クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
弛緩出血
弛緩出血(しかんしゅっけつ)とは、赤ちゃんを分娩したあとに良好な子宮収縮が起こらず、子宮から大量の出血をきたす状態を指します。母体は、出血性ショックや播種性血管内凝固症(disseminated...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

弛緩出血しかんしゅっけつ

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

弛緩出血(しかんしゅっけつ)とは、赤ちゃんを分娩したあとに良好な子宮収縮が起こらず、子宮から大量の出血をきたす状態を指します。母体は、出血性ショックや播種性血管内凝固症(disseminated intravascular coagulation:DIC)に陥る危険もあります。保存的な治療方法で緊急に止血を行われますが、保存的療法が困難な場合、子宮摘出術も視野に入れた外科的な治療方法がとられます。

原因

妊娠期間中は胎盤を通して胎児へ酸素と栄養を供給するため、子宮には大量の血液が流れています。胎盤が娩出した後の大量出血を避けるため、生体には止血機能が備わっています。正常な分娩では、胎児と胎盤が子宮から娩出された後にも引き続き子宮が収縮し、胎盤がはがれた部位や子宮静脈洞などを物理的に圧迫します。これにより、子宮からの出血は止血されます。しかし、娩出後の子宮収縮がうまく機能しない場合、子宮からの出血が持続してしまいます。

弛緩出血とは、産後の子宮収縮機能がうまくはたらかず、出血量が500ml以上となる状態です。分娩が長引く遷延分娩はその原因になりえます。分娩時間が長くなると子宮筋は疲労し、赤ちゃんを出産した後の収縮が十分でなくなることから止血機能がはたらかず出血が止まらなくなります。また、多胎妊娠、羊水過多、巨大児などは、妊娠期間中に子宮がより大きく膨らみます。このように子宮の筋肉が過度に伸びてしまうと、収縮機能が低下し弛緩出血を引き起こすと考えられています。

このほかには、胎盤・卵膜片・凝血塊の遺残、羊水塞栓症、遺伝的要因、全身麻酔の影響、母体に血液が固まりにくい持病がある、癒着胎盤、子宮筋腫合併妊娠、急速遂娩、膀胱や直腸が尿・便が溜まっていることなどが、弛緩出血を引き起こす要因として考えられています。

症状

弛緩出血の症状は、胎盤を娩出した直後から持続する子宮腔内からの周期的出血です。血液の色は暗赤色といわれます。子宮を体外から刺激をすると、通常は子宮収縮が促進されて子宮が硬くなります。しかし、弛緩出血を起こしている場合は、子宮マッサージを行っても一時的に子宮収縮が起こるのみであり、再度子宮は柔らかくなります。

また、子宮腔内で大量出血を起こしているために、凝血塊が間欠的に排出されるようにもなります。出血が持続すると、母体には出血性ショックやDICの症状が出現するようになります。出血性ショックが起こると、血圧低下や意識レベルの低下などの症状が現れます。DICを発症すると止血はさらに困難になります。DICとは本来血栓が形成されるべきではない血管内で形成された状態のことをいい、腎不全や肝不全、呼吸不全など全身各種臓器に悪影響が生じるようになります。

検査・診断

弛緩出血は、特徴的な臨床経過をみて診断されます。弛緩出血を発症したときにはDICを発症するリスクも伴うため、DIC評価のための血液検査が必要になります。DICの診断には血液検査が不可欠です。血液検査では、特にDダイマー、FDP、血算の3項目をよく確認します。Dダイマー、FDPはDICマーカー(DICの可能性を調べるマーカー)とされています。

 

治療

弛緩出血が起きたときには、子宮収縮を促すためオキシトシンなどの子宮収縮剤の投与や、子宮マッサージがまず行われます。子宮内に遺残物があり、これにより収縮が妨げられている場合はそれらを排除する必要があります。また、冷やすことも子宮の収縮を得るために有効な方法とされます。お腹にアイスノンなどを当てて冷やす場合もあります。また、帝王切開時に収縮が十分でなければ、清潔なバッグに氷を入れて、子宮を直接冷やす方法もとられます。

このほか、子宮腔内にバルーン(風船のようなもの)を挿入したり、ガーゼを充填したりして子宮の内側から圧迫する方法もあります。それでも出血が続く場合は、保存的な治療方法は無効と判断し、子宮へ血液を供給している動脈の塞栓術や子宮全摘出を考慮します。弛緩出血は出血性ショックやDICを引き起こす危険性があり、ショックに対する集学的治療介入も必要になります。

弛緩出血の記事を読む

弛緩出血の記事にご協力いただいている医師