クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
産褥熱
「産褥熱」とは、お産のあと、24時間以降、産褥10日以内に2日間以上、38℃以上の発熱が続く場合とされています。 産褥熱を起こしやすい方としては、糖尿病合併、ステロイド剤投与中の自己免疫疾患によ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

産褥熱さんじょくねつ

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

「産褥熱」とは、お産のあと、24時間以降、産褥10日以内に2日間以上、38℃以上の発熱が続く場合とされています。 産褥熱を起こしやすい方としては、糖尿病合併、ステロイド剤投与中の自己免疫疾患による免疫不全状態、性感染症の合併、悪露の流出を妨げるような筋腫がある場合が考えられます。また、お産の前後では、前期破水(陣痛が始まる前に破水すること)、絨毛膜羊膜炎、産褥期の長期安静(寝たきりなど)、子宮内胎盤遺残などが誘因になります。 しかし、感染の原因や経路が不明な場合も多いと言われています。

原因

「産褥熱」とは、お産のあと、24時間以降、産褥10日以内に2日間以上、38℃以上の発熱が続く場合とされています。 産褥熱を起こしやすい方としては、糖尿病合併、ステロイド剤投与中の自己免疫疾患による免疫不全状態、性感染症の合併、悪露の流出を妨げるような筋腫がある場合が考えられます。また、お産の前後では、前期破水(陣痛が始まる前に破水すること)、絨毛膜羊膜炎、産褥期の長期安静(寝たきりなど)、子宮内胎盤遺残などが誘因になります。 しかし、感染の原因や経路が不明な場合も多いと言われています。

症状

産褥の子宮内膜炎は、通常は3−5日目に発症し、発熱、下腹部痛、子宮の圧痛と悪露の異常(血性・悪臭がある)が見られます。さらに卵管や卵巣、その周りへと炎症が広がれば、それに伴って症状は強くなります。

検査・診断

診察により、症状や経過などから本疾患を疑った場合、血液検査により炎症の程度を確認し、悪露の培養、血液培養など行い、原因菌を調べます。原因菌が特定されるまでに時間がかかる場合があるので、医師が経験的に効果的と判断する抗生剤を開始します。

治療

もともとお産の前から徴候が出るような絨毛膜羊膜炎などは、帝王切開によって赤ちゃんと胎盤を出すことが子宮内感染の治療となります。手術中に腹腔内をよく洗浄したり、ドレーンを留置しておくことで、術後に炎症所見は速やかに改善します。これは、産褥熱の予防になります。 産褥熱で原因が診断された場合、症状が軽度であれば抗生剤の内服で外来通院により治療することも可能ですが、中等症以上であれば、入院の上、点滴で抗生剤を投与します。超音波検査で子宮内遺残の有無を確認後、子宮収縮剤の投与、子宮口を開く処置、子宮内容除去、洗浄など行い、悪露や分泌物の排泄を促進します。 炎症所見が改善した場合は治療を終了して経過観察とします。 なかなか改善しない場合は、子宮の創部や腹腔内に膿瘍ができていて炎症の原因となっていることがあるので、CT検査などで病変を精査する必要があります。いったん膿瘍を形成した場合は、抗菌薬の投与だけでは症状が改善しないことが多く、膿瘍を外科的に取り除く処置(切開排膿、ドレナージ、外科的切除)が必要になります。 敗血症にまで至ってしまった場合は、速やかに適切な治療が必要とされますので、高次医療施設へ搬送となることもあり、治療が難渋すると命に関わります。 重症度は自覚症状とは必ずしも一致しないことがあります。産褥期に上記のような症状があれば、担当医に相談するようにしてください。 こちらもご参照ください。 前期破水 https://medicalnote.jp/contents/170712-003-KX 敗血症 https://medicalnote.jp/diseases/敗血症