二次性高血圧症(にじせいこうけつあつ)

二次性高血圧症とは

二次性高血圧は、血圧上昇の原因となる疾患が明らかである高血圧です。二次性高血圧は本態性高血圧に比べて頻度が低いとされていましたが、当初考えられていた割合よりも多いということが分かってきました。中でも腎実質性高血圧(慢性腎臓病)はとりわけ頻度が高く、高血圧の患者さん全体の2〜5%を占めるといわれています。 また、腎血管性高血圧(腎動脈狭窄症)は高血圧患者の約1%にみられます。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

原因

腎臓と高血圧の間には密接なつながりがあり、腎臓や副腎、腎臓の周囲の血管、脳の下垂体などの機能や形態の異常が原因で、血圧が高くなることがあります。二次性高血圧の原因となる主な疾患は以下のとおりです。 ・腎実質性疾患(慢性腎臓病) ・腎血管性疾患(腎動脈狭窄症) ・原発性アルドステロン症 ・Cushing症候群 ・褐色細胞腫 ・甲状腺機能低下症 ・大動脈狭窄症 ・脳幹部血管圧迫 ・睡眠時無呼吸症候群 ・薬剤誘発性高血圧
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

検査・診断

高血圧と診断されたすべての患者さんについて、二次性高血圧のスクリーニングを行います。基本的に特殊な検査は必要なく、外来で簡単に行える血液検査と尿検査だけでも十分診断が可能です。 ・検尿 ・血清クレアチニン値+eGFR ・血清の電解質 ・血糖値 ・血漿アルドステロン/血漿レニン活性 ・血漿カテコールアミン値 ・腹部エコー(超音波検査)
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

治療

1.手術およびカテーテルによる治療 二次性高血圧症のうち内分泌性高血圧は、腎臓のそばにある副腎に腫瘍ができ、ホルモンが過剰に分泌されていることが原因となっています。代表的なものは原発性アルドステロン症・Cushing症候群・褐色細胞腫です。これらは正確な診断に基づいて手術を行うことによって、完全に治癒することが可能です。 腎血管性高血圧症(腎動脈狭窄症)の場合は、腎動脈が狭くなり腎臓への血流が少なくなるため、低血圧状態であると錯覚した腎臓が血圧を上げようとして起こります。主に若い人にみられる、線維筋性異形成によって腎動脈の根元が狭くなっている場合には、カテーテル治療で血管の狭くなった部分を押し広げれば、高血圧を改善することが期待できます。 2.薬物治療 二次性高血圧症の原因が腎実質性高血圧である場合、糖尿病性腎症や慢性糸球体腎炎、多発性嚢胞腎などの腎障害によって血圧の上昇が引き起こされていることが考えられます。これらが原因となっている高血圧では、レニン−アンジオテンシン系の活性を阻害する薬によって血圧をコントロールすることができ、有効な治療法のひとつとなります。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

二次性高血圧症の記事を読む

二次性高血圧症の記事にご協力いただいている医師