口・のど

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスにより引き起こされる、急激な上気道症状発症を主体とした急性ウイルス性疾患を指します。主に11月頃からインフルエンザに罹患する方が徐々に増え始め、1月頃をピークとして4月過ぎまでに流行は収束に向かうのが通年の傾向になります。

典型的なインフルエンザでは急激な発熱、悪寒戦慄と共に発症します。38度以上の高熱が3、4日持続した後に解熱傾向となる疾患です。しかし、経過は個人差があり熱が高くならない場合もあれば、もう少し長引くこともあります。

インフルエンザは自然治癒傾向がある疾患であり、必ずしも抗インフルエンザ薬を使用しなくても完治が期待できる疾患です。しかし、肺炎や脳症を発症するリスクも伴う病気であるため、風邪とは区別して考えるべき疾患です。重症度を適切に判断しつつ、治療介入を行うべきかどうか、合併症を発症していないかどうかを見極めつつ注意深く観察することが重要となる疾患です。

原因

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の三つの型のウイルスがあります。このなかでも、A型とB型のインフルエンザウイルスが、冬に流行を示す「季節性インフルエンザ」を引き起こします。

毎年秋口から冬口に流行するインフルエンザは、基本的には季節性インフルエンザに当たります。また、インフルエンザと一言にいっても細かな部分で性格を異にするウイルスがあり、そのためインフルエンザに一度かかっても翌年以降もかかる、ということもあります。

インフルエンザには、季節性インフルエンザ以外にも新型インフルエンザなど、世界的な大流行を引き起こしうるウイルスも存在します。新型インフルエンザは、普段はヒト以外の動物にのみ流行していたものが、突然変異的にヒトにも病原性を示すようになったものを指します。季節性インフルエンザと異なり、ほとんどの人が初めて直面するタイプのインフルエンザであるため有効な免疫を持っていません。そのため世界的な大流行を引き起こし、かつ、とても高い死亡率や合併症の発生率を伴います。直近の大流行に当たる2009年の新型インフルエンザ(H1N1型)においては、日本だけでなく世界中で猛威をふるい、全世界で最大57万人ほどの方が同ウイルスを原因として亡くなっていると報告されています。

予防

インフルエンザでは感染を防止するための予防策を講じることも重要になります。手洗いやうがい、マスクの着用などを励行しつつ、ワクチン接種を行うことも予防のためにも推奨されています。

症状

インフルエンザは咳や鼻水を介する飛沫感染によって感染が成立し、1〜2日程度の短い潜伏期間の後に発症します。典型的なインフルエンザでは、悪寒・戦慄が急激な高熱と共に発症します。筋肉痛や咳、鼻水を同時に認めることもあります。

発熱期間

発熱期間は3〜5日ほどであることが多く、38度以上が持続した後に解熱傾向に向かいます。一度解熱してから、再度発熱を来す「二峰性発熱」と呼ばれる熱型をみることもあります。この際には、インフルエンザの自然経過をみているのか、それとも肺炎などの合併症の発熱をみているのかを判断することが重要になります。

解熱後の症状

また、解熱をみた後も何となくだるい、食欲がない、などといった倦怠感が1週間ほど続くこともインフルエンザの特徴といえます。なお新型インフルエンザでは下痢や嘔吐などの消化器症状が伴いやすいです。

合併症

インフルエンザでは、肺炎や脳症に代表とされる合併所の発症にも注意が必要です。こうした合併症を発症すると発熱の期間が典型例よりも長くなる、咳がひどくなり呼吸が苦しそうである、意識状態がおかしくけいれんを起こす、等といった症状をみるようになります。

検査・診断

インフルエンザの診断においては、外来レベルで行うことができる迅速キットが使用されることがあります。この検査では、鼻から長細い棒を入れてウイルスが存在する咽頭からの検体を採取します。この検体を用いてインフルエンザの存在の有無をチェックすることになりますが、10〜15分ほどで結果が判明します。

合併症評価

また、インフルエンザでは合併症の有無についての評価が求められることもあります。肺炎の合併症評価のためには胸部単純レントゲン写真が、脳症の評価のためには脳波検査やMRIといった検査が適宜検討されることになります。

治療

インフルエンザの治療に際しては、インフルエンザの重症度や患者さん自身の持病を元にして治療適応を決定します。特に、喘息や心臓疾患、腎疾患などを抱えていらっしゃる方は、インフルエンザが重症化するリスクが高いため、積極的な治療介入を検討します。

治療薬

インフルエンザの治療薬には、内服薬(タミフル)、吸入薬(リレンザ、イナビル)と点滴薬(ラピアクタ)があります。インフルエンザの治療薬は早くに使用したほうが効果が高く、発症後48時間以内に開始することがよいとされています。実際には症状や経過をみながら治療方針は決定されます。

子どもの治療

インフルエンザの治療に際しては、子どもにおいて特別に注意することがあります。タミフルの使用によって脳症が発症するのではないか(「タミフル脳症」と呼ばれます)という懸念もあるため、10歳以上の小児に対してはタミフルは原則使用禁忌となっています。やむなく使用する場合も、異常行動などの副作用が発生しないよう、注意深く観察する必要があります。

インフルエンザの記事を読む

もっとみる

インフルエンザの記事にご協力いただいている医師