【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 96cb8cb4 07fa 4022 b52d a5ea429c64b2
睡眠時無呼吸症候群の症状
睡眠時無呼吸症候群(SAS:SleepApneaSyndrome)とは、眠っているときに無呼吸(10秒以上呼吸が停止すること)または低呼吸(もう少しで止まりそうな弱い呼吸)の状態になる病気です。...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

睡眠時無呼吸症候群の症状

公開日 2018 年 05 月 29 日 | 更新日 2018 年 05 月 29 日

睡眠時無呼吸症候群の症状
石渡 庸夫 先生

国家公務員共済組合連合会九段坂病院 内科部長

石渡 庸夫 先生

目次

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、眠っているときに無呼吸(10秒以上呼吸が停止すること)または低呼吸(もう少しで止まりそうな弱い呼吸)の状態になる病気です。記事1『睡眠時無呼吸症候群の原因』では、睡眠時無呼吸症候群の原因についてお伺いしました。本記事では、睡眠時無呼吸症候群の症状について、国家公務員共済組合連合会 九段坂病院の石渡庸夫(いしわた のぶお)先生にお話を伺います。

睡眠時無呼吸症候群の症状とは

閉塞型の睡眠時無呼吸症候群の症状には、寝ているときの症状と、起きているときの症状(覚醒症状といいます)があります。

寝ているときの症状

寝ているときに起こる睡眠時無呼吸症候群の症状には、無呼吸、いびき、中途覚醒(夜中に目が覚める)、眠りが浅いなどがあります。

〈寝ているときに起こる睡眠時無呼吸症候群の症状〉

  • 無呼吸(睡眠中に10秒以上呼吸が止まること)
  • いびき
  • 中途覚醒
  • 眠りが浅い

無呼吸・いびき

睡眠時に呼吸が止まったり浅くなったりすると、体内の酸素量が低下します。すると、体が必要な酸素を一気に取り入れようとして、いびきが起こることがあります。睡眠時無呼吸症候群の症状として起こるいびきは、いびきのある状態と止まった状態(無呼吸のとき)を、波のように繰り返すことが特徴です。いびきは、無呼吸の前兆としてあらわれることが多いです。

無呼吸・いびき

中途覚醒・眠りが浅い

睡眠時無呼吸症候群になると、夜中に目が覚めたり、眠りが浅くなったりします。

眠りが浅いと夜中でも起きやすく、何度も目が覚めることがあります。そのようなとき本人はトイレに起きているつもりでも、実際には眠りが浅いために起きやすい状態になっている可能性があります。

起きているときの症状(覚醒症状)

睡眠時無呼吸症候群の覚醒症状には、日中の眠気、集中力の低下、起床時の頭痛、寝足りない感じがする、抑うつ状態などがあります。

〈睡眠時無呼吸症候群の覚醒症状〉

  • 日中の眠気
  • 集中力の低下
  • 寝足りない感じがする
  • 起床時の頭痛
  • 抑うつ状態

日中の眠気、集中力の低下

睡眠時無呼吸症候群では、無呼吸や低呼吸が続くことで眠りが浅くなり、睡眠の質が低下します。すると、睡眠時間は確保しているつもりでも実際には睡眠が不足し、日中の眠気や集中力の低下、寝足りない感じがするといった症状を引き起こします。

起床時の頭痛

睡眠時無呼吸症候群による無呼吸や低呼吸で血液中の酸素濃度が低下し、頭痛を引き起こすことがあります。この頭痛は、起床時に顕著になることが指摘されています。

起床時の頭痛をこらえる人

抑うつ状態

抑うつとは、気分の落ち込みや喜び・興味の減退などの症状が長い間持続し、日常生活に悪影響を及ぼしうる状態をさします。

睡眠時無呼吸症候群による無呼吸・低呼吸で脳が虚血(血流が減少し、臓器に必要な酸素量が減少する状態)を起こすといわれています。その結果、脳の機能が低下し、抑うつ状態が引き起こされると考えられます。

自覚症状、他覚症状がある場合には病院の受診を

いびきをかいているからといって、睡眠時無呼吸症候群とは限りません。しかし、同居している方に睡眠時の無呼吸やいびきを指摘された、夜中に何度も目が覚めるなど、少しでも睡眠時無呼吸症候群を疑うときには、病院の受診をお勧めします。

病院を受診すべき基準やタイミングについては後述します。

睡眠時無呼吸症候群に合併して起こる病気

高血圧、脳血管障害、不整脈、糖尿病など

睡眠時に無呼吸・低呼吸になることで、脳や心臓など酸素を大量に使う臓器への酸素供給量が不足します。すると、高血圧、脳血管障害、不整脈(脈がゆっくり打つ、速く打つ、または不規則に打つ状態)、糖尿病などを合併することがあります。

また、高血圧の患者さんのなかには、睡眠時無呼吸症候群の患者さんが隠れている可能性があります。

〈睡眠時無呼吸症候群の合併症〉

  • 高血圧
  • 脳血管障害
  • 不整脈、心房細動などの循環器疾患
  • 糖尿病

高血圧

高血圧とは、診察室で測定した血圧が140/90mmHg以上、あるいは家庭で測定した血圧が135/85mmHgを越えて高くなる状態をさします。

本来、睡眠中は副交感神経が優位となって血圧が下がります。しかし、睡眠時無呼吸症候群になると睡眠中に低酸素状態を繰り返すことで交感神経が活性化し、血圧が上昇します。このような状態が長期間に及んだ場合、高血圧や循環器疾患を引き起こすことがあります。

脳血管障害

脳血管障害とは、脳血管の病的変化により脳実質に生じた病理的変化の総称です。一般的には「脳卒中」と呼ばれています。脳卒中は、出血や梗塞など何らかの原因で脳血管が破綻し、突然に片麻痺などの神経学的異常を起こす、脳血管障害の急性型を示しています。一方、脳血管障害には脳動脈硬化症を背景とする脳血管性認知症のような慢性に経過するものも含まれます。

不整脈

不整脈とは、心臓の電気的興奮のリズムが異常になった状態をさします。不整脈は、期外収縮(脈がとぶように感じる)、頻脈(脈が速くなる)、徐脈(脈が遅くなる)の3つに大別できます。

心房細動

心房細動とは不整脈の一種で、本来は一定のリズムで活動すべき心房が無秩序に電気活動をするようになった状態をさします。心房細動を発症すると、動悸やめまいなどの症状を自覚することがあります。心房細動を発症すると脳梗塞を引き起こす危険性が高くなります。

糖尿病

糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が増えすぎる、すなわち血糖値が高くなる病気です。血糖が高すぎる状態が長時間続くと、全身の血管が障害を受けるため、脳卒中や脳梗塞、腎障害や網膜症、神経障害といった病気が引き起こされます。

患者さんは何をきっかけに病院を受診するの?

同居している方から睡眠中のいびきを指摘されて来院される

同居している家族などから、睡眠中のいびきを指摘されて病院を受診される方が多い傾向にあります。そのような患者さんには、問診で「日中に眠気はないか」「寝足りない感じはないか」など、覚醒症状の有無を尋ねます。

問診の際、睡眠時無呼吸症候群に特徴的な症状が認められる場合には、より詳細な検査を行います。

睡眠時無呼吸症候群の検査と対策については、記事3『睡眠時無呼吸症候群の対策と検査』をご覧ください。

病院を受診するべき基準やタイミングは?

睡眠時のいびきや無呼吸を指摘された、あるいは自覚症状があるとき

家族から睡眠中のいびきや無呼吸を指摘された、あるいは睡眠時無呼吸症候群に特徴的な症状(寝足りない感じがする、日中に眠気があるなど)が認められた場合には、病院の受診をおすすめします。

肥満は、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす最大のリスク因子といわれています。徐々に体重が増えて肥満になり、睡眠時無呼吸症候群のリスクが上がる可能性はあります。そのため、以前よりも体重の増加があり、「最近は昼間に眠気がある」という場合には、病院の受診を推奨します。

強烈な眠気に耐える日本人

睡眠時無呼吸症候群の症状についてメッセージ

睡眠とは、昼間に活動した脳や身体を休息させるものです。睡眠中に呼吸停止・低呼吸が繰り返し起きることで、身体の酸素が減っていきます。睡眠中の低酸素は心拍数を上げ、脳も身体も断続した覚醒がおこるため、脳や身体には大きな負担となりえます。

その結果として、昼間の傾眠傾向(すぐに眠ってしまう状態)や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中のさまざまな活動に支障を生じます。

 

睡眠時無呼吸症候群(石渡 庸夫先生)の連載記事

山形大学医学部卒業後、東京医科歯科大学の第二内科に入局。2005年より国家公務員共済組合連合会九段坂病院の内科にて部長を務め、幅広い呼吸器疾患に対応している。病気やリハビリテーションに対する理解を深めることを大切にし、チーム一丸となって患者さんやそのご家族をサポートしている。

関連記事