クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Penis
嵌頓包茎
包茎とは、男性の性器の先(亀頭)が皮膚(包皮)で覆われた状態のことを差します。このうち、包皮の口が狭いためにめくれず、亀頭を露出できないものを真性包茎、包皮をめくって亀頭を露出できるものを仮性包...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
陰茎

嵌頓包茎かんとんほうけい

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

包茎とは、男性の性器の先(亀頭)が皮膚(包皮)で覆われた状態のことを差します。このうち、包皮の口が狭いためにめくれず、亀頭を露出できないものを真性包茎、包皮をめくって亀頭を露出できるものを仮性包茎といいます。

真性包茎の方が、包皮を無理に引っ張って亀頭を出そうとすると、狭い包皮の口でその根元が締め付けられ、亀頭がひどく腫れてしまい、包皮に覆われた元の状態に戻せなくなることがあります。これが嵌頓包茎です。仮性包茎の方でも、包皮の口がやや狭い場合、包皮をめくったまま放置することで嵌頓包茎が起こり得ます。嵌頓包茎をきたした場合、なるべく速やかに整復する(元に戻す)必要があるため、至急に医療機関を受診することが勧められます。

原因

包皮が無理にめくられ、狭い包皮の口で亀頭の根元が締め付けられることで、血流が妨げられることが原因です。その結果、亀頭がむくんで大きく腫れてしまい、包皮に覆われた元の状態に戻すことが困難となります。

生まれたばかりの男児では、ほぼ100%が真性包茎であり、その頻度は年齢が上がるにしたがって低くなります。若年者が自分自身で、もしくは乳幼児の場合にはしばしば保護者が包皮をめくり、その後に元に戻すことができず、嵌頓包茎の状態となることがしばしばあります。包皮をめくった状態での勃起が、嵌頓包茎の誘因となることもあります。

症状

嵌頓包茎となると、亀頭とその周囲(嵌頓している部分)の包皮に腫れと痛みが生じ、これらの症状が持続します。このような症状を認めた場合には、至急に医療機関を受診する必要があります。
 

検査・診断

問診と身体診察によって診断します。狭い包皮の口で亀頭の根元が締め付けられ、亀頭とその周囲の包皮が腫れている状態をみることで、通常診断は容易です。検査は特に必要ありません。
 

治療

なるべく速やかにめくられた包皮を元に戻し、血流の妨げを解除することが必要です。第一に、用手的な整復(手を使って元に戻すこと)が試みられます。腫れがひどい場合には、はじめにガーゼなどを亀頭部に巻いて圧迫し、むくみを引かせた後に、亀頭を包皮の中に押し込むようにします。一度狭い包皮の口を越えて亀頭が中に入ると、その後は自然に腫れが引いていきます。

用手的な整復ができない場合には、手術が検討されます。性器の背側(上側)で包皮の口を縦に切開し、血流の妨げを解除することで、包皮を元に戻すことが可能となります(背面切開術)。緊急的に手術を必要としない場合でも、根本的な治療として、時期を改めて手術が行われることがあります。包皮の皮膚を環状に切除して全周を縫い合わせる手術(環状切除術)が検討されます。