クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Prostate
前立腺肥大
前立腺肥大とは、男性の体において膀胱に隣接して尿道を取り巻いている前立腺という臓器が大きくなり、尿道が細くなることによって排尿にまつわるいろいろな症状をきたす病気を指します。前立腺は男性ホルモン...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
前立腺

前立腺肥大ぜんりつせんひだい

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

前立腺肥大とは、男性の体において膀胱に隣接して尿道を取り巻いている前立腺という臓器が大きくなり、尿道が細くなることによって排尿にまつわるいろいろな症状をきたす病気を指します。前立腺は男性ホルモンの変化に影響を受けます。そのため、前立腺肥大では、男性ホルモンのはたらきが衰え始める40歳代後半頃から前立腺が大きくなり始め、加齢とともに大きくなります。肥大する前立腺の大きさや形には個人差があります。

原因

前立腺肥大の原因は、完全には解明されていません(2018年5月時点)。現時点では、男性ホルモンの変化が、前立腺肥大に関与している可能性が考えられています。これは、前立腺が男性ホルモンの働きと密接に影響し合う臓器であるためです。

このほか、以下に挙げる因子と前立腺肥大との関連が明らかになりつつあります。

  • 肥満
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • メタボリック・シンドローム

など

症状

前立腺肥大になると、尿道の一部が細くなるために尿に関するいろいろな症状が起こるようになります。

具体的には、以下のような症状が現れます。

  • 排尿困難(尿が出にくい)、または尿閉(尿が出ない)
  • 頻尿:おしっこが近い、夜中にトイレで何度も起こされる
  • 尿意切迫感:突然おしっこに行きたくなる
  • 残尿感:尿を出しても出し足らない感じがする
  • 尿失禁:尿を漏らしてしまう

検査・診断

前立腺肥大の検査では、日常生活で尿について困っていることを問診で伺った上で、さまざまな検査を行います。たとえば、尿流測定で実際に尿の出る速さを測定したり、腹部超音波検査で尿が溜まった状態の前立腺体積や形状、膀胱変形の有無などを調べたりします。また、トイレの後に膀胱内の尿の量を推定(残尿測定)したり、直腸診を実施し、肛門から指をいれて前立腺を触診して大きさや硬さ、表面のゴツゴツ感がないかなどを調べます。

前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSAという値は前立腺肥大症でもが高くなることがあり、高値の場合は定期的なフォローやより詳しい検査を行います。

治療

前立腺肥大の治療方法には、大きく分けて薬を用いた薬物療法と、手術で前立腺の一部を取り除く手術の2つがあります。通常はまず薬物療法を行いますが、効果が不十分であったり、尿路感染や腎機能障害などの合併症が生じていたりする場合や、重症と判定されるような場合には、手術など外科的治療を行うことが多いです。

薬物療法で用いる薬には、前立腺や膀胱の一部の筋肉を緩めて尿の通りをよくするタムスロシンなどの交感神経α1受容体拮抗薬や、男性ホルモンの働きを抑える5α還元酵素阻害薬などがあります。また、近年では、タダラフィルというホスホジエステラーゼ5阻害薬も一般的になっています。

一方、手術では、尿道から内視鏡を入れて尿道の内側から前立腺を削り取る、経尿道的前立腺切除術(TUR-P)が標準的な方法です。ほかにも、さまざまな手術方法が開発されています。

前立腺肥大の記事を読む

もっとみる

前立腺肥大の記事にご協力いただいている医師