クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Blood
マントル細胞リンパ腫
血液細胞のなかで、細菌やウイルスなどに対処する白血球の一種である、Bリンパ球の一部が正常の秩序から外れて増殖したもので、悪性腫瘍、がんの一種です。リンパ腫はホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫に...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
血液

マントル細胞リンパ腫まんとるさいぼうりんぱしゅ

更新日時: 2017 年 09 月 13 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 09 月 13 日
掲載しました。
閉じる

概要

血液細胞のなかで、細菌やウイルスなどに対処する白血球の一種である、Bリンパ球の一部が正常の秩序から外れて増殖したもので、悪性腫瘍、がんの一種です。リンパ腫はホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫に分類された上で、それぞれのなかで更に細かく分類されますが、マントル細胞リンパ腫は非ホジキンリンパ腫に属する中悪性度B細胞性リンパ腫に当たります。Bリンパ球は骨髄で成熟し、末梢血中で細菌などの抗原に暴露され、リンパ節や脾臓、粘膜関連リンパ組織といった器官の胚中心と呼ばれる場所で、抗原に対処するための多様な抗体、免疫グロブリンを作る能力を獲得します。最終的には免疫グロブリンの産生に特化した形質細胞、或いは長期的に生存し再度同じ抗原が体内に侵入した際に活性化してより素早く対処するメモリーB細胞というものに分化するのが正常のBリンパ球の分化過程です。Bリンパ球とは異なる方法で抗原に対処するTリンパ球は別の分化過程を経ます。
リンパ腫はこの分化のさまざまな段階にあるリンパ球の一部の段階にあるリンパ球が何らかの理由で異常に増殖した結果として生じます。マントル細胞リンパ腫では、リンパ組織内にある濾胞というリンパ球の分化に重要な構造に入って行く前の、濾胞を囲む場所位置するBリンパ球が元々の由来となります。病気の進行は濾胞性リンパ腫などの低悪性度リンパ腫と比べると早く、しかし高悪性度リンパ腫と比較して完治を目指しづらいという特徴を持っています。発症年齢中央値は65歳程度で高齢者に多く、また2-3:1程度の割合で男性の発症が多いです。

原因

殆どのマントル細胞リンパ腫はt(11;14)という染色体異常が起きることにより、Cyclin D1という細胞分裂周期に関わる遺伝子が過剰に発現することが原因です。この異常が特定のリンパ球の分裂に有利にはたらくことで通常の秩序を外れて腫瘍性に増殖します。ただしCyclin D1を発現していないものや、Cyclin D1を発現していてもt(11;14)の染色体異常はない症例も少数ながら存在しています。また、Cyclin遺伝子の過剰発現のみでマントル細胞リンパ腫が発症する訳でもないのであくまで有力な原因の一つということです。肺癌における喫煙の様な、明らかな生活習慣からの影響は発見されていません。

症状

マントル細胞リンパ腫はリンパ腫と同様にいずれかのリンパ節の腫大をきっかけとして診断される場合が75%程度と最も多いです。血液系の悪性腫瘍に特徴的ないわゆるB症状(微熱、倦怠感、寝汗、意図しない体重減少)を診断時に生じている例は1/3程度です。診断時には比較的ステージが進行した状態で発見される場合が多く、節外性浸潤という、リンパ節、脾臓、粘膜リンパ組織といったリンパ組織以外に病気が広がっている可能性が高いです。病気の広がる先は骨髄や末梢血、消化管に多く、腸管内にポリープができていたりそうでない場合でも腸管組織を顕微鏡で調べるとリンパ腫細胞が発見されたりします。消化管に浸潤したリンパ腫細胞の影響で腹痛、嘔気嘔吐、体重減少、消化管出血、腸閉塞なども起こり得ます。病気の進行度合いは個人差が大きく、詳細な遺伝子検査である程度予後が予測できるとの研究結果もありますが、現時点では一般的に行われている検査ではありません。

検査・診断

その他のリンパ腫と同様、腫大しているリンパ節が体表面にある場合は小規模な手術で、肺門部という胸の中心に位置している様な場合は通常の手術でリンパ節を切除し、それを顕微鏡での形態的な観察、細胞表面分子による分類などを行って診断します。細胞の形態は主に小型〜中型の核に切れ込みの入ったリンパ球で、それがびまん性あるいは結節性の増殖をしています。細胞表面分子による分類では、CD5, CD19, CD20, CD43, FMC7が陽性で、CD10, CD23は陰性になります。また、上で述べた様にt(11;14)の染色体異常とCyclin D1の過剰発現も病気に特徴的なため、生検した細胞の遺伝子検査や免疫染色などでこれらの存在を確かめることも診断に重要です。リンパ腫の節外性浸潤の確認のために骨髄穿刺/生検が必要となる場合もあります。

治療

マントル細胞リンパ腫自体がまれな悪性腫瘍であるため、臨床研究によって治療法を比較するのが困難で確立した治療というものは現段階ではありません。現段階では、進行の早い高悪性度リンパ腫の様に治療によって完治を目指すことは難しいと考えられています。具体的な治療の内容は、患者さんの年齢や元々の健康状態によりますが、基本的にはリツキシマブというB細胞表面のCD20という分子を標的にした薬剤を中心に、その他の化学療法を組み合わせていくことになります。若く健康な方の場合は、R-HyperCVADの様な高悪性度リンパ腫の治療に用いられる強力ですが副作用も強い治療をしたり、それよりはやや弱い治療でまずはリンパ腫を治療した後に自己幹細胞移植という強力な治療を行う場合があります。より高齢の方や元の健康状態に問題がある方では、これらの治療法はむしろ寿命を縮めかねないため、やや弱く副作用も少ない治療を行います。最初の治療後に定期的にリツキシマブ投与を続けることによって、病気をよりコントロールできるという研究結果もあり、更なる研究が続けられています。治療に反応しない場合や病気が再発した場合にどの治療法が最善であるかは更にはっきりとしませんが、リツキシマブと別の化学療法の組み合わせの他、イブルチニブやレナリドミド、ボルテゾミブなどの新しい薬剤が使用される場合もあります。