クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
住血吸虫症
住血吸虫症とは、住血吸虫と呼ばれる寄生虫によって引き起こされる病気です。住血吸虫には日本住血吸虫、ビルハルツ住血吸虫、メコン住血吸虫などさまざまな種類が知られており、それぞれ世界における分布領域...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

住血吸虫症じゅうけつきゅうちゅうしょう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

住血吸虫症とは、住血吸虫と呼ばれる寄生虫によって引き起こされる病気です。住血吸虫には日本住血吸虫、ビルハルツ住血吸虫、メコン住血吸虫などさまざまな種類が知られており、それぞれ世界における分布領域が異なります。日本では過去に、特に甲府盆地周辺に日本住血吸虫症がみられましたが、環境整備が功を制し、2017年現在、新規発生例はみられていません。

しかし、世界において住血吸虫症はそう珍しくはなく、地域によっては大きな健康被害をもたらしています。住血吸虫症を発症すると、腹痛や下痢、血便、血尿などの症状がみられます。流行地域に観光することで住血吸虫症を発症することがあるので、事前に下調べし、可能な限りの予防策を講じることが重要です。
 

原因

住血吸虫症は、住血吸虫と呼ばれる寄生虫によって引き起こされる疾患です。人に健康被害をもたらすものとしては、

  • ビルハルツ住血吸虫症
  • 腸管住血吸虫症に属するマンソン住血吸虫症
  • 日本住血吸虫症
  • メコン住血吸虫症
  • インターカラーツム住血吸虫症

の5種類が知られています。

住血吸虫は、宮入貝など淡水系に生息する貝類の体内に寄生します。宮入貝などから住血吸虫が排泄されると、周囲の水が汚染されることになります。人の皮膚から直接体内に侵入することが可能で、たとえば洗濯や遊泳などで汚染された水に触れることが、侵入のきっかけとなります。

皮膚から体内に侵入した住血吸虫は、最終的には人の血管の中に寄生するようになります。住血吸虫によって定着しやすい部位は異なり、消化管と肝臓をつなぐ門脈を好むものもいれば、膀胱周囲の血管を好むものもいます。これら寄生先に応じた臓器障害を引き起こすようになります。
 

症状

住血吸虫症では、皮膚から侵入することを反映して侵入部位の皮膚炎が現れることがあります。その後、血管内に寄生することから、寄生先に関連した症状が現れます。ビルハルツ住血吸虫症では泌尿器系の症状が出やすく、その他の住血吸虫症では消化器系の症状が出やすいです。メコン住血吸虫症とインターカラタム住血吸虫症は頻度としては低いです。
ビルハルツ住血吸虫症では、頻尿や血尿などの症状がみられます。進行すると腎盂腎炎による発熱や背部痛を生じることがあり、さらに腎不全に至ることもあります。膀胱がんのリスクも高まります。

マンソン住血吸虫症および日本住血吸虫症では、急性期の発熱、じんましん、下痢、腹痛、咳などを認めます。消化管や肝臓の周囲に寄生するため、腸閉塞や肝硬変を発症するリスクが高まります。腸閉塞を発症すると嘔吐や腹痛が、肝硬変を発症すると腹水による腹部膨満感などが現れます。肝硬変に関連して食道静脈瘤が発生することがあり、消化管出血に至ることもあります。

なお、日本住血吸虫症を中心として神経症状を呈することがあり、影響を受けた脳領域に関連した症状が現れます。
 

検査・診断

寄生している住血吸虫の存在を確認し、住血吸虫症かどうかを診断します。具体的には尿や便を用いて寄生虫卵を確認します。

また住血吸虫が寄生すると、人の体では生体防御反応が生じます。これに関連して、抗体と呼ばれるものが体内で産生されることから、血液検査にてこれを測定することで住血吸虫症の診断を行うこともあります。

治療

住血吸虫症の治療には、プラジカンテルと呼ばれる薬剤を使用します。基本的には一回の内服のみで治療は終了しますが、状況によって複数回行う必要があることもあります。

ワクチンは存在しないことから、住血吸虫への接触機会を避けることが重要です。

アフリカの多くの領域が高リスク地域として挙げられますが、流行地に関しての知識を得ることが第一に必要です。感染が懸念される地域では、遊泳や洗濯など淡水に接触する機会を減らすことが重要です。また、汚染が疑われる水を飲む場合にも、煮沸消毒を行うなどの予防策が重要です。