【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 dd121ee2 d099 4a61 9d2e e93805aa371e
大腸がんの手術―腹腔鏡手術や肛門温存手術について
大腸がんは、患者さんの状態や、がんができた位置によって手術方法が異なります。さまざまな手術方法があり、一人ひとりの状態に適した方法が選択されます。今回は、大腸がんの手術について大阪市立十三市民病...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

大腸がんの手術―腹腔鏡手術や肛門温存手術について

公開日 2018 年 08 月 08 日 | 更新日 2018 年 08 月 08 日

大腸がんの手術―腹腔鏡手術や肛門温存手術について
西口 幸雄 先生

大阪市立十三市民病院 副院長

西口 幸雄 先生

目次

大腸がんは、患者さんの状態や、がんができた位置によって手術方法が異なります。さまざまな手術方法があり、一人ひとりの状態に適した方法が選択されます。

今回は、大腸がんの手術について大阪市立十三市民病院副院長の西口幸雄先生にお話を伺いました。

大腸がんの手術適応

ステージⅠの一部からステージⅢが、主に手術が適応となります。

ステージⅣでも、腸閉塞や出血がひどいなどの症状がある方は手術を行います。また、化学療法でがんを減らしたうえで、肺や肝転移などの残ったがんを手術で切除する場合もあります。

大腸がんのステージ分類については記事2『大腸がんのステージ分類―手術対象はステージⅢまで?』をご覧ください。

大腸がんの手術―開腹手術と腹腔鏡手術

大腸がんへのアプローチ方法としては、開腹手術と腹腔鏡手術があります。患者さんの状態や、病院の治療方針によってそれぞれの手術方法が選択されます。

開腹手術

開腹手術

がんが大きい場合や、複数回手術をしているなどの理由で癒着が想定される場合は、腹部の真ん中を数十cmほど切開する開腹手術の適応です。

開腹手術のメリット

医師が直接手で患部に触れられることが大きなメリットです。患部だけではなく、患部以外にも異常がないか手でしっかり触って確認できます。

開腹手術のデメリットやリスク

上述のようなメリットがある一方で、腸を広く触ると腸のはたらきが悪くなってしまったり、癒着がひどくなるというデメリットもあります。また、手術後に腸閉塞や、回復が遅くなるなどのリスクがあります。傷が腹腔鏡手術に比べて大きいため、術後の痛みが強い場合があります。

腹腔鏡手術―内視鏡を用いた低侵襲な手術

腹腔鏡手術

当院では、複数回の開腹歴や癒着がなければ、基本的に腹腔鏡手術を検討します。

この手術は、これまでに手術歴があっても手術箇所が腸でなかった場合は、基本的に適応されます。しかし、腸の手術歴がある場合は、癒着している可能性があります。そのため、腹腔鏡でお腹の癒着状態を見て難しいと考えられるときは、開腹手術に切り替えることもあります。また、腹腔鏡手術中に多量の出血が起こった場合も開腹手術に切り替えます。

腹腔鏡手術のメリット

腸をあまり手で直接触らないため、術後の癒着が少なく回復が早いことが大きなメリットです。傷が小さいため痛みや出血が少なく、翌日から歩ける方も多いようです。

また、高齢者でも歩いて診察室に来ることができ、自分で横になり起き上がれるほどの体力がある方なら手術が受けられるケースがあります。場合によっては、90歳以上の方でも、腹腔鏡手術を行えることがあります。腹腔鏡手術は低侵襲という特徴から、高齢者に適応を広げることができる手術とも考えられます。

腹腔鏡手術の合併症

腹腔鏡手術によって起こる可能性のある合併症には、出血や感染症、皮下気腫などがあります。

皮下気腫…腹腔鏡手術で皮下に炭酸ガスが入り、手術後に首回りが膨らむことがある。

大腸がんの位置によっても手術方法が異なる

大腸の区分

大腸がんは、がんがどこにあるかで手術方法が異なります。盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸にできたがんは、結腸がんと呼ばれます。直腸S状部、上部直腸、下部直腸にできたがんは直腸がんと呼ばれます。

結腸がんの手術は約3時間、直腸がんの手術は4〜5時間ほどかかります。

結腸がんの手術の種類

結腸がんの手術では、がんができた部分の大腸を切除して、腸管をつなぐ手術が行われます。結腸がんの手術には、大きく分けて以下の種類などが挙げられます。

  • 回盲部切除術
  • 結腸右半切除術
  • 横行結腸切除術
  • 結腸左半切除術
  • S状結腸切除術

直腸がんの手術の種類

直腸がんの手術には、大きく分けて以下の種類などが挙げられます。

直腸局所切除術

早期の直腸がんに適応される手術で、肛門からがんを切除します。

高位前方切除術

腹膜反転部より上で腸をつなぐ手術で、肛門は温存されます。

低位前方切除術

腹膜反転部より下で腸をつなぐ手術で、肛門は温存されます。

直腸切断術(腹会陰式直腸切断術:APR)

マイルス手術とも呼ばれる直腸切断術は、肛門を切除するため人工肛門が作られます。

肛門温存手術(括約筋間直腸切除術:ISR)

肛門に近い下部の直腸がんでも、状態によっては肛門を温存することができます。

次項で詳しく説明します。

腹膜反転部…内臓を包む腹膜が反転しているところ

肛門温存手術―直腸がんでも肛門を残せる?

笑顔の中年男性

外肛門括約筋を残すことで自然排便ができる

肛門温存手術である括約筋間直腸切断術(ISR)は、肛門を残すことができる手術方法です。

肛門には、無意識にお尻を締めている内肛門括約筋と、意識的に締めることができる外肛門括約筋があります。このうち、内肛門括約筋をがんと共に切除し、肛門と直腸をつなげます。一時的に人工肛門を作ることが多いですが、数か月後に閉鎖して自然排便ができるようになります。

肛門温存手術の適応となる方

直腸がんの方で肛門からがんがあるところまで3cmほどあり、外肛門括約筋にがんが広がっていない場合は、肛門温存手術を受けられる可能性があります。

ただし当院では、70歳以上で肛門温存手術への強い希望がない方には、基本的に人工肛門をすすめています。将来的なことを考えると、患者さんのご家族にとっては人工肛門のほうが介護しやすいからです。肛門温存手術は患者さんだけではなく、そのご家族へ将来的にかかる負担や環境なども考慮したうえで提案しています。

肛門温存手術のメリット

肛門温存手術のメリットは、なんといっても自然排便ができることです。社交ダンスなど人との距離が近いスポーツや仕事をしている方にとっては、においや音を気にしなくてよいため、人工肛門がないことは大きなメリットになります。

肛門温存手術のデメリット

トイレ

デメリットとしては、内肛門括約筋を切除するため便漏れ、便が近くなる、便意があるのに出ないなどの症状が出ることがあります。

便秘になった場合は、下剤を処方できるため医師に相談してください。下剤を飲むことで、便通をうまくコントロールすることができます。

肛門温存手術後の生活で気をつけること

食後は腸が過敏になり、食事のたびに排便が起こることがあります。就寝中の便漏れ対策は、夜ご飯は少なめにするとよいです。

また、つま先立ちをする、仰向けになってお尻を上げるなどの肛門括約筋体操をすることで、外肛門括約筋は鍛えることができます。術後のリハビリとしてやってみてください。

大腸がんの手術後

手術後のシャワー

大阪市立十三市民病院では、手術から48〜72時間後に、シャワーの許可を出しています。また、湯船につかるのは、術後7〜10日経っていればよいと伝えています。シャワーや入浴の許可については、主治医の先生に確認しましょう。

手術後の運動

ウォーキング

術後2週間ほど経ち、経過が良好であれば、ウォーキングやジョギングなど軽い運動を始めて構いません。ただし、ゴルフなどお腹をひねるスポーツは1か月ほど控えるよう患者さんに伝えています。

ラグビーやサッカーなど人と接触する激しいスポーツは、患者さんの状態にもよりますが、3か月後を目安に許可を出すことがあります。

手術後の食事

大腸がんの手術後は、腸閉塞が起こりやすい状態です。暴飲暴食は腸閉塞の原因になるため、食べ過ぎないようにしましょう。

大腸がんの手術後の食事について、詳しくは記事5『大腸がんの手術前・手術後の食事―術前の免疫栄養療法で合併症を予防できる?』をご覧ください。

大腸がんと診断されたら希望を持って治療に望んでほしい

西口先生

日本は、世界の中でも大腸がん治療が進んでいます。手術や内視鏡治療に関して経験を重ねた医師が、よりよい大腸がん手術を目指して日々取り組んでいます。

つらいことも多いかもしれませんが、決して諦めずに治療したら長生きできる可能性もあります。希望をもって治療に望んでほしいです。

大阪市立大学医学部を卒業後、大阪市立総合医療センターなどを経て、2018年4月より大阪市立十三市民病院の副院長を務める。
大腸がんなどの手術を専門とし、自身も大腸がんを経験。常に患者さんとそのご家族の目線に立って治療法を提案している。
また栄養療法に積極的に取り組み、術後の合併症を減らすために栄養の観点からも手厚くサポートしている。

関連記事