲を最小にとどめる手術を意味します。通常、関節の手術では皮膚とその下にある筋肉にも大きくメスを入れますが、MISは7~8cm程度の短い切開で行います。私たちの股関節専門チームでは、スタッフ間の連携と個々の熟練した技術の積み重ねで、短時間の手術と少ない出血を目指しており、その一環として基本的にMISを採用しています。ただし、症例に応じて安全な視野確保のため切開を延長する場合もあります。

手術に際してはMIS用のリトラクター(開創器)と呼ばれる特殊な器具を使用したり、手技をパターン化することで効率よく行えるように工夫していますが、患者さんの股関節の状態によって切開する位置を細かく変えながら、最適な部位にメスを入れる必要があります。その点では患者さんひとりひとりに合わせた対応が重要です。

最小侵襲手術(MIS)のメリット、デメリット

切開の範囲を小さくすることで患者さんの負担がより少なくなります。感染症など合併症のリスクを減らすことに加え、術後の痛みが少なく傷の治りが早いということは、リハビリテーションを早く進めて早期に退院できることにつながります。
一方、患者さんの股関節の状態によっては十分な視野を確保して安全に手術を行なうよう切開の範囲を拡げることもあります。傷が小さくても手術時間が長ければ患者さんの負担もそれだけ大きくなり、低侵襲とはいえません。

最小侵襲手術(MIS)を受けるのに制限があるか

MISによる人工股関節置換術は、どの医療機関でも受けられるわけではありません。良い結果を得るためには、トレーニングを積んだ高い技術を持つ専門医が行う必要があります。また、すべての患者さんに対してMISが行えるわけではありませんし、その状態によってはMISが必ずしもベストな選択であるとは限りません。安全かつもっとも適した手術の方法を選択することが大前提です。

 

人工股関節手術および臼蓋形成不全に対する寛骨臼回転骨切り術を専門とする股関節外科のエキスパート。JR東京総合病院が誇る股関節専門チームを率い、単にインプラントを正確に入れるだけではなく、患者さんの状況に応じた調整を加え、「一生使いやすい股関節」を作り出すことを心掛けている。豊富な執刀経験と手技の工夫によって、後側方アプローチのメリットである展開のよさを生かしつつ、課題とされる後方脱臼を限りなくゼロに近づける手術を実現している。

関連記事