クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Heart
心不全
心不全とは、心臓のポンプ機能が低下することで、血液の循環がうまくいかなくなり、さまざまな症状が現れる状態を指します。 心臓から出た血液は、動脈を通って全身に行き渡り、静脈を通って心臓に戻っ...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
心臓

心不全(きゅうせいしんふぜん)

その他の関連する疾患はこちら

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

心不全とは、心臓のポンプ機能が低下することで、血液の循環がうまくいかなくなり、さまざまな症状が現れる状態を指します。

心臓から出た血液は、動脈を通って全身に行き渡り、静脈を通って心臓に戻った後、肺に送り出され酸素が補給されて、再び心臓に戻ってくるという流れで循環しています。心臓は、血液をスムーズに循環させるためのポンプとしての機能を担っています。そのため、何らかの原因で心臓のポンプ機能が低下すると、血液の循環に影響を及ぼします。

心不全は、症状の出方で大きく分けると、急性心不全と慢性心不全に分けられます。

  • 急性心不全:心臓のポンプ機能が急激に低下して、短期間に症状が現れ悪化する
  • 慢性心不全:心臓のポンプ機能の低下が長期間続き症状が現れる

急性なのか慢性なのによって、治療の方法も異なります。

原因

一般的に心不全の原因となるのは、心臓のポンプ機能低下をきたす病気です。

たとえば、

  • 急性心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患
  • 心筋症
  • 心筋炎
  • 不整脈(心房細動、心室頻拍など)
  • 弁膜症
  • 先天性心疾患

など

原因は多岐にわたります。

症状

急性心不全の場合

以下のような症状が、短期間のうちに現れます。

  • 激しい呼吸困難や咳込み
  • 胸の痛み
  • 動悸
  • 顔面、手足の皮膚蒼白
  • 冷感
  • 足のむくみ

など

重症の場合では、意識がはっきりしなくなることもあります。
 

慢性心不全の場合

以下のような症状が、徐々に現れます。

  • 呼吸困難
  • 疲れやすさ
  • 四肢(両手、両足)の冷え
  • 動悸
  • 咳込み
  • 足のむくみ

など

慢性心不全の場合でも感冒(かんぼう:かぜ)やストレスなどをきっかけに急激に症状が悪化することがあり(急性増悪)、その場合には急性心不全と同様の症状が現れます。

検査・診断

主な検査は以下のとおりです。

胸部レントゲン

心臓の拡大の程度、胸水や肺うっ血の有無などを調べることができます。

心電図検査

虚血性心疾患や不整脈、心肥大の有無を調べることができます。

心臓超音波検査

超音波により、心臓の形態や動きを調べます。心臓の大きさ、心臓の収縮や拡張の状態を詳細に検査することができるほか、心臓の弁の状態も確認します。

血液検査

心不全の評価に有用なナトリウム利尿性ペプチド(BNP)と呼ばれる項目を調べるほかに、心不全の原因となるような虚血性心疾患がないか、心臓の細胞が壊れると上昇する心筋逸脱酵素でチェックします。また、心不全は全身への血液循環が悪くなる病気なので、腎臓や肝臓などの臓器の状態も血液検査で確認します。

カテーテル検査

心不全の状態をさらに評価するために、首や足などの静脈からカテーテル(医療用の管)を挿入して心臓内圧を測定する肺動脈カテーテル(スワンガンツカテーテル)検査が行われます。心不全の原因として虚血性心疾患が疑われる場合は、手や腕、足の動脈からカテーテルを挿入し、心臓に血液を送っている冠動脈に異常がないかを冠動脈造影を行って調べます。必要に応じて、検査をした直後に緊急でカテーテルを用いた治療(冠動脈インターベンション)を行うこともあります。この検査は基本的に入院で行われます。

治療

急性心不全の治療

急激に心臓のポンプ機能が低下して血液の循環が悪くなり、生命に関わるような状況となっていることもあるため、早急に治療を行う必要があります。全身状態を安定させるための初期治療としては、酸素投与と心臓のポンプ機能を改善させるための投薬(強心薬、昇圧薬、血管拡張薬など)、必要に応じて利尿剤投与を行います。それでも状態の改善に乏しい場合は、人工呼吸器による呼吸補助や大動脈内バルーンパンピング法(IABP)、体外補助循環装置(PCPS)などによる循環補助を用いることもあります。

さらに、心臓のポンプ機能が低下している原因の治療として、心筋梗塞・狭心症であれば心臓カテーテル治療、弁膜症があれば心臓弁膜症に対する手術などが行われます。

慢性心不全の治療

原因となる病気(虚血性心疾患や弁膜症など)の治療と管理が重要です。状況に応じて、原因となっている病気を早めに治療したほうがよい場合もあります。症状などが安定している慢性心不全に対しては、一般的に生活様式の改善(安静、塩分・水分制限など)と薬物療法がおこなわれます。

心不全の記事を読む

もっとみる

心不全の記事にご協力いただいている医師