【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 4ad816c6 adf4 4ce2 b474 4db2c0c97c56
人工関節の材質は?手術後のリハビリは?人工膝関節手術について
膝の関節に痛みが生じると、立ち上がることや歩くことが困難になり、行動に制限がかかることがあります。関節の痛みが変形によるものであれば、人工膝関節手術を行うことによって痛みが少なくなり、今よりも自...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

人工関節の材質は?手術後のリハビリは?人工膝関節手術について

公開日 2017 年 02 月 18 日 | 更新日 2018 年 02 月 22 日

人工関節の材質は?手術後のリハビリは?人工膝関節手術について
山本 和良 先生

横須賀市立うわまち病院副病院長・整形外科部長・手術室/中材センター長兼任 横浜市立大学医学部 臨床教授

山本 和良 先生

膝の関節に痛みが生じると、立ち上がることや歩くことが困難になり、行動に制限がかかることがあります。関節の痛みが変形によるものであれば、人工膝関節手術を行うことによって痛みが少なくなり、今よりも自由に外出や趣味を楽しむことができるかもしれません。

しかし、手術となると不安も多く、手術をするかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか。今回は人工膝関節手術の有効性や気になる材質、手術時間などについて横須賀市立うわまち病院整形外科部長 山本和良先生にお伺いしました。

人工膝関節手術の対象は膝に痛みを抱える方-年齢と傾向

人工膝関節手術とは、変形性関節症や関節リウマチによって膝の関節が変形し、強い痛みが出ている患者さんに行う手術です。この手術の対象となる患者さんは40代から90代まで年齢層が幅広いという特徴があります。横須賀市立うわまち病院では、地域に高齢者が多いということもあり、80代前後の患者さんにこの手術を行うことが多いです。

膝の関節に痛みが出る方の大半は女性

高齢の女性

また、人工膝関節手術が必要になる患者さんのほとんどは女性で、実際に手術を受ける方の大半も女性です。もちろん男性でも変形性関節症や関節リウマチに罹患する可能性はあります。しかし、男性は女性に比べて筋肉量が多く、筋肉が関節をしっかり支えているため、関節が変形しても痛みが出にくいという特徴があります。

変形性関節症や関節リウマチは、多くの場合痛みがなければ手術をする必要はありません。つまり、女性のほうが男性と比べて痛みが出やすいため、女性の手術数が多くなっているともいえます。

疾患の種類別にみる人工膝関節の適応

変形性膝関節症の場合-人工膝関節手術・骨切り手術から選択する

変形性膝関節症は手術が必要な場合、人工膝関節手術と骨切り手術(こつきりしゅじゅつ)という2つの方法から患者さんに適した手術をお勧めしています。

  • 人工関節:変形した骨の一部を切り取って、骨の表面を人工物に入れ替える手術
  • 骨切り手術:人工関節を入れずに、自分の骨を切り、形を整えて関節の痛みが出ないようにする手術

変形性膝関節症の場合、骨の変形がひどく、ある程度お年を召した患者さんならば人工膝関節を、骨の変形が軽くまだ若い患者さんには、骨切り手術をお勧めする傾向にあります。具体的には、70〜80代の患者さんであれば大抵人工膝関節手術のほうが適しており、50〜60代の患者さんであればまず骨切り手術を検討します。ただし、70代以上の患者さんでも骨の状態が丈夫で変形が少ない患者さんであれば、骨切り手術を検討する場合もあります。

関節リウマチの場合-若年の方でも人工膝関節を検討

関節リウマチによる膝関節の変形の場合、50〜60代と比較的若い患者さんでも人工膝関節手術を余儀なくされる方もいらっしゃいます。これは、関節リウマチの場合、若くても関節にひどい変形がみられることもあるからです。

しかし最近はリウマチの治療が進歩しており、飲み薬や注射でリウマチの進行を抑えられる患者さんも増えてきています。そのため、以前と比べれば関節リウマチが原因で人工膝関節手術が必要になる患者さんは減少しています。

横須賀市立うわまち病院では、年間70件ほどの膝関節手術を行なっており、そのうち20件ほどが骨切り手術、残りの50件ほどは人工膝関節の手術です。これは横須賀市に高齢の市民が多く、骨切り手術よりも人工膝関節手術のほうが適している患者さんが多く受診されるためです。

人工膝関節の材質は?画像でみる人工膝関節の模型

人工関節の模型

人工関節の素材には

  • 金属
  • セラミック
  • ポリエチレン

など、様々な材質が使われています。

世界的にみても金属製の人工関節を使用している医療機関が多く、横須賀市立うわまち病院でも基本的には金属の人工関節を使用しています。

ただし、ごく少数ですが患者さんの中には金属アレルギーをお持ちの方がいらっしゃいます。このような場合、金属製の人工関節を使用するとアレルギーを引き起こす可能性があるため、セラミック製の人工関節を使用します。

つなぎ目での骨セメントの使用

人工膝関節の挿入方法も医療機関によって異なります。

たとえば、骨と人工膝関節のつなぎ目に骨セメントを使用して固定する医療機関もあれば、骨セメントを使用せずに固定する医療機関もあります。横須賀市立うわまち病院では骨セメントを使用した人工膝関節手術を行なっています。

人工膝関節の手術-気になる手術時間やリスクについて

人工膝関節手術にかかる時間はトータルで3〜4時間ほどです。しかし、ここには麻酔をかけたり、覚ませたりする時間も含まれているため、実際に膝周りを切って人工膝関節を挿入する時間は1〜2時間ほどです。

手術前の健康状態をきちんと確認する

安全に手術を受けていただくために意識していることは、手術前に患者さんの健康状態をしっかり検査し、万全の状態で治療に臨める環境を作ることです。

特に人工膝関節手術を受ける患者さんはご高齢であることが多いので、関節の痛みとは別に、高血圧、糖尿病、心臓病など内科的疾患をお持ちの患者さんが多くいます。手術前に血液検査、心電図などでチェックし、必要あれば内科や循環器科に受診していただきます。

また、血管の疾病を罹患していることがまれにあります。その場合は、手術前に脚の血流検査を行い、血の流れに滞りがないかどうか確認をします。この検査で血の流れが悪いと判明した患者さんには、まず血管の治療を行い、その病状が改善してから人工膝関節手術に臨みます。

人工膝関節手術での感染症・合併症を防ぐために

人工膝関節手術の際には細菌による合併症や感染症を防ぐため、細心の注意を払って手術に臨みます。手術前から何らかの菌を保持している患者さんを手術する際は、ややリスクが上がってしまうのでより一層の配慮が必要です。

横須賀市立うわまち病院の人工膝関節手術は感染や合併症が起きることが滅多にありません。これは、手術室にクリーンルームという特別な部屋で手術を行ったり、手術後の傷のケアとして保護剤を貼り、細菌の侵入を防いでいるためです。今後も常に安全な手術を行えるよう、継続的な努力を行なっていきます。

手術後の過ごし方は?-2〜3週間後の退院を目指したリハビリ

松葉杖

横須賀市立うわまち病院の人工膝関節手術の場合、多くの方は術後およそ2〜3週間で退院しています。手術後の入院期間はなるべく早く脚を動かしたり、できる範囲で歩くといったリハビリを行います。あまり期間を空けずに脚を動かした方が回復も早く、正常に人工関節が機能します。

人工膝関節を入れる際に切った周辺の筋肉や皮膚には痛みが強く現れるので、痛みを和らげる薬を服用しながら、忍耐強くリハビリをしてもらいます。多くの場合、術後2~3週間後には周囲の痛みも薬が不要になるほど引いていきますし、一定のスピードで歩けるようになります。

退院後のアフターフォロー

横須賀市立うわまち病院では、退院後のアフターフォローも継続的に行うように努めています。人工膝関節手術後の1年間は人工関節が正しく機能しているか、術後の経過は良好かを確認するため、数回診察するようにしています。

その後は患者さんが来られる範囲で1年に1回程度の受診をお勧めしています。私が横須賀市立うわまち病院に赴任して14年が経ちますが、14年前に人工膝関節手術を行った患者さんのなかには、今もなお年に1回の診察に毎年いらっしゃる方もいます。もちろん、身体の状態などによって来院が難しい場合は、無理に受診を勧めることはありません。その患者さんの置かれている状況に合わせてアフターフォローを行なっています。

横須賀市立うわまち病院ホームページ(整形外科)はこちら

 

人工関節(山本 和良先生)の連載記事

横須賀市立うわまち病院、整形外科部長。地域の中核病院 副病院長として、骨折や関節症、リウマチなどの治療にあたる。