クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
不眠症
不眠症とは、良質な夜間の睡眠が充分取ることができず、仕事や学業などの日中の機能障害が生じた状態を指します。睡眠障害の様式としては、寝付きが悪い、夜間によく目が覚める、熟眠できない、などのタイプが...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

不眠症ふみんしょう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

不眠症とは、良質な夜間の睡眠が充分取ることができず、仕事や学業などの日中の機能障害が生じた状態を指します。睡眠障害の様式としては、寝付きが悪い、夜間によく目が覚める、熟眠できない、などのタイプがあります。

不眠症を引き起こす原因はさまざまであり、心理的なストレス、飲酒、薬、身体の不調など多くのものがありますが、不眠に関しての問題を抱える人の割合は高く、成人の30%以上の方が何かしらの睡眠障害を抱えており、10%ほどの方が不眠症に罹患していると報告されています。すなわち、現在の日本においてはどなたであっても不眠症に陥る可能性はあるといえます。

不眠症を診断し、治療するかどうかを判断するかは、睡眠時間のみでは判断できません。睡眠障害が存在していることに起因して、昼間のパフォーマンスに悪影響を及ぼしているかどうかを判断することがとても重要です。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

原因

不眠症に原因は、不適切な生活習慣、心理的なストレス、アルコールなどの嗜好品や薬物、心身の病気などが含まれています。

不適切な生活習慣としては、現在の日本社会の様相が大きく影響しています。本来ヒトの体内時計は、1日25時間でリズムを刻んでいます。1日24時間の枠組みの中で決まった時間に寝起きし規則正しい生活を送るには、日中の活動時間に光を浴びて生体リズムをリセットすることが必要不可欠です。しかし、深夜営業・終夜営業のコンビニの存在、就寝前のスマートフォンの利用、24時間稼働の工場勤務や夜勤労働など、不適切なタイミングで光を浴びることでヒトの体内リズムに狂いが生じます。

その他、家族や親しい友人が亡くなった、仕事において過度なストレスがかかっている、といった精神的な要因も不眠症の原因になります。またアルコール摂取も不眠症の原因となります。アルコールを寝付きがよくなるために飲む方もいますが、むしろ夜間睡眠の質は低下することになり、結果として不眠症を引き起こす要因になります。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

症状

不眠症では、夜間の睡眠障害が基盤にあります。睡眠障害といってもそのタイプはさまざまであり、入眠困難、睡眠維持困難、早朝困難、そして熟眠障害、といったものがあります。

「入眠困難」は夜なかなか寝付けないことです。寝るまでに30分から1時間かかる場合がこれにあたります。不眠症のなかでも最も訴えの多いものです。

「睡眠維持困難」はいったん眠りについても何度も目が覚めてしまう、目が覚めた後に眠れない場合がこれにあたります。年齢を重ねるとともに眠りが浅くなり目が覚めやすくなります。お年寄りに多くみられるタイプです。

「早朝覚醒」は朝早く目が覚めてしまい、そのまま眠れない場合です。年齢を重ねるとともに体内時計のリズムが前にずれやすく、この症状が出やすくなります。

「熟眠障害」では眠りが浅く、睡眠時間は十分取っているはずなのに熟睡した感じが得られないことになります。

不眠症ではこうした睡眠の異常があり、日中のパフォーマンス低下につながります。さらに、記憶力の低下や学力の低下、情緒の不安定さ(イライラしやすい、起こりやすいなど)もみられます。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

検査・診断

不眠症の診療では、どのようなタイプの睡眠の質に関しての異常があるのかを判断することが重要です。さらに、日中の生活に対しての影響を聴取することも必要です。睡眠の状態が悪く、なおかつ翌日の日中に疲労を感じたり、集中力が低下したり、気分が優れなかったり、日中眠かったり、社会生活、仕事、学業に支障が及んでいる場合に、不眠症と診断することになります。

夜間睡眠の状態をより詳細に評価するために「睡眠ポリグラフ検査」と呼ばれる検査が行われることもあります。また「アクチグラフ」と呼ばれる検査も行い、腕時計型の加速度センサーを手首に取り付け、連続的に活動量を計測します。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

治療

不眠症では、睡眠障害の原因となっているものに対してのアプローチと薬物による治療介入が検討されることになります。原因の項目で記載した通り、不眠症は生活習慣の乱れ、心理的な要因、アルコールなど多岐にものが睡眠障害の原因となります。そのため、良好な睡眠衛生を保つことができるような治療介入が必要です。たとえば、夜間の生活習慣がよくないようであれば、生活習慣の改善も必要となります。また過度のアルコール摂取が原因と思われるようであれば、飲酒量を減らすことも求められます。

こうしたアプローチに加えて、ベンゾジアゼピン系睡眠薬やメラトニン受容体作動薬などの薬物療法も検討されます。ただし、漫然と内服治療を継続するのではなく、定期的に不眠症の病状を評価し、可能であれば減薬や休薬も試みることになります。また治療効果が不十分な場合には、認知行動療法も適応となることがあります。

不眠症の記事を読む

不眠症の記事にご協力いただいている医師