クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Ear nose
副鼻腔炎
鼻腔とは鼻の穴の中のことをいいます。この鼻腔のまわりにある骨で囲まれた空洞部分を副鼻腔と呼びます。この副鼻腔が炎症を起こして発症するのが副鼻腔炎です。副鼻腔炎には急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎があり...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
耳・鼻

副鼻腔炎(ふくびくうえん)

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

鼻腔とは鼻の穴の中のことをいいます。この鼻腔のまわりにある骨で囲まれた空洞部分を副鼻腔と呼びます。この副鼻腔が炎症を起こして発症するのが副鼻腔炎です。副鼻腔炎には急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎があります。

風邪やインフルエンザに伴って細菌やウイルスに感染して発症するのが急性副鼻腔炎です。そして、副鼻腔炎の状態が数カ月続いて慢性化すると、副鼻腔と鼻腔のつなぎ目の部分が腫れ、副鼻腔内にたまった分泌物や膿などが外に出せなくなるのが、慢性副鼻腔炎です。

副鼻腔炎とは?について詳しくはこちら
 

原因

副鼻腔炎は、風邪などによってウイルスや細菌が鼻腔に感染することで炎症を起こすとされています。また、カビが原因となる真菌性副鼻腔炎を起こしたり、ポリープが充満することで起きたり、歯が原因となり上顎洞に細菌が感染することで起こる歯性上顎炎というケースもあります。

原因について詳しくはこちら

症状

鼻汁

症状のひとつである鼻汁は、風邪やアレルギー性鼻炎の場合にみられる透明でサラサラとした鼻汁とは異なり、粘り気のある黄色みがかかったもので、さらに病態が進行すると緑色の鼻汁になることもあります。炎症が長引いて粘膜が腫れると鼻腔がふさがり、鼻づまりを起こしたり、息苦しくなったりすることもあります。

後鼻漏(こうびろう)

また、粘り気のある痰が喉の方に落ちていく後鼻漏(こうびろう)という症状を呈するのも特徴のひとつです。

急性と慢性の違いについて

副鼻腔炎といっても、急性の場合と慢性の場合とでは異なり、急性の副鼻腔炎では強い痛みが現れるほか、黄色や緑色の膿が出たり、熱や悪寒が出たりといった症状を伴うこともあります。

一方、慢性の副鼻腔炎の場合は、急性の時のような強い痛みが起こることは少なく、鼻づまりや後鼻漏などのほか、全身の倦怠感や集中できないといった症状を呈します。

症状について詳しくはこちら

検査・診断

直接細菌を取り出して検査する方法と画像診断の二種類あります。

細菌検査

まず、鼻鏡や内視鏡などを使って、鼻水の量や状態、粘膜の腫れ具合、鼻ポリープがあるかどうかを調べます。細菌検査では、鼻の穴の中から上顎洞に針を刺したり、鼻の穴の中やのどの奥の分泌物を細長い綿棒や吸引装置を使って取り出したりするなどして、そこに含まれる細菌の種類を調べます。

画像診断

次に画像診断です。レントゲン検査によって、副鼻腔内に鼻水がたまっている状態かどうかが確認できます。CT検査やMRI検査を行うと炎症の場所や範囲、程度などがより詳しくわかります。

治療

副鼻腔炎の治療方法には、大別して

  1. 局所療法
  2. 薬物療法
  3. 科療法(手術)

があります。局所療法、薬物療法で治癒しない場合、手術を行うことになります。

治療について詳しくはこちら

1. 局所療法

局所療法のうち「鼻吸引」は、局所麻酔薬や血管収縮薬を使って鼻腔の粘膜の腫れを抑え、膿や鼻水を吸引してきれいにした後、鼻の中に薬剤を吹きつける治療法です。この治療を施すことにより、鼻づまりが楽になります。

2. 薬物療法

急性副鼻腔炎の場合、ほとんどが薬で治療できます。 薬物療法の場合は、ペニシリンなどの抗生剤を内服します。急性副鼻腔炎は細菌感染によることが多く、まず原因菌を取り除く必要があるからです。また、鼻汁の粘りが強い場合は消炎酵素剤や粘液溶解剤を、また炎症を鎮めるために解熱鎮痛薬なども併用します。慢性副鼻腔炎の場合は、マクロライド系の抗生剤を長期間飲み続ける場合もあります。その他に、気道にたまった粘液を取り去って痰や鼻水を出しやすくする消炎酵素剤なども併せて使われます。

薬物療法について詳しくはこちら

3. 外科的療法

副鼻腔炎の多くは薬物療法や局所療法で治療し、もし治らなかった場合には手術を施すという場合が大半です。しかし中には先に手術をするケースもあります。副鼻腔真菌症(副鼻腔にカビの真菌が増殖する病気)では、局所療法や薬物療法の効果を妨げる真菌を手術で取り除かなければなりません。真菌が身体の奥に侵入して取り除くことができない場合は、抗真菌薬を使います。

外科的療法について詳しくはこちら
内視鏡下手術はこちら

 

副鼻腔炎の記事を読む

もっとみる

副鼻腔炎の記事にご協力いただいている医師