クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
嗅神経芽細胞腫
嗅神経芽細胞腫とは鼻腔内の嗅神経から発生する腫瘍で、まれな疾患です。診断が難しく、病院によって診断が変わってしまうケースも少なくありません。嗅神経芽細胞腫のほとんどは鼻腔・篩骨洞に発症します。若...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

嗅神経芽細胞腫きゅうしんけいがさいぼうしゅ

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

嗅神経芽細胞腫とは鼻腔内の嗅神経から発生する腫瘍で、まれな疾患です。診断が難しく、病院によって診断が変わってしまうケースも少なくありません。嗅神経芽細胞腫のほとんどは鼻腔・篩骨洞に発症します。若年から高齢者まで幅広い年代で発症しますが、20代、60代に比較的発症のピークがあります。性別での発生頻度には差はありません。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

原因

(該当する項目がありませんでした)
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

症状

嗅神経芽細胞腫は初期では無症状ですが、主な症状には鼻閉(鼻づまり)が挙げられます。しかし鼻閉のみの症状では患者さんが病院を受診されるきっかけとなりにくく、鼻閉の症状が現れて数ヶ月経ってから、頻回かつ止まりにくい鼻出血に不安を感じてはじめて受診をされる場合が多く見受けられます。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

検査・診断

(該当する記述がありませんでした)
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

治療

嗅神経芽細胞腫の標準治療は、手術による完全切除と術後放射線治療とされています。また切除不能例、遠隔転移例に対する治療の中心は化学療法になります。現時点では定まった治療薬はありませんが、これまでの研究より、シスプラチンを中心とする薬物療法(シスプラチン+エトポシド や シスプラチン+イリノテカンなど)の肺がんに準じた化学療法が有効な患者さんがいます。ただし前項でも述べたように、患者数が非常に少ないため治療法が確立されていません。施設により、1回にかける放射線量を上げて行う定位放射線治療、あるいは粒子線などの新しい放射線治療、さまざまな化学療法を駆使した集学的治療が行われています。前項で記載したKadishのAあるいはBであれば、内視鏡下鼻内副鼻腔手術(ESS)行う施設が近年増えてきました。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

嗅神経芽細胞腫の記事を読む

嗅神経芽細胞腫の記事にご協力いただいている医師