【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 e9ba9a17 155d 4986 9c15 a6360f93c97b
「乳がん患者さんと向き合い人生を支える」乳がん看護認定看護師になるには?
記事1『乳がん治療を長期的にサポートする「乳がん専門看護」とは―患者さんのQOLを支える看護』では、乳がん専門看護の特徴と乳がん認定看護師が行う看護の領域について、東京医科大学病院乳腺科主任看護...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

「乳がん患者さんと向き合い人生を支える」乳がん看護認定看護師になるには?

公開日 2017 年 03 月 26 日 | 更新日 2017 年 09 月 29 日

「乳がん患者さんと向き合い人生を支える」乳がん看護認定看護師になるには?
三原 由希子 さん

東京医科大学病院 乳腺科 主任看護師

三原 由希子 さん

記事1『乳がん治療を長期的にサポートする「乳がん専門看護」とは―患者さんのQOLを支える看護』では、乳がん専門看護の特徴と乳がん認定看護師が行う看護の領域について、東京医科大学病院乳腺科主任看護師で乳がん看護認定看護師の三原由希子看護師に、看護専門外来の例を挙げてご紹介いただきました。三原看護師は、乳がんと闘う患者さんからの様々な相談を受けています。相談内容は患者さんの人生そのものにかかわる深い事柄である場合も多く、乳がん看護認定看護師には一人一人の患者さんに一緒に向き合い、ともに生活を考えていくという心の強さが求められます。そのため、乳がん専門看護には大変な点もありますが、乳がん看護認定看護師は、一人の患者さんにじっくりと向き合うことができる特徴もあります。また、自分の看護ががん治療中の患者さんのQOL(生活の質)向上に役立つという点は、乳がん看護における最大の喜びです。現在看護師で今後専門分野を決めていきたい方や、看護師を志す方、看護師の仕事に関心がある方は、乳がん看護のやりがいや乳がん看護認定看護師という職を知っておくとよいでしょう。引き続き、三原看護師にお話しいただきました。

乳がん看護認定看護師・三原由希子さんが乳がん看護を専門にした理由

東京医科大学病院では、乳腺科病棟が立ち上がる以前から、乳がん患者さんに対する専門看護やそれを担う乳がん専門看護師の重要性を感じていたようです。

私は乳がんを専門にする前からがん患者さんと関わることが多かったのですが、乳腺科病棟が東京医科大学病院にできてからは、乳がん患者さんに対する専門的なサポートをしていきたいと思い、乳がん看護を専門にすることを決めました。現在は主任看護師として、看護師を育てる立場にあります。

三原由希子さん

乳がん看護認定看護師として大変なこと

乳がん患者さんからの相談を受ける中で、患者さんの人生そのものと一緒に向き合って考える

記事1『乳がん治療を長期的にサポートする「乳がん専門看護」とは―患者さんのQOLを支える看護』にて、東京医科大学病院乳腺科では患者相談外来で様々な相談を受けていると述べましたが、そのなかには患者さんの人生に直接かかわるご相談を受けることがあります。たとえば、「自分はがんサバイバーとしてどう生きていくか」というご相談もあります。

患者相談外来において、私が直接何か解決の糸口を示せているとは考えていません。患者さんは「相談」という形でご自身の胸中を語り、そのなかで自らの気持ちを整理して、あくまでご自身の力で不安を解決していくという印象です。

勿論、安易な気持ちで話を聞くことはできませんから、看護師として一人一人の患者さんの人生と向き合うのは大変なことです。ただし、前述の通り患者さんはお話しをされた中で気持ちの整理を行っていくため、最近ではこちらからアドバイスをしようとするのではなく、真摯に患者さんの気持ちを受け止めることだけを意識して、気負わずに相談外来を続けていこうと考えています。

乳がん看護認定看護師としてやりがいや喜びを感じるときは?

乳がん看護は、がん治療中の患者さんのQOL(生活の質)向上に役立てるという点が最も喜びにつながると考えています。

患者さんが乳がんの治療を完遂できた、またはご本人が納得いく選択をすることができたとき、私は非常に大きな喜びを感じます。

また、乳がん患者さんが長期にわたって治療を受けている間も、私たち乳がん看護認定看護師の看護によって患者さんのQOL(生活の質)が支えられ、向上させることができます。これは、乳がん看護ならではのやりがいだといえるでしょう。

これからの乳がん看護の展望

現在、東京医科大学病院には私一人しか乳がん看護認定看護師がいないので、乳がん看護に興味を持った後輩が増えてくれれば嬉しいです。

若手看護師

看護師として乳がん患者さんと向き合っていくときには、苦しいことも勿論あります。しかしながら、乳がん看護では患者さんの容態の変化や治療が終わるまでの過程を最期までみていられるため、どちらかというと楽しいことのほうが多いと感じています。患者さんだけではなく、患者さんのお子さんが大きく成長していく姿を見守ることもできます。これだけじっくりと一人の患者さんに関わり、絆を深めて行くことができる看護は他にはないでしょう。

乳がん看護に向く人は?

「一人の患者さんにじっくりと向き合いたい」と希望する方に向いている

看護師と女性

繰り返しになりますが、乳がん患者さんは、がんという深刻な病気を受け止めたうえで治療を受け、また治療後も再発の不安を抱えながら人生を過ごしていくことになります。ですから、乳がん専門看護では患者さんのQOL(生活の質)を支え、向上させるためのケアが中心となります。

患者さんの生活を支える看護は非常にやりがいがある領域で、それだけ患者さんと深く・長く関わる看護でもあります。この点が乳がん看護の最も楽しいところだと考えています。楽しいばかりの仕事ではありませんが、それ以上に得られるものは甚大です。乳がん看護に関心がある方は、乳がん看護認定看護師という分野や乳がん専門看護のやりがいについて詳細を知っておくとよいでしょう。

 

乳がん看護認定看護師については日本看護学会のホームページから詳しく知ることができます。

治療ガイドラインは日本乳癌学会HPで

乳癌学会

 

乳がん専門看護(三原 由希子先生)の連載記事

東京医科大学病院乳腺科主任看護師として乳がん患者の看護を専門に担う。同院乳腺科唯一の乳がん看護認定看護師であり、看護外来にて患者さんの様々な相談に応じている傍ら、看護師の指導教育も手掛ける。「乳がん看護は、がん患者さんのQOL向上を目指す」という考えのもと、一人一人に寄り添いながら患者さんを支えている。

関連記事