クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
反屈位
出産では、陣痛により徐々に胎児が子宮から腟の方向へ降りていきます。このとき、胎児はお母さんの骨盤や産道を通過しやすくするために、顔や体の向きを変化させています。通常、産道を通過する経過のうちほと...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

反屈位(はんくつい)

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

出産では、陣痛により徐々に胎児が子宮から腟の方向へ降りていきます。このとき、胎児はお母さんの骨盤や産道を通過しやすくするために、顔や体の向きを変化させています。通常、産道を通過する経過のうちほとんどは、顎を引いた状態で進んでいきます。この「適切に顎を引いた顔の向き」を屈位と呼びます。一方で、うまく顎を引いた格好になれずに産道を進んでいこうとすると、スムーズに通過できない場合があります。この「うまく屈位を取れておらず、顔をのけぞらせる格好」のことを反屈位と呼びます。

原因

反屈位になる場合に必ず明らかな原因があるとは限りません。偶然、そうなってしまうことも少なくありませんが、発生リスクを上昇させる要因はいくつか考えられます。たとえば子宮の形態異常が挙げられます。これは子宮の形状が原因となってうまく屈位を取れないものであり、たとえば子宮筋腫がある、子宮奇形を持っているなどです。

その他に、微弱陣痛といって、陣痛が十分な強さを保てないことも原因になりえます。陣痛がしっかり胎児に伝わると、産道の形状に合わせて胎児は自然に屈位をとることが多いのですが、陣痛が弱いために中途半端な格好で産道を進むことになり、反屈位が持続してしまうことがあります。

症状

お母さん自身の症状は特にありませんが、反屈位が継続してしまうと、陣痛がきているのになかなか分娩が進行せず、結果として微弱陣痛が長時間継続してしまったり、過度に時間がかかりすぎてしまう遷延分娩につながったりする可能性があります。最終的には、適切な時間内に出産に至らず、「分娩停止」という判断がされると、器械分娩(吸引分娩や鉗子分娩という器具を用いた分娩方法)や器械分娩が不可能な場合、緊急帝王切開術が必要になることもあります。

また、胎児も長時間の陣痛にさらされることで、徐々に体力を失い、低酸素状態になってしまう場合があります。このときも、やはり胎児の状態を悪化させないうちに器械分娩や帝王切開術が必要と判断されることがあります。

検査・診断

反屈位と診断するためには胎児の顔の向きを判別する必要があります。出産前は直接胎児の顔を見ることはできませんので、通常は内診か、超音波検査で推測することになります。また、前述したように分娩時間や陣痛の強さなどから総合的に判断し、反屈位が原因と推定される場合もあります。採血検査やレントゲン検査は、反屈位の診断に用いることはできません。

治療

分娩前の胎児の反屈位を強制的に修正して屈位(正常な顔の向き)に戻すことは簡単ではありません。もし微弱陣痛が背景にあると判断されれば、陣痛促進剤を投与することで陣痛を強め、産道を通過する際に自然に屈位へ戻ることを期待する場合があります。ただ、これは直接的な治療方法ではないため、うまく屈位に戻らない可能性はあります。

産道を通過できない、遷延分娩が避けられない、胎児が低酸素状態だと考えられるなどの状況となった場合には、積極的な医学的介入として、器械分娩や緊急帝王切開術が選択されます。これらは、分娩の進行状況やお母さんや胎児の状態などからもっとも適切な手段が判断されます。