肺

肺水腫(はいすいしゅ)

肺水腫とは

血液中の液体成分が異常に漏れ出てしまい、本来空気で満たされるべき肺の空間が液体で置き換わってしまっている状態を指します。肺水腫を発症すると、酸素と二酸化炭素の交換がうまくいかなくなるため、息切れ、喘鳴(ぜんめい:ゼーゼーと音がする呼吸のこと)、咳、痰、呼吸困難などの症状が出現します。

原因としては大きく二つあり、急性心筋梗塞など心臓に起因する「心原性肺水腫(いわゆる心不全)」と、敗血症や誤嚥(ごえん:飲食物があやまって気管に入ってしまうこと)など心臓以外のものに起因する「急性肺損傷・急性呼吸窮迫(きゅうはく)症候群」があります。

肺水腫を発症すると呼吸障害が進行して命の危険を伴うこともあるため、できるだけ速やかに治療することが必要です。

原因

口や鼻から取り入れられた空気は、気管や気管支といった空気の通り道を経て肺へと運搬され、最終的には「肺胞」と呼ばれる小さな部屋へと運ばれます。肺の中に肺胞はたくさん存在しており、肺胞の壁は「間質」と呼ばれる構造物で構成されています。間質には毛細血管があり肺胞と協調してはたらくことから、酸素や二酸化炭素のガス交換が行われます。

肺水腫とは、間質内に存在する毛細血管を流れる血液中の液体成分が、何かしらの原因をきっかけとして漏れ出てしまい、本来空気が存在すべき肺胞が液体成分に置き換わってしまう状態を指します。

液体成分が漏れ出てくる原因としては、大きく分けて心臓に問題がある「急性左心不全」と、心臓以外のものが原因となる「急性呼吸窮迫症候群」に分類することができます。

心臓を原因とした肺水腫

肺を循環する血液は、右心室から運び込まれて肺を経由した後に左心室へともどってくる必要があります。もし左心室の機能が低下してしまうと、左心室中に血液がとどまることになり、それに続いて肺内の血流も滞ります。肺内で血流が滞ると、行き場を失った血液から液体成分が漏れ出てきて肺胞内へと逃げ込むことになり、肺水腫を発症します。

心臓以外のものが原因となって発症する肺水腫

心臓以外のものが原因となって発症するタイプの肺水腫のひとつとして、肺胞を取り巻く毛細血管の損傷によって発症する「急性呼吸窮迫症候群」があります。血管損傷が生じると、毛細血管は血液成分を適切に血管内に保持できなくなり、液体成分が肺胞内へと侵入することから肺水腫が発症します。血管損傷が生じる原因としては、敗血症や肺炎、誤嚥、多発外傷、高度の熱傷などがあります。

また、薬剤による全身性のアレルギーによるむくみに伴う一症状として、肺水腫を発症することもあります。原因となる薬剤としては免疫抑制剤や抗がん剤などがありますが、まれな病態であると考えられています。

症状

息切れ、喘鳴、咳、痰(ピンク色で泡を多く含んだ痰が特徴的)、呼吸困難などの症状が出現します。

肺水腫は横になっているときに症状が悪くなる傾向にあります。そのため、夜間就寝中に呼吸困難が増強する「発作性夜間呼吸困難」といった症状をみることもあります。横になると呼吸が苦しくなるという自覚もあるため、座った体勢を好むようにもなります。このことを「起座呼吸(きざこきゅう)」と呼びます。

病状が進行すると呼吸不全、チアノーゼ、ショック状態になることもあります。

検査・診断

胸部単純レントゲン写真や胸部CTを行います。これらの画像検査を行うことで、本来空気が存在している肺胞が液体成分で置き換えられていることを確認します。

急性心筋梗塞や弁膜症といった症状に関連して肺水腫が発症することもあるため、心電図や心臓超音波検査も必要になります。またSwan-Ganzカテーテル検査では、実際に肺の毛細血管の圧力を測定することが可能であり、毛細血管圧が上昇していることが確認できます。その他、心不全の程度を評価するための血液検査(BNP測定)、急性呼吸窮迫症候群を起こしている炎症の状況を評価するためのCRP測定、呼吸不全の評価のための血液ガス検査なども行われます。

治療

肺水腫では低酸素血症を伴っている状況であるため、呼吸状態をサポートするために酸素投与や人工呼吸管理(非侵襲的陽圧換気療法など)が行われることがあります。肺胞内に染み出てきている液体成分を毛細血管へと押し戻すことを目的として、気道内に圧力(陽圧)をかける呼吸管理が行われます。

心原性の肺水腫の場合、肺胞内の液体成分を体外に排泄させるために、利尿剤やニトログリセリン、ドパミンなどを使用します。心筋梗塞を発症していれば心筋梗塞に対しての根本治療も必要です。

急性肺水腫では、たとえば炎症を起こしている敗血症があれば敗血症に対しての抗生物質投与などが必要となりますし、ステロイドを併用することもあります。またエラスポールと呼ばれる薬剤が投与されたり、エンドトキシン吸着が行われたりすることもあります。

肺水腫の記事を読む

肺水腫の記事にご協力いただいている医師