クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Brain
片頭痛
片頭痛は、脈に合わせて「ズキン、ズキン」と拍動性のある痛みが頭の片側や両側、後頭部など部分的に激しく発作的に生じるもののことを言います。日本人の約800~900万人が片頭痛に悩まされているという...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
脳

片頭痛(へんずつう)

その他の関連する疾患はこちら

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

片頭痛は、脈に合わせて「ズキン、ズキン」と拍動性のある痛みが頭の片側や両側、後頭部など部分的に激しく発作的に生じるもののことを言います。日本人の約800~900万人が片頭痛に悩まされているというデータもあり、片頭痛に苦しむ患者さんの数が非常に多いことが伺えます。また、片頭痛に悩まされる方のうち、約20~30%の方が訴えるものとしては、「片頭痛には「前兆」がある」というものです。しかし残りの7、8割の方は前兆を感じません。すなわち片頭痛は「前兆がある」ものと「前兆がない」ものの2種類に分類することができます。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

原因

片頭痛は、何らかの理由(低気圧の接近、緊張がとれて急にリラックスしたときなど)により、脳の血管が急激に拡張することで起こります。
ストレスなどにより神経(三叉神経と呼ばれる顔の感覚を脳に伝える神経)が刺激され、神経末端より炎症物質を放出し、その炎症物質がさらに血管を拡張して「ズキン、ズキン」と拍動する痛みをもたらす片頭痛を発症すると考えられています。具体的な原因として考えられるものは、ストレス・人込みや騒音などの騒がしい環境下に長く身を置くこと・女性の場合はホルモンの変動などが挙げられます。しかし、片頭痛という病気はまだよくわからない部分が多く、はっきりと解明されていません。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

症状

片頭痛の痛み方は非常に特徴的で、脈に合わせて「ズキン、ズキン」と拍動するように痛みます。発作が起こる頻度は人によりけりで、月に1~2回程度の方もいれば、週に1~2回、場合によっては毎日のように悩まされる方もいます。また、片頭痛になっているときは、音や光に敏感になっていることが多いため、少しの刺激でも吐き気を誘発してしまいます。普段は気にならない程度のにおいですら気持ち悪くなってしまうこともあります。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

治療

片頭痛は「コントロールするもの」であり、「治る」ことは残念ながらありません。多くの片頭痛は、休眠や頭を冷やすなどの適切な処理をすることで一時的に治まりますが、毎日のように片頭痛が起きてしまう方やあまりにも長く痛みが続き、日常生活に支障が出るほど症状の重い方は治療が必要です。
薬物は対処療法としては有効ですし、前述した適材適所の薬物使用は症状を緩和するためにも有効活用しておきたい手段です。片頭痛に効果的な薬剤としてもっともメジャーなのはトリプタン系薬剤です。トリプタン系薬剤は脳の血管に作用して広がり過ぎた脳の血管を元の太さに戻し、三叉神経(顔の感覚を脳に伝える神経)からの神経ペプチドの放出を抑え込む役割を果たします。また、トリプタン系薬剤は三叉神経が受けた刺激の情報が大脳に伝達されるのをブロックし、片頭痛だけでなく、吐き気や嘔吐、光過敏・音過敏などの症状も抑えることができます。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

片頭痛の記事を読む

もっとみる

片頭痛の記事にご協力いただいている医師