クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
常位胎盤早期剥離
胎盤は妊娠中にお母さんから胎児(赤ちゃん)に栄養と酸素を送るためにある臓器です。つまり、胎児が子宮内に存在する間(妊娠中)は子宮の壁に張り付きつねにはたらき続けています。分娩が終了する(胎児が生...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

常位胎盤早期剥離じょういたいばんそうきはくり

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

胎盤は妊娠中にお母さんから胎児(赤ちゃん)に栄養と酸素を送るためにある臓器です。つまり、胎児が子宮内に存在する間(妊娠中)は子宮の壁に張り付きつねにはたらき続けています。分娩が終了する(胎児が生まれる)と、胎盤はその役目を果たして子宮の壁から剥がれ落ち、後産として胎児が出てきたあと速やかにお母さんの体外へ排出されます。

常位胎盤早期剥離とは、正常な位置に付着している(常位)胎盤が、分娩終了するより早い時期(早期)に剥がれてしまう(剥離)病気です。妊娠中つねにはたらいているはずの胎盤が、胎児がお腹のなかにいる間に子宮から剥がれてしまうと、母体から胎児への酸素供給が閉ざされて、胎児の状態が急激に悪くなってしまいます。

程度によりますが、重症の場合は脳性麻痺や死に至ることもあります。また、母体にも悪影響を及ぼします。一度、常位胎盤早期剥離を起こすと血液凝固因子が急速に消費され大量出血をきたすことがあります。このように、常位胎盤早期剥離では緊急対応が必要となることが多いため、周産期合併症のなかでもとりわけ重要な疾患とされています。

原因

はっきりとした原因は分かっていないため、現時点では確実な予防・発見方法は存在しません。しかし、常位胎盤早期剥離発症のリスク因子としては、以下のものが知られています。

  • 過去に常位胎盤早期剥離を起こしたことがある(常位胎盤早期剥離の既往)
  • 喫煙
  • 妊娠高血圧症候群
  • 切迫早産
  • お腹に対する外傷

常位胎盤早期剥離は、上記のようなリスク因子がなくても発症することがあるため、妊娠期間中には誰もが注意すべきものといえます。

症状

常位胎盤早期剥離の代表的な症状は以下のとおりです。

  • 腹痛:切迫早産や陣痛との見極め目が難しいこともあります。痛みは急に発症し、持続することが多いです。
  • お腹の張り:板のように硬くなることがあります。
  • 不正性器出血
  • 胎動が感じられない、感じづらい

これらの症状がいつもすべてそろうわけではありません。胎盤の剥がれている部分や程度によって、自覚症状も経過も異なります。重要なことは、このような症状があったときは「もしかしたら胎盤の状態が悪いかも?」と疑ってかかりつけ医療機関に連絡することです。

検査・診断

常位胎盤早期剥離の主要な検査は、(1) 超音波検査、(2) 胎児心拍数モニター、(3) 血液検査、の3つです。

超音波検査では、胎盤が剥がれて、子宮との間に貯まった血液(血腫)を確認することができます。しかし、超音波で明らかに分かる血腫がみつからない場合も多々あります。

胎児心拍数図では、胎児の心拍数の変化をトレースし、子宮の収縮の具合との関係を観察することで、胎児の状態がよいのかどうかを調べます。血液検査では貧血や血液凝固異常の程度をみてお母さんへの影響の程度を調べます。

治療

常位胎盤早期剥離は、胎児・母体の両方にとって危機的状況になる可能性の高い疾患です。そのため、治療の原則は、可能な限り速やかに分娩を行うこととされています。短時間のうちに経腟分娩が可能と判断される場合は、経腟での分娩を試みることもありますが、多くの場合は緊急帝王切開術で分娩を行います。

大量出血を伴う常位胎盤早期剥離では、母体が出血性ショック状態に陥ることがあります。そのため、輸液や輸血も必要になります。

また、母体に播種性血管内凝固症候群(Disseminated Intravascular Coagulation:DIC)の症状がみられる場合には、DICに対する治療(アンチトロンビンやヘパリン、ダナパロイドナトリウム、メシル酸ナファモスタットなどの投与)を行います。DICは出血が増えるだけでなく、腎不全などの多臓器不全を起こしうる危険な病態です。ときには、母体救命のために子宮全摘術を選択せねばならないこともあります。

常位胎盤早期剥離の記事を読む

常位胎盤早期剥離の記事にご協力いただいている医師