クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Uterus
子宮内膜炎
子宮内膜炎とは、子宮内へ細菌が入り込み感染することで子宮内膜に炎症が起こる状態を指します。子宮内膜とは、子宮体部の内側を覆う粘膜のことです。
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
子宮

子宮内膜炎しきゅうないまくえん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

子宮内膜炎とは、子宮内へ細菌が入り込み感染することで子宮内膜に炎症が起こる状態を指します。子宮内膜とは、子宮体部の内側を覆う粘膜のことです。

原因

以下のような原因で、子宮内膜炎を生じることがあります。

  • 流産時の処置や人工中絶手術、出産後(経腟分娩、または帝王切開):特に出産後は、子宮頸管が開いているため細菌感染のリスクが高まります。産後、体が妊娠前の状態に戻っていくための時期である産褥期(さんじょくき)に起こる子宮内膜炎は産褥性子宮内膜炎と呼ばれます。
  • 子宮内の検査後 (子宮内膜生検、子宮卵管造影、卵管通水検査など)
  • 子宮内避妊具の長期留置
  • タンポンの長期装着
  • 性行為による感染症 (淋菌やクラミジア菌など)
  • 閉経後:月経がなく、頸管粘膜が減少した状態になります。

など

症状

子宮内膜炎は年齢や感染の程度により急性子宮内膜炎、慢性子宮内膜炎、老人性子宮内膜炎に分類されます。

急性子宮内膜炎

子宮内膜の表面で起こる一時的な炎症を急性子宮内膜炎と呼びます。月経により内膜が剥がれることで細菌が体の外へ排出され、自然に治ることもあります。下腹部正中(恥骨の上あたり)の張りや痛み、不正性器出血、おりものの色(黄色や緑色)の変化、おりものの量・臭いの異常、微熱や下痢などが生じます。

慢性子宮内膜炎

子宮内膜の深い部分で炎症が起こり、持続している状態です。月経が起こっても自然に治ることはなく、炎症が持続して慢性化します。

経血の減少、無月経などがみられることもありますが、症状がないことも多く、見過ごされてしまう場合もあります。生理不順や無月経、炎症が卵管に及ぶことなどにより、不妊症となることもあります。

老人性子宮内膜炎

加齢によりホルモン分泌が減ることで、子宮頸部の粘液が減少し子宮内に細菌が入り込みやすい状況になります。また閉経により、子宮内膜への感染が生じやすい状態となります。

子宮内膜に感染が生じ、子宮内に(うみ)が溜まった状態となることがあります。この状態を子宮瘤膿腫(しきゅうりゅうのうしゅ)と呼びます。老人性子宮内膜炎の症状には、強い悪臭を伴う黄色や緑色のおりもの、発熱を伴う下腹部痛、全身の倦怠感などがあります。

検査・診断

内診

おりものの性状や量、痛みの有無などを調べます。子宮を押し上げた際に痛みがある場合、子宮内膜炎の可能性があります。

細菌培養検査、性感染症の検査

おりものや子宮内膜から原因菌を特定するための検査を行います。性感染症が疑われる場合には子宮頸管から少量の検体をとり、クラミジアや淋菌の有無を調べます。

子宮内膜の細胞、組織検査

子宮内膜の細胞や組織の一部を採取し顕微鏡で調べます。

血液検査

子宮内膜炎では白血球数と炎症反応(CRP)が上昇する場合があります。

治療

急性子宮内膜炎の場合は月経が来ると自然に治るケースもありますが、症状が強い場合や持続する場合には抗菌薬による治療が行われます。

子宮内に留置した子宮内避妊具が、急性子宮内膜炎の原因となっている場合には、抜き去る手術が必要となる場合があります。また、子宮内に膿が溜まっている場合には膿の除去 (ドレナージ)と洗浄が行われます。治療期間は感染の程度や子宮内膜炎の種類により異なりますが、数日から数週間程度かかります。

早めの治療が大切

子宮内膜炎を放置してしまうと、卵管や卵巣、骨盤内にも炎症が広がり、卵管炎や骨盤腹膜炎を合併する場合があります。この場合は、入院による抗菌薬点滴や手術による膿の排出、感染部の除去を行う必要が生じることもあります。子宮内膜炎の症状がみられたときは、放置せず早めに対応することが大切です。