【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 1bda0d9c 3faa 49cf bee2 db7ffa40282f
子どもの肺炎の原因―さまざまなウイルスや細菌により起こる
子どもの肺炎の原因は、ウイルス、細菌、誤嚥(ごえん:食物などが気管に入ってしまうこと)などさまざまです。原因によっては、子どもが重症化する場合もあるため注意が必要です。また、肺炎を起こした病原体...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

子どもの肺炎の原因―さまざまなウイルスや細菌により起こる

公開日 2018 年 03 月 21 日 | 更新日 2018 年 03 月 22 日

子どもの肺炎の原因―さまざまなウイルスや細菌により起こる
川野 豊 先生

埼玉県立小児医療センター感染免疫・アレルギー科科長兼部長

川野 豊 先生

目次

子どもの肺炎の原因は、ウイルス、細菌、誤嚥(ごえん:食物などが気管に入ってしまうこと)などさまざまです。原因によっては、子どもが重症化する場合もあるため注意が必要です。

また、肺炎を起こした病原体を見つけるための検査方法がない場合は、原因不明となります。

今回は、肺炎の原因について埼玉県立小児医療センターの川野豊先生に詳しくお話を伺いました。

子どもの肺炎の種類とその原因について

子どもの肺炎の種類

子どもの肺炎の主なものには、以下の6種類があります。

  • ウイルス性肺炎
  • 細菌性肺炎
  • マイコプラズマ肺炎
  • 誤嚥性(ごえんせい)肺炎
  • クラミジア性肺炎
  • 真菌性肺炎

ウイルス性肺炎

ウイルス

肺炎の原因となる代表的なウイルスは以下5つです。

  • RSウイルス
  • インフルエンザウイルス
  • アデノウイルス
  • ヒトメタニューモウイルス
  • ライノウイルス

重症化しやすいウイルス①―RSウイルス

大人もRSウイルスにかかりますが鼻風邪程度で終わることが多く、肺炎になることはまれです。しかし、小さい子どもの場合は重い肺炎や気管支炎につながり、場合によっては命にかかわることもあります。

重症化しやすいウイルス②―ヒトメタニューモウイルス

ヒトメタニューモウイルスは、肺炎の症状が重くなりやすいウイルスです。

2014年より検査が簡単になったウイルスであるため、検査される頻度が上がるとともに肺炎の原因ウイルスとして頻度が上がっています。

細菌性肺炎

肺炎の原因となる代表的な細菌は以下3つです。

  • 肺炎球菌
  • インフルエンザ菌
  • 黄色ブドウ球菌

肺炎球菌とインフルエンザ菌は、小さい子どもがかかりやすい細菌です。

しかし、肺炎球菌とインフルエンザ菌による肺炎は、予防接種が普及したことからかなり減りました。

黄色ブドウ球菌による肺炎は、頻度は少ないですが、症状が重くなることが多いため要注意です。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマという微生物が原因で発症します。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマの感染者が周囲にいると感染します。

1〜2歳の子どもはあまりかからず、だいたい6歳以上の子どもがかかりやすい肺炎です。

誤嚥性肺炎―1歳ほどの赤ちゃんは起こしやすい

おもちゃを食べようとしている赤ちゃん

誤嚥(ごえん)、誤飲したものは、何であっても肺炎の原因となりえます。

特に何でも口に入れてしまう1歳ほどの小さい子どもは、誤嚥性肺炎を起こしやすいです。また、誤嚥性肺炎の発症に体の抵抗力は関係なく、元気な子どもであっても発症することがあります。

食べ物の誤嚥

ピーナッツ

食べ物の誤嚥と共に病原体が体に入ることもありますが、食べ物そのものが

喉に詰まって炎症の原因になることもあります。

また、喉に詰まった食べ物の成分が溶けて、肺や気管に害を与えて肺炎になることもあります。

自分の胃液を誤嚥

小さい子どもは、食後すぐにお腹が圧迫されてしまうと、胃から食道へ自分の胃液や食べたものが逆流しやすいです。それが気管に入り肺炎を起こすことがあります。

化学物質の誤飲

タバコの吸い殻

化学物質を誤嚥した場合は、病原体が入らなくても、それ自体が気管や肺を障害するため肺炎になってしまいます。

冬にみられるのは、灯油の誤飲です。子どもが灯油を間違えて飲んで、肺が傷んでしまい肺炎になることもあります。

子どもの手の届くところに、口に入ると危険なものは置かないことが重要です。

家に一般的にある誤嚥、誤飲の危険があるもの
  • 灯油
  • 洗剤
  • たばこ
  • 殺虫剤などのスプレー類
  • 化粧品 など

クラミジア肺炎

オカメインコ

クラミジア肺炎は、クラミジアという病原体が原因となって起こります。

鳥類、は虫類、馬などクラミジアを持っている動物と触れ合うと、感染する可能性があります。動物を触ったあとは、手を洗うことが重要です。

真菌性肺炎

肺炎の原因となる代表的な真菌(カビ)は以下4つです。

  • 白癬(はくせん)菌
  • カンジダ
  • アスペルギルス
  • クリプトコッカス
  • ムーコル     

白癬菌、カンジダ、アスペルギルスの3つは空気中にどこにでもいるカビです。

原発性免疫不全症などの体の抵抗力が弱まる病気がない限り、真菌性肺炎にかかることはまれです。健康な子どもは基本的にはかからない肺炎と考えてよいでしょう。

肺炎になりやすい子ども

咳をする子ども

喘息やアレルギーを持つ抵抗力が低い子ども

喘息やアレルギーなどがある子どもは、病気のない子どもより病原体への抵抗力が低いといわれています。

特に喘息の子どもは、体内に入ってきたウイルスや細菌を外に出すシステムが上手くはたらかず、気管や気管支が痰(たん)で詰まりやすいため、肺炎になりやすいです。

原発性免疫不全症の子ども

生まれつき免疫不全症候群の子どもは抵抗力がなく、非常に肺炎になりやすいです。肺炎になったことがきっかけで、免疫不全の病気がわかることもあります。

肺炎の原因は風邪が多い?

風邪を引き起こす病原体は肺炎の原因ともなる

肺炎の原因となるウイルスや細菌により風邪をひき、重症化した結果、肺炎になります。そのため、熱や咳など風邪の症状から始まります。

ウイルス性の風邪は症状が軽い場合が多いですが、細菌性の風邪の場合は症状が重くなることがあります。風邪の段階で治すことが重要です。

たばこの副流煙は肺炎の原因になる?

タバコを吸っているお父さん

肺炎の原因となる病原体が体内に入りやすくなる

たばこを吸うこと自体が、気管や肺の粘膜を傷つけます。

健康な気管の粘膜の場合、ウイルスや細菌を防ぐ自浄作用がはたらきます。しかし、粘膜が傷ついている状態だとウイルスや細菌が体内に入りやすくなります。

子どもの前でたばこは吸わない、たばこのある場所へ行かせないなどして副流煙を避けてください。葉巻たばこの副流煙だけではなく、加熱式たばこも念のため避けたほうが安心です。

肺炎・気管支炎・咳喘息の関係

肺炎と咳喘息―原因と症状が異なる

肺炎は、細菌やウイルスなどの病原体が原因で起こります。

一方で、咳喘息は、ハウスダストなどへのアレルギー反応が原因で起こる気管支の病気です。喘息のようにゼイゼイ、ヒューヒューなどの呼吸音や呼吸困難になるほどの咳が出ることはないですが、悪化すると喘息になります。

肺炎と気管支炎の関係―気管支炎が重症化し肺炎に

主に風邪の症状が重くなり気管支炎を発症し、さらに重くなると肺炎になります。そのため症状は、気管支炎のほうが軽く、肺炎のほうが重いです。

肺炎と気管支炎は症状が似ており、胸のレントゲンを撮り区別をしています。

原因となる病原体や体質によっては、急に肺炎になることもあります。

子どもの肺炎の原因は多様

このように肺炎の発症には、さまざまなウイルスや細菌などがかかわっています。

そのウイルスや細菌のなかには、子どもが重症化しやすいものもあります。肺炎と思われる症状が3日以上続く場合は、早めに受診することが重要です。

子どもの肺炎の詳しい症状については『子どもの肺炎の症状—主症状は熱・咳・痰(たん)』をご覧ください。

子どもの肺炎(川野 豊先生)の連載記事

埼玉県小児医療センター感染免疫・アレルギー科科長兼部長を務める小児科医師。優しく温厚な人柄で、子どもから慕われ、そのご家族からは厚い信頼を得ている。

関連記事