クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Lung
中皮腫
中皮腫とは、中皮から生じるがんを指します。中皮とは胸腔(胸膜に囲まれた空間)や心膜(心臓を入れている袋)の表面を覆っている薄い膜様組織の総称です。 中皮腫は、腫瘍が発生した部位によって「胸...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
肺

中皮腫ちゅうひしゅ

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

中皮腫とは、中皮から生じるがんを指します。中皮とは胸腔(胸膜に囲まれた空間)や心膜(心臓を入れている袋)の表面を覆っている薄い膜様組織の総称です。

中皮腫は、腫瘍が発生した部位によって「胸膜中皮腫」「心膜中皮腫」「腹膜中皮腫」「精巣漿膜中皮腫」の4種類に分類されます。なかでももっとも多いのは「胸膜中皮腫」で、中皮腫全体の80%程度を占めます。 

早期の段階で中皮腫の診断をつけることは難しく、多くの場合は病状が進行してから発見されます。

原因

中皮腫の主要な原因はアスベストへの曝露であり、曝露から十数年~50年以上経過して病気を発症すると考えられています。発症する仕組みについては、複数の説が存在しているものの、確立されていません(2018年時点)。

今のところ、アスベスト繊維により細胞が傷つくことや、活性酸素のようなものが分泌され遺伝子が傷つくことなど、外的刺激によるものではないかと仮説が立てられています。このほか、放射線、ラジウムなどが発症に関与しているという説もあります。

症状

中皮腫の主な症状は、息切れ、咳や痰、胸の痛みなどです。初期症状としては息切れが多くみられます。病気が進行すると、胸痛や体重減少といった全身症状を伴うこともあります。ただし、いずれの症状も中皮腫にのみ現れる症状ではなく、ほかの病気に罹患したときにも起こることがあります。

また、中皮腫のなかでも心膜中皮腫の場合には、心臓の周りに過剰な液体が貯留して心臓が本来のポンプ機能を発揮できなくなることから、心不全徴候がみられます。腹膜中皮腫の場合には、腹水が溜まることによる腹部膨満がみられます。

検査・診断

液体成分や腫瘍の様子を確認するために、胸部単純レントゲン検査や超音波検査、CT検査などが行われます。たとえば、胸膜中皮腫の患者さんの場合、これらの画像検査によって胸水や胸膜肥厚がみつかることが多くあります。

また、胸水の検査としては胸水穿刺(せんし)が行われることがあります。診断をつけるために、可能であれば胸膜生検(液体成分や組織を採取する検査)の実施が望ましいとされています。その他、病気の進み具合を調べるためにPETという検査が行われることもあります。

治療

胸膜中皮腫の治療は、基本的に手術療法、化学療法、放射線療法が三本柱です。実施が可能であれば手術療法が勧められます。「手術と放射線と化学療法」または「手術と化学療法」を組み合わせます。手術には胸膜外肺全摘術(EPP)と胸膜切除剥皮術(P/D)という二種類の方法があります。どちらも術後には著しいQOL低下をみる場合があります。また、再発のリスクもあります。このような要素もあることから、手術を受けることが本当に最良の選択かどうか、慎重に判断することが重要です。治療方法を検討するときには、経験豊富な医師の判断を求めましょう。

手術以外の選択肢として、抗がん剤治療が行われることもあります。液体成分(胸水)の貯留による症状が現れている場合には、過剰な胸水を排除する対症療法が必要です。

また、中皮腫の診断後には、早期から緩和ケアを導入することが望ましいと考えられています。

中皮腫の記事を読む

もっとみる

中皮腫の記事にご協力いただいている医師