【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 bc46dc34 84f4 4c40 ad92 7729b6f19f35
がん免疫療法の未来-標準療法と併用する樹状細胞ワクチン療法の福島県立医...
記事1「がん免疫療法とは?-オプジーボの登場とエビデンス確立の歴史」ではがん免疫療法の歴史やオプジーボの有用性についてお話しいただきました。近年はがん免疫治療として、オプジーボをはじめとする免疫...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

がん免疫療法の未来-標準療法と併用する樹状細胞ワクチン療法の福島県立医科大における研究

公開日 2017 年 05 月 20 日 | 更新日 2017 年 05 月 21 日

がん免疫療法の未来-標準療法と併用する樹状細胞ワクチン療法の福島県立医科大における研究
河野 浩二 先生

福島県立医科大学 消化管外科学講座 主任教授

河野 浩二 先生

記事1「がん免疫療法とは?-オプジーボの登場とエビデンス確立の歴史」ではがん免疫療法の歴史やオプジーボの有用性についてお話しいただきました。近年はがん免疫治療として、オプジーボをはじめとする免疫チェックポイント阻害薬とは違った切り口でがんに働きかける「樹状細胞ワクチン療法」も注目され始めています。

今回は樹状細胞ワクチン療法の研究を積極的に行なっている公立大学法人福島県立医科大学 主任教授の河野浩二先生に、その有用性や将来的な活用方法の展望についてお話を伺いました。

がん免疫療法のひとつ「樹状細胞ワクチン」とは?-治療方法と仕組み

近年、私達は樹状細胞ワクチン療法の消化管領域での効果を研究しています。樹状細胞ワクチン療法とは、患者さんの細胞を身体の外で育てて戻す再生医療のひとつです。

樹状細胞は抗原を攻撃するよう細胞障害性T細胞に指示する役目を持っています。この樹状細胞を患者さんの体内から採取し、人工的に育てて増やし、再度患者さんの身体に戻すことによって、細胞障害性T細胞が抗原を攻撃する力を強め、より効果的にがんを死滅させることを目的としています。

従来この樹状細胞ワクチン療法は、記事1「がん免疫療法とは?-オプジーボの登場とエビデンス確立の歴史」でも述べていたように民間療法として行われることはあったものの、医学的に取り上げられ、臨床試験でデータ化され大きな成果を上げることはほとんどありませんでした。そのため私達は樹状細胞ワクチン療法の効果を立証し、より効果的な方法で活用するための研究を行っています。

胃がん患者さんを対象に樹状細胞ワクチン療法の臨床試験を行う

胃

現在私たちは一般的によくみられるがんのひとつで、日本人の罹患率が高い胃がんを対象に樹状細胞ワクチン療法の研究を行っています。具体的には現在胃がんの第一選択薬として定められている抗がん剤「TS1」「シスプラチン」に樹状細胞ワクチンを上乗せすることによって、抗がん剤単体の効果を超えた結果が出るかどうかを研究しています。

この研究は、全部で3段階の臨床試験を予定しており、現在、2段階目の第2相試験を計画している最中です。2007年の抗がん剤「PS1」「シスプラチン」を第一選択薬に定めた際に行われた大規模な臨床試験のデータを用い、これらの抗がん剤に加えて樹状細胞ワクチンを投与した場合、予後にどのような差が出るのかを試験し、比較しています。

この試験で抗がん剤と樹状細胞ワクチンの併用がよい効果をもたらすことが証明されると、次はそのデータをもとに第3相試験が行われます。第3相試験はランダム化比較試験を予定しており、実際に現在行われている最良の治療方法と比較することによって、樹状細胞ワクチンの有用性に迫ります。

樹状細胞ワクチン療法の標準治療化に向け、まだまだ道のりは長いのですが、私達は現在行われている試験に手応えを感じています。今後多くの患者さんを救う治療になることを期待しています。

がん免疫治療の抗がん剤併用について

記事1「がん免疫療法とは?-オプジーボの登場とエビデンス確立の歴史」でも述べましたように、長らく抗がん剤とがん免疫療法はまさに水と油の関係でした。抗がん剤の使用は免疫機能を弱めてしまうため、免疫治療を阻害するものと考えられていたのです。

しかしながら、昨今使用されている抗がん剤は免疫機能がそれほど弱くならないものも多く、むしろ免疫抑制を引き起こす細胞を攻撃してくれる、免疫系にプラスに働くような抗がん剤もあることがわかってきました。そのため、抗がん剤とがん免疫療法の併用は、相対的に免疫が高まるのではないかという見方が強くなってきています。

がん免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」の副作用は?

今のところ、樹状細胞ワクチン療法による重大な副作用は報告されていません。樹状細胞ワクチンはがん抗原に対する免疫だけを高める治療なので、自己免疫に与える影響がほとんどなく、自己免疫疾患も起きにくいのです。

オプジーボと樹状細胞ワクチン療法の併用により、強い効果を期待

河野浩二先生

記事1「がん免疫療法とは?-オプジーボの登場とエビデンス確立の歴史」でも述べました通り、がん免疫療法はオプジーボの登場により飛躍的に成果を上げることができるようになってきました。しかしながらオプジーボによる治療にもまだ課題があります。

その課題とは、オプジーボが効く人と効かない人がおり、その違いがなぜ起きるのか未だにまだよくわかっていないことです。オプジーボが効く方は、オプジーボによる治療を行う患者さんのうち20%といわれています。つまり80%の患者さんにはオプジーボが効いていないということになります。

私達は現在、樹状細胞ワクチン療法の研究をしていますが、最終的にはオプジーボと樹状細胞ワクチン療法を併用した新しいがん免疫療法を視野に入れています。樹状細胞ワクチンでがん抗原と闘える細胞障害性T細胞を増やし、オプジーボによって細胞障害性T細胞の免疫抑制のブレーキを外すことでより効果的にがんを攻撃できる免疫療法が提供できるのではないかと期待しています。

 

がん免疫療法(河野 浩二先生)の連載記事

消化器外科、特に食道外科を専門としており、年間40〜50例の食道がん切除を行うなど多数の手術を手がけている。外科臨床に加えて、がん免疫療法の開発の実績があり、がんワクチン療法の全国他施設共同臨床研究などの主任教授を勤めた。論文業績のIFは491(2017年現在)。

関連記事