クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Stomach duodenum
胃がん
胃がんとは、胃の壁の最も内側である粘膜内の細胞が、何らかの原因によってがん細胞になり、増殖を繰り返す悪性の腫瘍です。 胃がんは大きくなるにしたがって、壁の中へと広がり、一番外側である漿膜に...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
胃・十二指腸

胃がん(いがん)

胃がんの記事にご協力いただいている医師

  • 渡邊 清高 先生

    渡邊 清高 先生

    帝京大学医学部内科学講座 腫瘍内科 准教授

    患者さんとご家族、地域の視点でがんを診る。 日本人の2人に1人が一生のうちにかかる「がん」。がんの診療、臨床研究とともに、研修教育に携わる。がん対策の取り組みの一環として医療に関する信頼できる情報の発信と、現場と地域のニーズに応じた普及の取り組みを実践している。

  • 森下 鉄夫 先生

    森下 鉄夫 先生

    山王メディカルセンター院長 国際医療福祉大学臨床研究医学研究センター教授 慶應義塾大学医学部客員教授

    慶應義塾大学、東京歯科大学市川総合病院内科学主任教授・副院長などを経て現在は山王メディカルセンター院長ならびに国際医療福祉大学で教授を務める。胃や十二指腸、消化管疾患のエキスパートであり、ピロリ菌や感染性腸疾患では豊富な臨床経験だけでなく多数の研究業績を持つ。アメリカUCLA、フィリピン、バングラデッシュなど海外での医療・研究活動に加え、日本ーボリビア医療友好協会理事長を務めており、国際交流にも力を注ぐ。

  • 藤城 光弘 先生

    藤城 光弘 先生

    東京大学医学部附属病院 光学医療診療部 部長

    1970年生まれ。1995年、東京大学医学部を卒業後、東京大医学部附属病院研修医。96年より、日立製作所日立総合病院研修医、国立がんセンター中央病院消化器内科レジデント等を経て2005年、東京大学医学部附属病院消化器内科助手(助教)。2009年、現職に至る。内視鏡機器や処置具の開発から携わることで患者の負担を減らし、かつ、早期発見・的確な診断、治療が行える方法の研究を続ける。

  • 水野 元夫 先生

    水野 元夫 先生

    倉敷中央病院消化器内科主任部長 岡山大学医学部臨床教授

    岡山大学医学部を卒業後、米国コロラド大学医学部を経て岡山大学助教授、広島市民病院内視鏡科を経て現在では倉敷中央病院消化器内科主任部長ならびに岡山大学医学部で臨床教授を務める。消化器内科全般、特に内視鏡を専門とする。また、日本ヘリコバクター学会代議員、ピロリ菌感染症認定医ならびにHelicobacter Research誌で編集委員を務めており、ピロリ菌治療の第一人者としても知られる。

  • 二宮 基樹 先生

    二宮 基樹 先生

    広島市民病院副院長 通院治療センター主任部長 /2016年5月より国家公務員共済広島記念病院消化器センター長

    広島市立広島市民病院副院長および通院治療センター主任部長。日本の胃がん治療を牽引し続けてきた当分野の第一人者であり、第87回日本胃癌学会総会では「分化と統合」をテーマに会長を務めた。日本の胃がん外科治療技術を世界に紹介する「胃癌伝道師」となることを夢に、中国の上海交通大学をはじめ各国との医療技術交流も精力的に行っている。

  • 清水 伸幸 先生

    清水 伸幸 先生

    山王病院副院長・外科部長/ 国際医療福祉大学教授

    東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院で、一般・消化器外科、特に上部消化管外科について学ぶ。東京大学医学附属病院で臨床を重ね、ハーバード大学Massachusetts General Hospital Research Fellow、2009年に東京大学医学部附属病院准教授に就任。2013年より現職。特に、胃がんの低侵襲手術については医師の間でも評価を集めている。

  • 熊谷 厚志 先生

    熊谷 厚志 先生

    がん研有明病院 消化器センター 胃外科 副医長

    慶應義塾大学 一般・消化器外科、スウェーデンのカロリンスカ大学病院を経て、がん研有明病院 消化器センター 胃外科 副医長を務める。胃がん手術のスペシャリストである。胃がんを治すためにはどのような治療法が適切であるか、患者さんへのわかりやすい説明を常に心がけ、日々の診療に尽力している。

  • 三木 一正 先生

    三木 一正 先生

    一般財団法人日本健康増進財団 代表理事/認定NPO法人日本胃がん予知・診断・治療研究機構 理事長/ 東邦大学名誉教授 /がん研有明病院消化器内科 顧問/早期胃癌検診協会 監事

    1987年にペプシノゲン法を開発し、胃がんの新しい検査法を提唱してきた第一人者。東邦大学教授を退任後、NPOとして日本胃がん予知・診断・治療研究機構を設立し、胃がんのリスク層別化検査(ABC法)の普及に尽力している。

  • 高橋 大介 先生

    高橋 大介 先生

    財団法人同友会 ライフメディカル健診プラザ 院長

    小田急電鉄江ノ島線長後駅前に藤沢湘南台病院が監修する「ライフメディカル健診プラザ」に初代院長として就任。以来、来院した利用者に対し健康診断や人間ドックを実施し、異常の早期発見につとめる。

  • 小寺 泰弘 先生

    小寺 泰弘 先生

    名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学教授

    名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学教授であり、胃癌外科のエキスパート。日本胃癌学会理事として長らく学会誌編集に注力し、ガイドライン作成委員として「胃癌治療ガイドライン」の作成に携わる。日本癌治療学会理事としてガイドライン作成・改定委員長も務める。

  • 吉岡 茂 先生

    吉岡 茂 先生

    千葉市立海浜病院 診療局長(外科)

    千葉大学第一外科に入局後、消化器外科医師として研鑽を積む。千葉市立海浜病院勤務後、同院での内視鏡外科手術の立ち上げに参加。現在、内視鏡外科手術のエキスパートとして地域医療に携わっている。

  • 野原 京子 先生

    野原 京子 先生

    国立国際医療研究センター病院 外科医師

    胃がんなど上部消化器外科領域の腹腔鏡手術を専門とする。消化器外科手術後の食生活の質の維持などを考慮し、一人ひとりの患者さんにとって最も適した選択肢を提供することを信条としている。高い技術で手術を行うだけでなく、術前から退院までの患者さんのケアも重視する広い視野を持っており、多くの患者さんから信頼を集めている。

  • 河野 浩二 先生

    河野 浩二 先生

    福島県立医科大学 消化管外科学講座 主任教授

    消化器外科、特に食道外科を専門としており、年間40〜50例の食道がん切除を行うなど多数の手術を手がけている。外科臨床に加えて、がん免疫療法の開発の実績があり、がんワクチン療法の全国他施設共同臨床研究などの主任教授を勤めた。論文業績のIFは491(2017年現在)。

  • 中田 浩二 先生

    中田 浩二 先生

    東京慈恵会医科大学臨床検査医学講座 教授 / 慈恵医大第三病院 中央検査部 診療部長

    東京都生まれ。1984年東京慈恵会医科大学卒業。学生時代は空手道部主将を務め(三段)、国際大会にも出場。内科疾患・外科手術と消化管機能障害に関する研究と臨床に従事。「胃癌術後評価を考える」ワーキンググループ/胃外科・術後障害研究会を通じて胃切除後障害の克服に向けた全国的な活動に取り組んでいる。

  • 相馬 大介 先生

    相馬 大介 先生

    国立国際医療研究センター病院 食道胃外科 医師

    上部消化器外科領域の手術,化学療法を専門としているが、その他一般外科も幅広く診療している。各々の患者さんにとって最良の医療を提供できるようにチーム医療を実践している。

  • 田中 信治 先生

    田中 信治 先生

    広島大学病院内視鏡診療科 教授 / 広島大学大学院医歯薬保健学研究科内視鏡医学 教授

    1984年に広島大学医学部医学科を卒業後、同大医学部附属病院内科に研修医として入局。<br>1986年より北九州総合病院内科、広島赤十字・原爆病院内科、国立がんセンター病院(現・中央病院)内視鏡部研修医などを経て帰局。1997年、ブラジル・リオグランデ州立大学消化器科客員教授。1998年、広島大学医学部附属病院光学医療診療部助教授。2000年に同光学医療診療部部長、2007年より現職。

  • 曽我部 進 先生

    曽我部 進 先生

    KKR札幌医療センター 消化器・腫瘍内科医長、外来化学療法室長

    北海道大学を卒業後複数の医療機関での経験を経て、現在はKKR札幌医療センター 消化器・腫瘍内科医長及び外来化学療法室長として勤務している。患者さんの話に耳を傾け、1人1人に適した治療を行うことを日々心掛けている。

胃がんの記事一覧