クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Vagina
老人性腟炎
萎縮性腟炎とは、エストロゲン分泌が減少することで腟粘膜の機能が低下して、腟粘膜の萎縮、乾燥、出血、異臭感が生じる病気です。老人性腟炎も同じ意味で使われます。萎縮性腟炎は閉経後の女性によくみられる...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
膣

老人性腟炎ろうじんせいちつえん

その他の関連する疾患はこちら

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

萎縮性腟炎とは、エストロゲン分泌が減少することで腟粘膜の機能が低下して、腟粘膜の萎縮、乾燥、出血、異臭感が生じる病気です。老人性腟炎も同じ意味で使われます。萎縮性腟炎は閉経後の女性によくみられる病気で、細菌性腟症や尿路感染症などと合併することがあります。

原因

閉経に伴ってエストロゲンの分泌が低下すると、腟粘膜が萎縮して薄くなりグリコーゲンという物質の産生が低下することで腟内常在菌が減少します。これにより腟内での乳酸産生も低下、腟内がアルカリ性の方向に変化することで異常細菌が増殖して腟炎を発症しますこうした腟内環境の変化により、細菌性腟症を合併することも少なくありません。

症状

萎縮性腟炎を発症すると、腟の乾燥感、外陰部の痛みや痒み、刺激症状、不正性器出血、性交痛、おりものの異臭、頻尿、尿意切迫感や過活動膀胱などが出現します。おりものの異臭は細菌性腟症のサインとして、また頻尿、尿意切迫感や過活動膀胱は尿路感染症のサインとして出現するものです。

検査・診断

萎縮性腟炎では、内診で腟粘膜の萎縮や乾燥、出血の有無を確認します。細菌性腟症が併発している場合には異臭も伴うため、これらを総合的に踏まえて判断します。

萎縮性腟炎を診断するために必須となる検査は特にありません。血液検査でエストロゲンの数値を測定する必要はなく、閉経から何年経っているか、普段の生活でどのような症状を感じているか、などが重要になります。細菌性腟症や尿路感染症を併発している可能性がある場合には、腟分泌物や尿を採取して細菌の有無を調べることがあります。

治療

萎縮性腟炎の治療では、主に腟内への薬剤投与が行われます。自覚症状が強ければエストロゲンを含んだ腟錠を使用します。膣錠以外に、軟膏やクリームなど外用薬が選択される場合もあり、こちらも腟錠とほぼ同様の効果があるとされています。細菌性腟症を併発している場合には、抗菌薬を使用します。

何らかの理由で薬剤の腟内投与が困難な場合には、経口薬によるホルモン補充療法を実施するともあります。全身投与では副作用が出現するリスクもあるため、萎縮性腟炎に対する治療のメリットとデメリットを比較しながら検討します。

萎縮性腟炎は痒みや異臭を伴うことがあるため、入浴時に外陰部を石鹸などでゴシゴシ擦って洗ってしまう方がいらっしゃいます。これは摩擦による刺激で腟粘膜を傷つけるため、 かえって症状を悪化させる可能性があります。