クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Uterus
子宮内膜症
子宮内膜症とは、子宮内膜組織が本来あるべき場所以外のところに存在し、エストロゲン(卵胞ホルモン)により増殖、進行する病気です。子宮内膜組織とは、子宮の内側を覆っている膜のことです。 子宮内...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
子宮

子宮内膜症しきゅうないまくしょう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

子宮内膜症とは、子宮内膜組織が本来あるべき場所以外のところに存在し、エストロゲン(卵胞ホルモン)により増殖、進行する病気です。子宮内膜組織とは、子宮の内側を覆っている膜のことです。

子宮内膜組織が月経ではがれると出血が起こります。子宮内膜症では、月経自体が発症のリスクとされています。近年では、妊娠出産回数が少なく月経回数の多い女性が増えたため、子宮内膜症の罹患率が上昇したといわれています。

子宮内膜症の症状としてよく知られているのは、ひどい月経痛です。無治療のままにしていると不妊やがんなどを招くこともあります。治療の際は、妊娠希望など個人のライフスタイルを考慮したうえで治療方針を決定することが求められています。

原因

原因はわかっていません。

症状

子宮内膜症の症状は、以下のように分類されます。

疼痛

  • 月経困難症(学校や仕事を休まなくてはならないほどにひどい月経痛)
  • 慢性下腹痛
  • 性交痛
  • 排便痛
  • 腰痛

不妊

  • 女性不妊

その他

  • 尿路症状:排尿痛、血尿
  • 消化器症状:血便、通過障害、下痢、嘔吐
  • 皮膚病変
  • 呼吸器症状:喀血、胸痛、気胸

子宮内膜症の特徴は、下腹部に強い痛みが生じることです。この痛みは、月経時に子宮で産出されるプロスタグランジンの子宮収縮作用や、内膜症組織が産生する炎症性物質によるものです。

そのほか、おなか・腰・背中に強い痛みが起こったり、性交痛や排便痛が起こったりすることがあります。人によっては下痢・嘔吐・発熱・頭痛などが生じることもあります。また、かなりまれな例ですが、子宮内膜症は肺、膀胱、腸などの臓器で生じることもあります。

検査・診断

  • 内診や直腸診
  • 超音波検査
  • MRI検査
  • 腫瘍マーカー(CA125など)
  • 腹腔鏡検査

超音波検査では、卵巣に内膜症の特徴などがみられるかどうかを確認します。病気による変化が卵巣に起こっていれば、MRI検査を行うことがあります。MRI検査は、腹膜や腸の表面など、他の部位に対して実施することもあります。これらの検査でみつかった特徴が子宮内膜症に合致すれば、「臨床子宮内膜症」と診断されます。

超音波検査やMRI検査をしても原因不明の場合や、確定診断をつけたい場合には、腹腔鏡検査が行われることがあります。腹腔鏡検査とは、腹腔鏡を用いてお腹のなかを調べる検査方法です。腹腔鏡検査の実施中に、病気による変化がみられれば、その部分を切除したり焼灼(しょうしゃく)したりして治療する場合があります。

ほかにも、卵巣がんの状態をみるために使われることが一般的な「腫瘍マーカー(CA125)」の値が診断材料となることもあります。

治療

子宮内膜症の治療は、主に以下のことを考慮して行われます。

  • 治療の目的(不妊治療なのか、疼痛緩和なのか)
  • 卵巣に病変(チョコレート嚢胞)があるのか
  • 将来、妊娠希望があるか
  • 症状の程度
  • 過去の治療の有無

など

治療方法には、薬物療法、手術療法、妊娠・不妊治療などがあります。

薬物療法

  • NSAIDsなど鎮痛剤(使用中も妊娠可能)
  • ピル、ホルモン剤(使用中は妊娠不可能)
  • レポノルゲストレル放出子宮内システム(使用中は妊娠不可能)

子宮内膜症に伴う疼痛に対しては、鎮痛剤が使用されます。鎮痛剤でもコントロールができない場合には、低用量ピルが使用されます。ピル服用には血栓症リスクが伴うため、40歳代ではプロゲスチンというホルモン剤の使用が検討されます。

鎮痛剤やピルを使用しても効果がない場合には、GnRHアゴニストというホルモン剤で月経を止める「偽閉経療法」が選択されます。この治療方法は、副作用として更年期症状や骨量減少が起こる恐れがあるため、半年程度の使用が目安とされています。偽閉経療法を終了すると月経が再開します。症状が再発する若い方への連続実施は避けたほうがよいとされています。

また、鎮痛剤で痛みがコントロールできない場合に、レポノルゲストレル放出子宮内システムが検討されることもあります。ピルやホルモン剤よりも副作用が少ないといわれていますが、チョコレート嚢胞(のうほう)には効果が明確ではないこと、使用時に不正出血や器具の脱出を起こす恐れがあることから、注意が必要とされています。

手術療法

手術療法は、薬物療法ではコントロールできない疼痛の緩和と、妊孕性(にんようせい)の改善を目的として行われます。子宮内膜症の病巣切除を行なえば、疼痛症状が改善されることがわかっています。また、多くの場合、手術は腹腔鏡を用いて行われます(腹腔鏡下手術)。

妊娠・不妊治療

妊娠・不妊治療が、子宮内膜症の治療につながることがあります。実際、妊娠出産を経験すると、産後に月経が再開しても、妊娠前と比べて月経痛が軽くなることがあります。子宮内膜症があると不妊になりやすいため、なかなか妊娠できない場合には、不妊治療が検討されます。

子宮内膜症の記事を読む

もっとみる

子宮内膜症の記事にご協力いただいている医師