クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Knee
変形性膝関節症
変形性膝関節症とは、体重や加齢などの影響から膝の軟骨がすりへり、膝に強い痛みを生じるようになる病気です。女性に発生することが多く、 加齢 肥満 外傷 なども変形性膝...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
膝

変形性膝関節症へんけいせいひざかんせつしょう

その他の関連する疾患はこちら

更新日時: 2018 年 07 月 02 日【更新履歴
更新履歴
2018 年 07 月 02 日
内容を更新しました。
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

変形性膝関節症とは、体重や加齢などの影響から膝の軟骨がすりへり、膝に強い痛みを生じるようになる病気です。女性に発生することが多く、

  • 加齢
  • 肥満
  • 外傷

なども変形性膝関節症の発症に関与していると考えられています。

膝は体重負担が大きくかかる部位であり、変形性膝関節症の発症を防ぐためには体重を増やしすぎないようにコントロールすることが重要です。さらに、膝周囲の筋力をしっかりと保持することも、膝への負担を軽減させるためには有効だと考えられています。また、病状が進行すると歩行が困難になることもあります。そのような場合には、手術を検討することになります。

原因

軟骨と半月板

膝関節とは、太ももにあたる大腿骨(だいたいこつ)とすねにあたる脛骨(けいこつ)の継ぎ目にある関節で、歩くときに重要な役割を果たします。

膝の前方には膝のお皿と呼ばれる膝蓋骨(しつがいこつ)があり、それから4つ目の骨として脛骨の外側にある腓骨(ひこつ)と呼ばれる細い骨から成り立っています。これらの骨が互いに接触すると、大きな摩擦が生じ骨の摩耗につながってしまいます。膝の軟骨は、この摩擦を防ぎ、スムーズな関節の動きを実現しています。

さらに、大腿骨と脛骨の関節面の間には半月板(はんげつばん)があり、主にクッションの役割を果たします。この半月板は、アワビの刺身のような硬さで、コラーゲン繊維からできています。膝を曲げ伸ばしすると半月板が動き、そのおかげでスムーズに膝を曲げることできます。

痛みの原因

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨がすり減ることにより慢性炎症や変形が生じ、膝に痛みが現れる病気です。

体重増加

膝の痛みは、加齢や体重によって徐々に進行します。膝関節には体重がかかるので、過度な体重増加は軟骨損傷を進行させる大きな危険因子といえます。

症状

症状としては、膝を動かした時に生じる膝の痛みがあります。特に、歩行時の最初の数歩や椅子から立ち上がるときに痛むことが多いです。病気が進行すると痛みは強くなる傾向にあります。痛みが生じることで自然と関節の可動域も狭くなり、結果、日常生活に大きな影響を及ぼすようになります。

変形性膝関節症では炎症反応が生じ、膝に水がたまる(関節水腫)こともあります。通常、人は立ち上がると膝のお皿と呼ばれる膝蓋骨の形がみえますが、関節水腫になると、たまった水のせいで膝のお皿が見えなくなります。また、関節水腫は膝が曲げ伸ばしにも影響します。

検査・診断

変形性膝関節症では、病気に関連した膝の痛みなどの症状や、足のO脚所見、膝の炎症反応である関節水腫がみられるかなどを確認します。その後、必要に応じてレントゲン写真やMRIといった画像検査を行うこともあります。画像検査を行うことによって、軟骨や半月板の損傷具合や骨の変形具合などを、より詳細に評価できるようになります。

治療

変形性膝関節症で発症した軟骨や半月板の損傷は、2018年現在の医療技術ではもとに戻せません。そのため、治療は大きく

  • 痛みに対しての対症療法(痛み止めの内服、ステロイドやヒアルロン酸の関節内注入)
  • 残された膝関節の機能を最大限活用させるための手術
  • 人工関節に置き換える手術

の3つのアプローチがあります。治療の経過によっては、筋力保持のためのトレーニングやリハビリテーション、適切な装具を利用する、といったアプローチも重要です。

また変形性膝関節症には、主に3つの手術があります。膝に与える影響が小さいものから順番に並べると、

  • 関節鏡による手術
  • 膝周囲骨切り術
  • 膝関節を人工関節に置き換える手術

です。

関節鏡

関節鏡とは、膝の内側と外側に小さな傷をつけ内視鏡を膝に入れ、膝の内部をきれいにする手術です。これは、膝の内部の掃除と半月板の修復を目的としています。

膝周囲骨切り術

膝周囲骨切り術は、骨を矯正することで改善しようとするものです。変形性膝関節症はO脚があることで症状が増悪しやすいので、骨を矯正することで膝周囲の骨の荷重を調整します。

人工関節

人工関節に置き換える手術は、合併症や置換後の日常生活への制限も生じることがあるため、病気がかなり進行している方に対して実施されます。身体に負担が大きい手術であるため、実施には十分な検討が必要でしょう。

変形性膝関節症の記事を読む

もっとみる

変形性膝関節症の記事にご協力いただいている医師