クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
前置胎盤
前置胎盤とは、胎盤が正常より低い子宮の壁に形成され、子宮の出口を覆ったり、出口の辺縁に及ぶものを指します。分娩時に赤ちゃんが通る道に胎盤があるため、分娩の方法は帝王切開術となります。
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

前置胎盤ぜんちたいばん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

前置胎盤とは、胎盤が正常より低い子宮の壁に形成され、子宮の出口を覆ったり、出口の辺縁に及ぶものを指します。分娩時に赤ちゃんが通る道に胎盤があるため、分娩の方法は帝王切開術となります。

原因

前置胎盤の原因は明らかになっていません。現時点では、経産婦、過去に帝王切開分娩を経験したことがある方、過去に子宮内手術(流産処置、人工妊娠中絶など)を受けた経験がある方、高齢妊娠、多胎妊娠、喫煙している妊婦の方などに発生しやすいのではないかといわれています。

何らかの要因により、受精卵の着床部位が子宮の下のほうへ移動することや、胎盤の面積が拡大することによって起こるとされています。

症状

前置胎盤で注意すべき症状は、妊娠中期以降の痛みを伴わない性器出血です。この出血は、子宮収縮の増加や子宮の出口が広がることにより、子宮の出口を覆っている胎盤の一部が剥がれ、溜まっている血液が外に出てくるために起こります。

少量の出血により、母体や胎児へすぐに悪影響が及ぶわけではありませんが、その後大量出血をすることがあり「警告出血」と呼ばれます。前置胎盤と診断されている場合、たとえ少量であっても性器出血がみられたら、すぐに病院を受診するようにしてください。出血量が多い場合には、救急車を呼ぶことを考慮しましょう。

また、妊娠期だけでなく、分娩終了後も大量出血をきたす可能性が高く、注意が必要です。前置胎盤の胎盤が付着する子宮下部は筋肉が少ないため出血を止める力も弱まります。そのため、大量出血をきたす可能性があり、輸血の準備も行った上で帝王切開に臨みます。

癒着胎盤とは?

前置胎盤は「癒着胎盤」を合併することが知られています。特に子宮内手術(流産処置、人工妊娠中絶、子宮筋腫核出術や帝王切開術など)の既往がある方は可能性が高くなるといわれています。胎盤は通常子宮の内側にある子宮内膜に付着していますが、癒着胎盤では胎盤がこの子宮内膜を超えて子宮の筋肉の層まで及んでいます。このため強固に癒着し、通常の胎盤のように分娩後に自然に剥がれ落ちることができません。
一部剥がれた状態となると、子宮収縮の邪魔になり止血できず大量出血を引き起こします。この癒着胎盤による大量出血は母体生命の危機に関わることにもなりうるため、癒着胎盤を疑う場合は、準備輸血やいざという場合の子宮全摘出術、血管塞栓術の準備をしっかり行います。2017年現在では、分娩前に胎盤が癒着しているかどうかを確実に判断する方法は確立されていません。

検査・診断

超音波検査

前置胎盤の診断には超音波検査が最も重要です。腟の中からみる「経腟超音波」で診断がおおむね確定します。前置胎盤の最初の検査は、妊娠20週前後に行う施設が多く、胎盤の位置が低い場合には、妊娠31週末までに確定診断を行います。妊娠中期の超音波検査で前置胎盤を疑われても、妊娠の経過に伴って子宮が大きくなり、妊娠末期には正常の位置となる場合があるためです。

MRI検査

前置胎盤の診断が確定した場合には、MRI検査を行う場合があります。理由は「癒着胎盤」の補助診断となるためです。癒着胎盤のリスクが高い既往を持った患者さんでは検討されますが、必須の検査ではありません。

治療

順調に経過した場合、妊娠37週末までに帝王切開術を行い、分娩となります。前置胎盤では、子宮の出口に胎盤があるため物理的に胎児が産道を通ることができず、また、子宮の出口が広がる際に大出血を起こすことから、帝王切開での分娩となります。

警告出血があった場合は、入院管理となります。出血がない場合は原則外来で管理しますが、妊娠後期には入院管理を行う病院もあります。これは、前置胎盤の多くが、症状がなくても大出血を突然起こすことがあるためです。入院中は子宮収縮を抑制するために安静にしたり、必要があれば子宮収縮抑制剤の点滴を行ったりすることがあります。

入院中に、分娩時の大量出血に備えて自己血輸血(あらかじめ自分の血液を採取し、保存しておく)の準備をする場合があります。また、手術時には必ず輸血の準備をしておきます。

前置胎盤の一部の症例に子宮摘出が必要であったとの報告があります。特に、癒着胎盤ではその可能性が高くなります。極力子宮の温存が目指されますが、母体救命の観点からどうしても必要な場合があります。その他、大量出血時やその予防のために、子宮を栄養する血管にバルーンを入れて膨らませたり、塞栓物質を入れたりします。

前置胎盤の記事を読む

もっとみる

前置胎盤の記事にご協力いただいている医師