クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Esophagus
マロリー・ワイス症候群
激しい嘔吐をきっかけとして吐血の症状が現れる病態を指します。激しい嘔吐により食道と胃がつながる周辺部位の粘膜が損傷を受けて、出血をきたすことが吐血の原因です。
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
食道

マロリー・ワイス症候群まろりー・わいすしょうこうぐん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

激しい嘔吐をきっかけとして吐血の症状が現れる病態を指します。激しい嘔吐により食道と胃がつながる周辺部位の粘膜が損傷を受けて、出血をきたすことが吐血の原因です。

原因

マロリー・ワイス症候群の発症には、激しい嘔吐が深く関与しています。激しい嘔吐をするとお腹の圧力が上がり、一時的に食道と胃のつながる部位周辺(胃食道接合部と呼びます)に対して大きな負荷がかかります。これにより胃食道接合部の粘膜が裂けてしまい、その近辺に存在する静脈もしくは動脈が損傷を受けることから出血をきたしマロリー・ワイス症候群が発症します。

マロリー・ワイス症候群の発症に関連する要因がいくつか存在することも知られています。もっとも関連性が強く考えられているのは、アルコールです。大量のアルコールを摂取すると、激しい嘔吐をきたすことがあります。激しい嘔吐を何度も繰り返す過程で胃食道接合部付近の粘膜、静脈・動脈が損傷を受けることになり、マロリー・ワイス症候群が発症します。また、妊娠悪阻(いわゆる「つわり」のことです)においても、何度も嘔吐をすることがあり、マロリー・ワイス症候群を発症することがあります。

その他、食道裂孔ヘルニアや年齢的な要素もマロリー・ワイス症候群の発症に関与している可能性があると報告されていますが、飲酒などとは異なり、確実なリスク因子として断定されていません。

症状

症状としては、突然の吐血です。初回の嘔吐後より、複数回嘔吐を繰り返した後に吐血症状を認めることが多いです。その他、激しい咳やむせ込みなどをきっかけとして吐血がみられることもあります。胃食道接合部の粘膜損傷を反映して、お腹の痛みや背中の痛みが同時に現れる場合もあります。

大量出血に至ることは少ないですが、出血量が多い場合には低血圧に伴う症状も現れます。具体的には、顔色不良、頻脈(ひんみゃく)(脈が速い状態)、立ちくらみ、黒色の便などです。

肝硬変に伴い門脈圧亢進症と呼ばれる病態を発症することがあります。門脈圧亢進症では食道静脈瘤(じょうみゃくりゅう)が発生することがあり、この場合にマロリー・ワイス症候群を発症すると、より出血症状が重篤になると考えられています。

検査・診断

激しい嘔吐をきっかけにした吐血、といった特徴的な病歴から疑われます。確定診断のためには上部消化管内視鏡検査が行われることがあります。マロリー・ワイス症候群では胃食道接合部周辺の粘膜が損傷を受けて、同部位から出血していることが確認されます。粘膜の損傷は通常一か所で縦方向に生じていることが多いです。検査を行ったときには既に自然に止血している場合もあり、粘膜損傷部位に血液の塊がみられることもあります。

食道静脈瘤に関連したマロリー・ワイス症候群の場合は、より長時間出血が持続することもあり、上部消化管内視鏡で活動性の出血を確認することもあります。

胃食道接合部の粘膜損傷は、マロリー・ワイス症候群以外にも、胃食道逆流症、薬剤、感染症などでもみることがあります。これらの鑑別のためにも上部消化管内視鏡検査は有用です。たとえば胃食道逆流症の場合では、粘膜損傷が一か所に留まることなく複数か所に渡っており、一か所であることが多いマロリー・ワイス症候群との鑑別点の一つとして挙げることができます。

治療

マロリー・ワイス症候群では、胃薬(プロトンポンプ阻害薬など)や制吐剤などの内科的な治療が考慮されます。これらの内科的な治療のみで自然に治癒するケースも多いです。

しかしその一方、マロリー・ワイス症候群は、吐血すなわち出血が主要症状であるため、第一に血圧がしっかりと保てているかどうかを判断することも重要です。血圧が低下している場合には、点滴や輸血なども考慮されつつ、診断と治療を目的とした上部消化管内視鏡が行われます。上部消化管内視鏡では、出血部位に対してクリップやアドレナリン、電気焼却等の方法を用いて止血を行います。

食道静脈瘤に関連したマロリー・ワイス症候群では出血が重篤な場合もあり、食道静脈瘤で行われるような止血術が行われることもあります。具体的には、内視鏡的硬化療法または内視鏡的静脈瘤結紮術(けっさつじゅつ)と呼ばれる内視鏡を用いた止血術です。門脈圧亢進症並びに食道静脈瘤を併発している場合には、一度止血を行った後であっても、出血が再発するリスクは高くなります。

内科的な治療や内視鏡による止血術で治療可能なことも多いですが、門脈圧亢進症を伴う場合においては特に、出血がコントロールできない場合もあります。出血をコントールするために、血管造影下にバソプレシン動脈内注射または左胃動脈の治療的塞栓術(治療として血管をふさぐ手術)が行われることもあります。外科的(手術による)修復が必要になることはまれです。

マロリー・ワイス症候群の記事を読む

マロリー・ワイス症候群の記事にご協力いただいている医師