クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
コステロ症候群
コステロ症候群とは、全身各種臓器に症状をきたすようになる遺伝性疾患のひとつを指します。症状としては、特徴的な顔つきや柔らかくて緩い皮膚、巻き毛などの外見的な症状以外に、成長発達面での遅れ、精神発...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

コステロ症候群こすてろしょうこうぐん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

コステロ症候群とは、全身各種臓器に症状をきたすようになる遺伝性疾患のひとつを指します。症状としては、特徴的な顔つきや柔らかくて緩い皮膚、巻き毛などの外見的な症状以外に、成長発達面での遅れ、精神発達遅滞、心疾患(肥大型心筋症や不整脈など)、悪性腫瘍の合併などがみられます。HRASと呼ばれる遺伝子に関連した疾患であり、ヌーナン症候群といった別の病気と同系列の遺伝子異常です。コステロ症候群、ヌーナン症候群など、同系統の遺伝子異常に関連した病気を包括的に含めて「RAS/MAPK症候群」と呼ぶこともあります。
ヌーナン症候群は日本において難病指定を受けている疾患であり、100名ほどの患者さんがいらっしゃると推定されています。運動精神面での遅滞や各種内臓合併症を伴う疾患であることから、長期的にフォローアップすることが必要不可欠な疾患です。

そのほか、こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/diseases/ヌーナン症候群/symptoms

原因

コステロ症候群は、HRASと呼ばれる遺伝子異常を原因として発症します。HRAS遺伝子は、細胞が増殖したり分裂したりするのに必要不可欠な遺伝子です。HRAS遺伝子に異常が生じると、細胞増殖や分裂が常に生じるような方向付けがなされてしまうようになり、コステロ症候群が発症すると考えられています。
なおこうした細胞増殖や分裂に関係する遺伝子はHRAS遺伝子以外にも存在することが知られており、各種遺伝子の協調運動として「RAS-MAPKシグナル伝達経路」と呼ばれる情報伝達経路が知られています。RAS-MAPKシグナル伝達経路に関連する遺伝子異常に伴う疾患は、コステロ症候群以外にもヌーナン症候群などが知られています。共通のシグナル伝達経路異常であるため、こうした疾患を包括的に「RAS/MAPK症候群」と呼ぶこともあります。
コステロ症候群は遺伝子異常で発症する病気ですが、多くの場合は突然遺伝子異常が発生することから病気に至ります。遺伝子異常を持った方がお子さんを有する場合、「常染色体優性遺伝」と呼ばれる遺伝形式をとります。この遺伝形式では、お子さんが同じような病気を有する確率は50%です。

そのほか、こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/diseases/ヌーナン症候群/symptoms

症状

コステロ症候群では、出生後から哺乳が上手にできないことがあり、哺乳障害と成長障害を呈することがあります。身体の小ささと比較して、頭が相対的に大きいことも特徴です。また精神発達面で遅れをみることもありますが、成長と共に社交的な性格になることが多いです。
外見からわかる特徴としては、特徴的な顔貌、緩い皮膚、手のひらや足の裏の深いしわ、巻き毛、乳頭腫(口回りに出来ます)などがあります。眼球運動障害や斜視などを見ることもあります。
コステロ症候群では心臓に関連した病気を指摘されることも多く、肥大型心筋症や不整脈などが見られます。さらに、約10%の患者さんに横紋筋肉腫、神経芽細胞腫、膀胱がんなどの悪性腫瘍を合併します。こうした心臓関連の病気や悪性疾患は、治療介入を行わなければ致死的になることもあるため、早期発見早期治療介入を行うことが重要です。

検査・診断

コステロ症候群は上記に述べたような症状をもとにして診断します。HRAS遺伝子の異常に起因する疾患であることから、遺伝子検査を行って同遺伝子異常がないかどうかを検討することもされます。HRASと呼ばれるタンパク質は、いくつかのアミノ酸が連なって形成されていますが、特に12番目に位置する「グリシン」が「セリン」に置き換わっているタイプの遺伝子異常がもっとも頻度が高いです。しかし遺伝子検査だけで診断できない場合もあることには留意が必要です。
コステロ症候群では、各種内臓合併をともなうことも多いです。たとえば心疾患であれば、胸部単純レントゲン写真や心臓超音波検査、心電図検査などが行われることになります。こうした臓器障害の評価を目的とした検査も重要です。

治療

コステロ症候群に対しての根本的な治療方法は存在しません。そのため、症状に合わせての支持療法が中心となります。出生後しばらくは哺乳が上手に出来ないことから、チューブを用いた経管栄養がなされることもあります。
心臓疾患が問題になることもあるため、その場合には必要に応じた内服治療(β遮断薬やカルシウム拮抗薬、抗不整脈薬など)が行われます。ときに心臓に関連した手術を行う必要があることもあります。また、悪性腫瘍を発生することも多いため、早期治療介入が出来るように定期的な経過観察が必要不可欠です。悪性腫瘍が発症した場合には、手術療法や化学療法、放射線療法などを組み合わせつつ治療が行われることになります。
コステロ症候群では、成長面や心疾患、悪性腫瘍以外にも全身に渡って症状を生じます。整形外科的な問題や眼科的な問題、発語商材、皮膚の症状を呈することもあります。また、遺伝性疾患としてコステロ症候群が発症していることもあるため、遺伝カウンセリングが必要となる場面もあります。したがって、コステロ症候群の治療に関しては、包括的な医療体制を敷きつつフォローアップすることが重要となります。