愛情遮断症候群(あいじょうしゃだんしょうこうぐん)

愛情遮断症候群とは

愛情遮断症候群とは、子どもの成長、発育、発達過程に必要不可欠な愛情を、小児期(特に2歳以下のお子さん)に充分受けることができなくなる結果生じる成長・発達障害のことを指します。養育者(母親や父親)がうつ状態であったり、育児放棄があったりすることを原因として発症する病気です。愛情不足の状況に対してお子さんは非常に敏感であり、成長及び情緒発達が不安定になる結果として、低身長、かんしゃく、夜泣き、感情を出さない、などの症状を認めるようになります。精神的に安心できる環境を子どもに提供することが重要であり、養育者に対してのアプローチも求められる疾患であると言えます。

原因

愛情遮断症候群は、養育者(母親や父親)からの愛情が充分お子さんに与えられないことを原因として発症します。
両親を含めて周囲の環境から愛情を受けながら成長することは、お子さんの成長発達面に必要不可欠な要素です。充分な愛情をお子さんに与えたり、お子さん自身のその時々の欲求に対して対応したりすることで、お子さんの精神状態は安定することができます。精神的に安定した状態にあるお子さんは、活発に遊ぶことができますし、栄養豊富な食事な食事を摂取し、充分な睡眠をとることができます。こうした健康な生活スタイルは、成長や発達の需要に見合った栄養、睡眠、ホルモン(成長ホルモンや甲状腺ホルモン、性ホルモン)が供給されるには必要不可欠なものです。
しかし愛情遮断症候群では、愛情不足を原因としてお子さんが精神的に不安定な状況になります。栄養が充分与えられないこともありますし、夜泣きを繰り返すことから夜間の睡眠が不十分になり、ホルモン分泌が足りなくなることもあります。こうしたことが原因となり、愛情遮断症候群で見られるような成長発達の症状を見るようになります。
状況としては、母親が極度の育児ノイローゼがあり育児放棄に至っている場合を例に挙げることができます。その他、望んでいなかった妊娠、10代での妊娠、貧困、シングルマザー、祖父母を含めた他の養育協力者の不在、養育者が薬物中毒、なども愛情遮断症候群を引き起こすリスクファクターであることが知られています。養育者自身が、子ども時代に十分な愛情を受けて育っていない場合に、世代を超えて子育てに影響することもあり、このことを「世代間伝達」と呼びます。

症状

愛情遮断症候群では、身体面からそれと指摘できる症状を見るようになります。栄養を充分与えられず、成長に必要な各種ホルモンの分泌(代表的には成長ホルモン)が不足する結果、年齢に応じた身長・体重増加を達成することができなくなります。したがって、低身長や体重増加不良を見ることが多いです。脂肪の付き方や筋肉の発達も異常を呈するようになり、赤ちゃんであれば赤ちゃんらしい手足のムチムチとした感じがなくなりますし、幼児期以降であっても体幹から手足にかけての線が細くなります。
愛情遮断症候群では子どもの情緒面にも影響が生じることがあります。すなわち、喜怒哀楽に対しての表情に乏しい、かんしゃくを起こしやすい、養育者に抱っこをせがむことがない・寄っていかないなどの症状を見るようになります。愛情遮断症候群では常時不安を感じるような状況であり、夜間の睡眠の質が低下することもあります。お腹がすいている、歯が生えている、オムツが汚れているなどの原因がないにも関わらず、頻回の夜泣きを見ることも稀ではありません。
また、愛情が足りていない環境にお子さんが置かれていることを疑うことができるポイントもあります。具体的には、おむつかぶれがひどい、皮膚が汚い、汚い服を着ている、などです。愛情遮断症候群は育児放棄(ネグレクト)として発症していることもあるため、こうした症状はお子さんがそうした環境に陥っていることを疑うきっかけとして重要です。
また、愛情遮断症候群は2歳までのお子さんに見ることが多く、この時期のお子さんは運動面での発達を達成することも求められます。愛情遮断症候群では運動発達が遅れることもあり、おすわりや自立歩行が遅れることもあります。

検査・診断

愛情遮断症候群では、それと診断できる検査項目は存在しません。周囲の養育者からの情報を統合することが重要になります。また成長発達の遅れを確認することや、適切な養育環境に置かれていないことを確認することも重要になります。乳幼児期に発症することが多い疾患であることから、身長と体重、頭囲の成長曲線を書くことも重要です。このことを通して、身体的な成長が障害されていることが確認されます。

治療

愛情遮断症候群の治療は、お子さんに対して適切な愛情、栄養、養育環境を与えることが重要になります。養育者が病的であることを気付いていないこともありますし、また養育者自身の精神状態が不安定である(例えば育児ノイローゼ)こともあります。お子さんと養育者との関係に終始するのではなく、協力が得られそうな親戚や友人なども交えての対応が必要になります。地域の保健所や子育てサークルなどへの参加も有効です。
症状が強い場合には、「虐待」の一種として一時的にお子さんを保護することが必要になることもあります。養育者と一時的でも離れて生活し(例えば入院)、ストレスが少ない環境で充分な食事を摂取することで成長発達が改善することが期待できます。