クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Skin
水痘(こども)
水痘とは、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症で、水疱(すいほう。水ぶくれのことです)ができることを特徴としています。水痘・帯状疱疹ウイルスは一度感染すると体内に潜伏し続けます。初めてウイルスに感...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
皮膚

水痘(こども)(すいとう)

その他の関連する疾患はこちら

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

水痘(こども)とは

水痘とは、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症で、水疱(すいほう。水ぶくれのことです)ができることを特徴としています。水痘・帯状疱疹ウイルスは一度感染すると体内に潜伏し続けます。初めてウイルスに感染して発症した水疱性感染症を水痘と呼ぶのに対して、体内に潜んでいるウイルスが何かのきっかけで再度症状を引き起こすようになった状態(再活性化と呼びます)を帯状疱疹と呼びます。

水痘は、小児期における代表的な水疱性疾患の一つですが、成人になって初めて発症する人もいます。一方、免疫不全や悪性腫瘍を抱えたお子さんが水痘もしくは帯状疱疹を発症すると命に関わる危険があります。健康な幼児であっても重症化する場合がありますが、予防接種を受けることで水痘を軽症化することもできるとされています。

原因

水痘・帯状疱疹ウイルスは、感染した人の鼻水や唾液、水疱から出る液に存在しますが、蒸発すると空気中にも舞うため、同じ空間にいるだけで空気を通して感染してしまうことがあります(空気感染)。空気感染を起こす感染症は多くはなく、感染拡大を容易に引き起こしてしまうことから、予防対策にも注意を払う必要があります。

水痘・帯状疱疹ウイルスは、ヘルペスウイルスの一種です。ヘルペスウイルスの特徴として、初感染が成立した後、症状が消失しても神経にウイルスが潜伏することが挙げられます。水痘・帯状疱疹ウイルスにおいてもこの特徴は同様であり、ストレスや疲れ、免疫力の低下などをきっかけとして症状が再燃することがあります。

症状

水痘の症状の現れ方は多様であり、同じ水疱であっても数個程度で治まる患者さんや、全身に広がる患者さんがいます。水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染すると、およそ2週間の潜伏期間を経て主要症状である発熱と発疹が出現します。発疹も特徴的であり、赤い丘疹(小さなブツブツ)、水疱、膿疱(のうほう:膿がたまった発疹)、痂皮(かさぶた)が順を追って現れます。発疹のタイプは多様で、水痘では種々の発疹が同時期に一斉にみられることが特徴的です。また、頭皮に発疹ができることも水痘の特徴であり、診断に際し参考になります。

発疹は1週間程度の経過で改善に向かうとされますが、痒みが出てくることもあります。年長のお子さんには、発疹が出る前に発熱・倦怠感・咽頭痛・食欲低下などが現れる場合があります。

水痘の合併症には、二次性細菌感染症・肺炎・脳炎・急性小脳失調・Reye症候群・新生児水痘症・先天性水痘症候群など、多岐的な疾患があります。

合併症の危険性は年齢により異なり、健康な小児ではあまりみられませんが、15歳以上と1歳以下では高くなる傾向があるとされています。合併症に応じて、それぞれ特徴的な症状を呈するため、経過中は発疹の出現様式や発熱以外の症状(たとえば咳がひどくなる、意識状態が悪くなる、ふらつくなど)がないかを注意深くみる必要があります。

検査

水痘は、発疹の状態やその他の症状、周囲の流行状況を手がかりに診断されます。しかし、発疹が現れ始めたばかりのときには診断が難しいこともあります。診断をより確実に行うためには、Tzanckテスト、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する抗体検査、ウイルス分離、PCR法などが併用されます。

Tzanckテストとは、迅速に診断するために、水疱内の細胞を顕微鏡で観察する方法です。水痘を発症していると、「多核巨細胞」と呼ばれる細胞がみられますが、他のヘルペスウイルスの仲間である単純ヘルペスとは鑑別できないことに留意する必要があります。

抗体の検査では、IgM抗体やIgG抗体と呼ばれる抗体を、時期を空けて確認します。また、近年ではPCR法と呼ばれる検査により、水痘・帯状疱疹ウイルスの遺伝子を検出する方法も用いられています。

治療

水痘の治療においては、アシクロビルやバラシクロビルという抗ウイルス薬が使われることがあります。基礎疾患のないお子さんの場合、この薬によって高確率で完治を期待することができます。しかし、なかには重症化する例もあり、合併症の程度によっては、適切な治療が行われたとしても後遺症が遺り、最悪の場合は死に至ることもあります。

水痘は、ワクチン接種により予防することが可能な病気です。またワクチンを接種することで感染の蔓延(流行)を予防し、重症化や合併症のリスクを下げることもできます。もし、これまで水痘に罹患した経験のない方が、水痘の患者さんに接触した場合には、発症を予防するために適切なタイミングでワクチン接種を受けたり、抗ウイルス薬を内服することも検討されます。たとえば、接触後72時間以内に緊急ワクチン接種を行うことで、発症を未然に防いだり、症状を軽症化させることができると期待されています。

水痘(こども)の記事を読む

水痘(こども)の記事にご協力いただいている医師