更年期障害(こうねんきしょうがい)

更年期障害とは

日本人女性の閉経(※)の平均は52.1歳といわれ、閉経の前後5年ずつを更年期と呼びます。そのため、およそ45歳から55歳頃に更年期を迎えられる方が多くなります。
この時期に、検査をおこなっても特に異常がみつからず、のぼせ・ほてり(いわゆるホットフラッシュ)・めまい・頭痛・全身倦怠感・不眠といった身体的な症状、また、気持ちの落ち込み・やる気のなさ・不安・憂鬱といった精神的な症状を呈するものを更年期症状といいます。

さらにこれらの症状がひどくなり、日常生活を脅かすような支障をきたす状態を更年期障害といいます。

※閉経とは:子宮摘出や薬剤などを使っていないにも関わらず、月経が永久に停止することです。40歳以降で最後の月経から1年間月経がないことを確認して、初めて閉経を迎えたといえます。そのため、閉経年齢とは最後の月経があった時の年齢をいいます。

原因

更年期障害の原因は、女性ホルモンの急激な低下に伴い起こります。
そもそも月経は、脳、卵巣、子宮に関連して起こる現象です。女性は産まれたときに、卵巣におよそ40万個の卵子をもっています。成長につれてその卵子は徐々に消失し、およそ50歳でほぼなくなります。
私たちがよく耳にする「女性ホルモン」の一つにエストラジオール(エストロゲン)というホルモンがあります。このエストラジオールは先ほどの卵巣から分泌されるのです。
更年期を迎えると体内に残っている卵子の数自体が極端に減り、急激にエストラジオールの分泌が低下します。急激なエストラジオールの変化を脳が感知し、反応を起こします。
この急激な変化が更年期症状を引き起こすと考えられています。

症状

更年期障害としての症状は多岐にわたっています。

  • 身体的症状:のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)・めまい・頭痛・全身倦怠感など
  • 精神的症状:気持ちの落ち込み・やる気のなさ・不安・憂鬱など

更年期や閉経、それ自体は自然なことですが、更年期であることと更年期障害であることは別の問題です。

より詳しい情報はこちら

検査・診断

女性ホルモンを含めた採血検査を一つの指標とすることもあります。また、自身で更年期を疑った場合は、どのような症状がどの程度あるか、更年期スコアをつけてみる方法もあります。

治療

どのような疾患に関しても共通していますが、生活習慣を整えることが重要です。運動を習慣化し、食事療法を行い、過度の飲酒や喫煙は避け、規則正しい生活を心掛けましょう。
そのうえで、更年期障害に有用とされている治療法としていくつかの薬物療法があります。

代表的な方法として、ホルモン補充療法(HRT: Hormone Replacement Therapy)・漢方薬・抗うつ薬・安定剤などが挙げられます。

ホルモン補充療法(HRT:Hormone Replacement Therapy)

ホルモン補充療法(HRT)とは、女性ホルモンを補うことで、更年期障害の症状を改善させる方法です。加えて、長期的には骨粗しょう症や認知症の予防にも効果が認められています。
女性ホルモンの代表である、2種類のホルモン(エストラジオールとプロゲストーゲン)を組み合わせて行います。
エストラジオールの種類は経口薬のみならず、貼り薬や塗り薬といった方法も選択可能です。飲み薬より貼り薬や塗り薬の方が動脈硬化や乳がんのリスクは低下するといわれていますが、肌トラブルなどが生じることもあるので、症状や状況を医師と相談しながら選択することが大切です。

HRTの方法は、個々人で異なります。開始年齢や実際の症状、月経の有無や子宮の有無、持病などによって使用する薬剤や量に違いが生まれます。
残念ながら、HRTは更年期の女性すべてが受けられるわけではないという問題があります。子宮体がんや乳がんを治療中の方、過去に乳がんの加療を受けた方や、心筋梗塞、脳卒中、肝臓に重症な病気を患った方などは行うことができません。

HRTの開始時期や継続期間、終了時期などは個々人で選択することが可能です。開始のタイミング、長期間継続する場合には、定期的に検診を受け、かかりつけの医師と相談しながら行いましょう。高齢になってHRTを施行すると有害事象が増加するため、HRTの期間は閉経後10年、年齢では60歳までとされています。

漢方薬

からだ全体のバランスを整え、こころとからだを健康にすることを目的とした治療法です。ほてりやのぼせといったホットフラッシュがある方で、症状が多岐にわたっている方に適していることがあります。

抗うつ剤・安定剤

抑うつ気分は多くの人が更年期に経験する症状です。精神的な変化だけでなく、ホットフラッシュといった身体的症状にも効果が期待できます。

更年期うつ病:更年期障害と誤解されやすい病気
更年期はうつ病が発症しやすいことが知られています。
更年期の女性は、身体的に変化が起きるだけでなく、両親の介護問題や子どもの独立といった家族環境の変化、職場での地位の変化、老後への生活・経済的変化といった社会環境の変化を余儀なくされる時期にもあたります。

女性ホルモンの低下そのものによって直接的にうつ病を引き起こすことはありませんが、環境的にもうつ病が起こるリスクが高くなっているのです。
加えて、更年期のうつ病に更年期症状を合併しているケースが多いことにも注意が必要です。

更年期障害の記事を読む

更年期障害の記事にご協力いただいている医師