クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Lung
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症とは、アスペルギルスと呼ばれるカビに対してアレルギーを起こすことから発症する病気を指します。気管支喘息を基礎疾患に持つ方において発症することが多い疾患であり、...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
肺

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症あれるぎーせいきかんしはいあすぺるぎるすしょう

その他の関連する疾患はこちら

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症とは、アスペルギルスと呼ばれるカビに対してアレルギーを起こすことから発症する病気を指します。気管支喘息を基礎疾患に持つ方において発症することが多い疾患であり、慢性的な咳や喘鳴、息切れなどの症状が生じます。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症はアレルギーをベースとして発症する病気であるため、アレルギー反応を抑えることを目的としたステロイドが治療の基本になります。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の病状が進行すると、肺に不可逆的な変化が生じてしまうことがあります。そのため、より早期に疾患を発見し、適切な治療介入を行うことが重要であるといえます。

原因

アスペルギルスは、環境中に広く生息するカビの一種です。アスペルギルスには多くの種類が存在することが知られていますが、Aspergillus fumigatusと呼ばれるタイプのアスペルギルスがアレルギー性気管支肺アスペルギルス症と深く関連します。

広く環境中に生息するアスペルギルスは、特殊な状況を除き、人に対して大きな健康被害をもたらすことはありません。しかし、アスペルギルスに対してアレルギー反応を起こす方がおり、このことを原因として発症する病気がアレルギー性気管支肺アスペルギルス症になります。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症は、基礎疾患として気管支喘息を有している方に多くみられることが知られています。なお、先天性疾患のひとつとして嚢胞性線維症(のうほうせいせんいしょう)と呼ばれる病気があります。本疾患は日本人における発症頻度は高くありませんが、人種によっては頻度が高い病気です。嚢胞性線維症を有する方もアレルギー性気管支肺アスペルギルス症を発症するリスクが高いことが知られています。

なお、アスペルギルスと関連した疾患としては、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症以外にも、慢性肺アスペルギルス症、侵襲性肺アスペルギルス症も知られています。

症状

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症では、気管支喘息の際に見られるような慢性的な咳、喘鳴(ぜんめい)(呼吸のたびにゼーゼーと音のする呼吸)、息苦しさなどの症状が現れます。また、痰に血液が混じることもあります。気道系に関連した症状以外にも、発熱や食欲不振、頭痛、全身倦怠感なども生じることがあります。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症では、肺の組織が徐々に破壊されてしまい、肺線維症や気管支拡張症と呼ばれる不可逆的な病変をきたすことがあります。病状が進行すると呼吸器関係の症状がいっそう強くなり、息苦しさの程度が増します。

検査・診断

血液検査や画像検査(胸部単純レントゲン写真、CT)、喀痰検査(かくたんけんさ)などが行われます。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症は、異常な影の存在が画像検査にて指摘できます。また、こうした影は時間経過と共に移動することも特徴的です。症状が類似する気管支喘息では以上のような変化がみられることはなく、両者の鑑別に有益です。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症は、アスペルギルスに対してアレルギー反応を起こしていることが病気の本態です。このことを確認するために、アスペルギルスに対しての抗体が体内に存在していないか、アレルギーを思わせる好酸球やIgE抗体の増加がないかなどを血液検査で確認します。アスペルギルスの抗原を直接皮膚に接種し、どのような反応を示すかを観察することもあります。

治療

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症はアレルギー反応が原因となっている病気であるため、アレルギー反応を抑えることを目的としてステロイドが使用されます。ステロイドの使用は長期間に渡ることもあり、感染症や骨粗しょう症、胃潰瘍、糖尿病などの副作用が懸念されます。従って、適正容量のステロイドを決定し、副作用を予防するための治療薬も併用することが重要です。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の病状が進行すると、肺組織が破壊されてしまい酸素の取込みが難しくなります。不可逆的な肺障害が生じてしまった場合には、呼吸リハビリテーションや酸素吸入の導入なども検討されます。

この病気は、気管支喘息を持つ方において発症することが多い病気です。両疾患の症状は類似する部分もあり、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の症状とは気付かずに気管支喘息としての治療のみを受けている方もいます。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症では痰の性状が黄色くドロッとしたものであり、気管支喘息のみでは見られない痰の性状です。そのため、こうした痰が出現した際には早期に医療機関を受診することが重要であるといえます。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の記事を読む

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の記事にご協力いただいている医師