クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
カフェイン中毒
カフェイン中毒とは、主にエナジードリンクやコーヒーなどに含まれるカフェインを取り過ぎることによって生じる中毒症状のことです。カフェインは天然に存在するアルカロイドと呼ばれる有機化合物で、精神興奮...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

カフェイン中毒かふぇいんちゅうどく

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

カフェイン中毒とは、主にエナジードリンクやコーヒーなどに含まれるカフェインを取り過ぎることによって生じる中毒症状のことです。カフェインは天然に存在するアルカロイドと呼ばれる有機化合物で、精神興奮作用や利尿作用、さらには解熱作用や強心作用などを持っています。天然に含まれるカフェインだけであっても常日頃から習慣として多く摂取していれば中毒になることもありますが、眠気覚ましや「やる気を高めたい」というときによく飲まれるエナジードリンクや清涼飲料水には人工的に多く含まれていることがあり、これらの過剰摂取は頭痛、めまいや不安、さらに重症になればカフェインが足らない場合に禁断症状が現れ、最悪の場合には生命にかかわることもあります。

原因

カフェイン中毒の原因は、カフェインを多く含む飲食物を取り過ぎることです。天然に含まれるコーヒー、紅茶、ココアなどを常日頃から習慣として摂取し続けていると、自分でも気づかないうちに中毒状態になることがあります。さらに、カフェインを多く含む飲食物を短時間で多量にとれば、カフェインの代謝が追いつかなくなってしまい、急激に中毒症状が現れてくることがあります。

症状

カフェイン中毒の症状には、大きく分けて精神症状と身体症状の2つがあります。   
精神症状には、興奮やイライラ、緊張、不安、あせり、不眠などがあります。重症になると、わけがわからなくなる(精神錯乱)、妄想、幻聴や幻覚、パニック発作、衝動性などが現れ、酷い場合には自殺の衝動にかられることさえもあります。  
身体症状には、頭痛、胸の痛みや、吐気、嘔吐や下痢、脈が速くなる状態(頻脈)や不整脈、動悸などの循環器系の異常、さらには手足の震えやむずむず感などが現れます。重症なものでは、足がつるなどのけいれんや、目のまぶしさ(羞明)を引き起こすことがあります。

検査・診断

カフェイン中毒の症状を呈した患者さんを救急外来で診る場合、はじめからカフェイン中毒を疑うことはとても難しいことです。したがって、何らかの中毒であることが疑われる場合には、とにかく「患者さんの生活背景や、症状の経過、そして受診直前の患者さんの様子や身の回りの状況、たとえばゴミ箱の内容であったり冷蔵庫のなかであったりといったことを医療従事者にお伝えしてもらうことがとても重要です。そのうえで、施設によっては血液検査で血液中のカフェインの濃度を測定することがあります。また、精神症状が強い場合には、ほかに脳に別の疾患が隠れていないかどうか、頭部CTや脳MRIなどの画像診断を組み合わせて行うこともあります。

治療

カフェインに対する解毒薬や拮抗薬はありませんので、治療の基本は生命を維持するために必要な全身管理を行いながら、体のなかのカフェインの濃度が十分に低下するのを待ちます。重症である場合には、鼻から入れた管を使って行う胃洗浄や、太い静脈にカテーテルを留置して行う血液透析を行うこともあります。さらに、興奮や錯乱状態で自傷他害の恐れがあったり呼吸不全があったりする場合には、ベンゾジアゼピン系の鎮静薬や抗精神病薬などを用いることがあります。
長期的には、カフェインを多く含む飲食物との向き合い方について、生活習慣を改善することがとても重要です。