クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Testicle
精巣捻転
精巣が回転して、精巣につながる血管(精索)が捻れてしまい、精巣への血流が止まってしまう泌尿器科救急疾患です。時間が立つと、精巣が壊死してしまい、精巣摘出が必要になるケースもあります。
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
精巣

精巣捻転せいそうねんてん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

精巣が回転して、精巣につながる血管(精索)が捻れてしまい、精巣への血流が止まってしまう泌尿器科救急疾患です。時間が立つと、精巣が壊死してしまい、精巣摘出が必要になるケースもあります。

原因

精巣は、正常であればそれを取り囲む鞘膜に張り付いて固定されており、陰嚢の中で自由に動いてしまうということはありません。しかし、生まれつきこの固定がしっかりとしていない患者では、自然に、または何らかの外力により精巣が回転してしまうことがあります。そうすると、精巣への血流がとまり、強い痛みを生じます。
精巣捻転は思春期に多く、ついで乳幼児期に多い疾患です。思春期は第二次性徴に伴う精巣重量の増加、乳幼児期は不十分な精巣固定が原因と考えられています。

症状

捻転した直後から陰嚢の激痛が生じます。捻れている精索は、お腹の中も通っているため、関連して腹痛や嘔吐などの消化器症状が起こることもあります。捻転が解除されないまま経過すると陰嚢が腫れてきます。

検査・診断

まずは、年齢や症状の経過、痛がり方などを問診します。次に確定的な診断を得るために、不要な苦痛を与えない範囲で触診とエコーの検査を行います。
触診では精巣挙筋反射の有無を確認します。精巣挙筋反射とは、太ももの内側を触ったときに、脊髄反射で(意図せずとも)精巣が挙睾筋の働きでお腹の中にしまわれるように上に持ち上がる反射です。本来精巣を外傷などから保護するために存在しているこの反射ですが、精巣捻転では消失します。
次に、陰嚢にエコーをあて、ドップラーエコー(血液の流れを確認出来るエコー)で精巣に血流があるかどうかを確認します。精巣捻転が生じている場合、精巣内の血流は途絶しているためドップラーエコーでの精巣血流は見えなくなります。
泌尿器科医は以上のような問診や検査所見を複数考慮した上で、診断を決定します。
精巣上体炎(精巣に付着している精巣上体などが炎症を起こす病気)は精巣捻転と同様に陰嚢痛を起こし、熟練した泌尿器科医でも診断に難渋するケースもあります。

治療

精巣が虚血に陥っているため、壊死を防ぐために出来る限り早く血流回復を目指すことが治療の目標になります。精巣を壊死から防ぐためには一般的に発症から6時間以内に捻転を解除する必要があると言われています。それ以上経過してしまった場合は精巣が完全に壊死してしまう場合もあり、そのような患者さんでは精巣摘出が必要になります。
捻転を解除するために、まずは可能であれば用手的に整復します。多くの場合精巣は内向きに捻れます(右精巣であれば足側から見て時計回り、左精巣であれば反時計回り)。よって、整復する場合は逆方向、つまり外向きに回して整復を試みます。ただ、整復に成功したとしても、再発リスクの高い疾患であり早々に精巣固定手術を行う必要があるため、恐怖感を植え付ける整復手技はあえて試みずに、速やかに麻酔導入+手術に持ち込む場合も多いです。
手術では陰嚢を開けて、精巣を肉眼で確認し、色調をみて温存するかどうか判断します。温存できると判断した場合は、手術用の糸で陰嚢の中に回転すること無いよう縫い付けて固定します。精巣が明らかに壊死していると判断した場合はその精巣を摘除します。
また、この疾患は本来両側の精巣の固定が不十分なため起こる病気であることから、症状の無い側(健側と呼びます)の精巣も同じ手術の中で固定し捻転を予防します。

精巣捻転の記事を読む

精巣捻転の記事にご協力いただいている医師