クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Lung
喘息
喘息とは、呼吸困難、咳などが発作的に出る気道の慢性的な炎症のことですが、年齢に関わらず発症します。こどもの喘息を「小児喘息」、成人になってから発症する喘息を「成人喘息」と呼びます。…… 続きはこ...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
肺

喘息ぜんそく

その他の関連する疾患はこちら

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

喘息とは、呼吸困難、咳などが発作的に出る気道の慢性的な炎症のことですが、年齢に関わらず発症します。こどもの喘息を「小児喘息」、成人になってから発症する喘息を「成人喘息」と呼びます。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

原因

子どもの喘息でも大人の喘息でも、基本的な原因である気道炎症は全く同じですが小児は9割以上がアレルギーにより起こり、成人は5~6割がアレルギーによって起こります。こどもの喘息はダニなどのアレルゲンが原因となって発症することがほとんどです。また、家族に喫煙者がいる場合も発症する確率が高くなると言われています。そして、大人の喘息はアレルゲン以外に生活習慣やストレスなどの環境因子によっても引き起こされるといわれています。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

症状

症状としては、呼吸困難を伴い、咳が出ます。就寝後、咳や息苦しさで目が覚める、あるいは朝方に咳が出て目が覚めるというのも喘息の特徴です。呼吸時にヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴が聞かれることがありますが、心臓が悪くても聞こえることがありますから、これだけで喘息とは言えません。痰は比較的粘稠でドロっとしています。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

検査・診断

病院ではまずレントゲン写真を撮影して、肺に病気がないか、心不全がないかを診ます。また、血液検査では白血球・好酸球の数、炎症反応を診ます。アレルギー体質かどうかを判定するために、特異的IgEを測定することもあります。呼気中のNO(一酸化窒素)は喘息発作のとき高くなると言われているためにこれも測定しMOSTという検査で呼吸抵抗を検査します。また、気管支拡張剤を使用した検査により、気道の可逆性を確認します。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

治療

残念ながら喘息は治りません。しかし、治療によってコントロールすることはできます。基本的に、気管支喘息の治療は吸入薬と飲み薬です。気管支の病気なので、気管支だけに薬が到達する吸入薬がベストで、飲み薬はその次です。可能であれば吸入ステロイドだけ、コントロールが不十分な場合には吸入ステロイドと長時間作用型β2刺激薬の入った合剤を使います。より少ない薬剤、より少ない量で維持することが一番の目標です。
また、喘息の治療は市販薬では不可能なので、市販薬は使わないほうがいいでしょう。抗生剤は基本的には必要ありません。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

喘息の記事を読む

もっとみる

喘息の記事にご協力いただいている医師