【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 81d2dc10 b7b0 4971 942e f8a7fe43deb0
乳がんの治療は患者さんとの信頼関係が重要
患者さんが治療を選ぶ際は、医師とのしっかりとしたコミュニケーションと信頼関係が重要です。この2つがあることで、患者さんは安心して治療を受けることができます。今回は記事1『標準治療とは患者さん1人...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

乳がんの治療は患者さんとの信頼関係が重要

公開日 2018 年 01 月 30 日 | 更新日 2018 年 01 月 30 日

乳がんの治療は患者さんとの信頼関係が重要
大野 真司 先生

がん研究会有明病院 乳腺センター

大野 真司 先生

患者さんが治療を選ぶ際は、医師とのしっかりとしたコミュニケーションと信頼関係が重要です。この2つがあることで、患者さんは安心して治療を受けることができます。

今回は記事1『標準治療とは患者さん1人1人にもっとも適した治療のこと』に引き続きがん研有明病院の乳腺センター長であり院長補佐の大野真司先生に、患者さんとの信頼関係を築くために行っていることや、ピンクリボン運動についてお話をうかがいました。

医師が患者さんのナラティブを知る

悩んでいる女性

記事1『標準治療とは患者さん1人1人にもっとも適した治療のこと』では、治療選択のために患者さんと医師でシェアード・ディシジョン・メイキング(shared decision making)を行うことを説明しました。実際にシェアード・ディシジョン・メイキングを行う際に私が重要視していることは、患者さんのナラティブ(Narrative Based Medicine)を知るということです。ナラティブとは患者さん物語、つまり生活環境や悩み、どんな思いを持っているのかということです。

どうしてこの治療を受けたいのか受けたくないのか

患者さんによって希望する治療法は異なります。異なる理由は、患者さんはそれぞれ違う環境で生活しており、それぞれのバックグラウンドや思いが存在するからです。

たとえば乳がんの手術後は、再発率をさげるための抗がん剤治療が標準治療として推奨されています。「自分が子どものときに母親を乳がんで亡くし辛い思いをしたから、自分の子どもには同じ思いをさせたくない」という気持ちから、副作用があっても抗がん剤による治療を選択する患者さんがいます。

また「姉が卵巣がんで抗がん剤治療の副作用に苦しんでいる姿をみてきたから、自分は抗がん剤治療を受けない」と選択する方もいます。このような患者さんの物語を医師が知っていれば、たとえ抗がん剤治療を受けることを患者さんが希望しなくても「効果があるのだから受けたほうがよい」というのではなく、「7割の方は再発をしないから、安心して様子をみていきましょう」とその患者さんにとって適切なサポートをすることがきます。

ナラティブ知るためには信頼関係が必要

ネットをする女性

初対面の人にいきなり悩みを打ち明ける方はそうそういないのと同様に、初診のときからご自身のナラティブを話してくださる患者さんはほとんどいません。主治医が信頼できる存在だと認められてはじめて、患者さんは悩みや本音を話してくれるのです。信頼関係が築けると、こちらから質問をしなくても、家族の話やご自身の過去を話してくれるようになります。

患者さんから信頼されるために必要なことの1つは、コミュニケーションスキルです。もう1つは、普段から自分や病院のよい評判を広める努力をすることです。私たちはこのことを「備える」といっています。近年患者さんは、事前に病院や医師を調べてから診療に来られます。そして調べた際のよい印象と実際の印象が同じだった場合、早い段階から信頼関係が築けるのです。

乳がんの啓発を行うピンクリボン運動とは

乳がんピンクリボン運動では、乳がんの啓発活動や乳がん患者さんをサポートする活動などをしています。私はその活動を行うNPO法人の代表を務めています。以下では、ピンクリボン活動の啓発活動についてご説明します。詳しい活動内容は(http://www.congre.co.jp/happymamma/)をご参照ください。

乳がんの早期発見

実際に日々乳がんの患者さんをみていると、もっと早くにがんが見つかれば乳房が温存できたり、抗がん剤治療を行う必要がなかったのにという患者さんに多く出会います。そのため早期発見は非常に大切であり、ピンクリボン運動ではマンモグラフィ検査の受診を普及させる活動をしています。

しかし先進国のなかで、マンモグラフィ検査を普及させる活動を行っているのは日本くらいです。他の国ではマンモグラフィ検査を受けることが当たり前であり、収入が低くマンモグラフィ検査を受けられない方のために金銭的サポートをする活動がメインです。日本においても、マンモグラフィ検査を受けることが当たり前になる日がくることを目指しながら早期発見のための活動をしています。

乳がん体験者・闘病中の方のサポート

国立がん研究センターの調査によると、2016年の日本では、乳がんにかかる方は11人に1人といわれています。乳がん治療は再発防止のために治療が5年から10年に及ぶこともあります。再発治療も何年も続きます。治療は終わっていても再発の不安を抱いていたり、治療の後遺症で苦しんでいる人もいます。このような乳がんを体験した方々、闘病中の方々をサポートするための活動を行っています。

研究・臨床試験の資金収集

研究と臨床試験によって、医療は常に進歩を続けています。しかし研究と臨床試験には膨大な資金が必要です。2018年現在の日本では国費が研究費用にあてられていますが、決して十分とはいえません。そのためピンクリボン運動で資金を集め、将来の乳がん治療をよりよくしていくために寄付をしています。

今後のピンクリボン運動の予定

ピンクリボン運動は福岡のさまざまな施設とコラボレーションしながら実施しています。2018年は福岡ソフトバンクホークスとの活動を増やしていこうと計画しています。また乳がんの若い医療者を育てる未来プロジェクトという活動にも力を入れていく予定です。

信頼できる情報や医師と共に治療を決める

大野真司先生

乳がんにかかる方は11人に1人ですが、亡くなる方は70人に1人であり、治る方も多い疾患です。乳がんと診断された場合は、慌てずゆっくりでよいので、信頼できる医師や医療機関と相談しながらご自身にもっとも適した治療法を選択してください。

また乳がんの患者会の方々はよく「賢い患者さんになってください」とおっしゃっています。氾濫する間違った情報に流されず、医師の説明やガイドラインからしっかりとしたエビデンスのある治療を勉強することが重要ということです。主治医以外の先生の意見も聞きたい場合は、セカンドオピニオンを活用するのもよいでしょう。

そのなかで私たち医師ができることは、目の前の患者さんにベストを尽くすことと、明日の患者さんに備えることです。今いる乳がん患者さんを全力で治しながら、未来ではもっとよい医療を提供するために、研究と臨床試験、啓発活動を続けていきます。

 

標準治療と乳がん(大野 真司先生)の連載記事

日本の乳がん医療を代表するひとり。日本で最多の手術数(1,200例/年)の乳腺センターの責任者。臨床試験の推進とともに、乳がんの早期発見や乳がん体験者をサポートするピンクリボン活動にも積極的に取り組んでいる。

関連記事