胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん)

胎便吸引症候群とは

出産に際して胎児が過度なストレスにさらされると、胎便(赤ちゃんのウンチのことです)が排泄され羊水が汚染されることがあります。出産前後、胎便に汚染された羊水が気道内に入り込むことから呼吸障害が引き起こされることがありますが、この状態のことを胎便吸引症候群と呼びます。気道に吸引された胎便は、続発性に肺炎を引き起こすこともあり、より呼吸状態を悪化させることになります。特に、出生予定日を超えた過期産の赤ちゃんに発症することが多い病気です。

より詳しい情報はこちら

原因

出産前後は、赤ちゃんが低酸素状況に陥りやすい時期です。低酸素を引き起こす原因には、臍帯が圧迫され赤ちゃんへの血流が一過性に低下することもありますし、お母さんが何かしらの感染症を発症していることが原因となることもあります。予定日を超えると胎盤の余力も低下しており、より低酸素のリスクは高まります。こうしたストレス状況下においては、赤ちゃんは子宮内でウンチ(胎便と呼びます)を排泄するようになります。さらに、低酸素状況に対して、赤ちゃんは羊水の中にいるにも関わらず呼吸をしようという反応を示します。このように羊水中に混入した胎便を赤ちゃんが吸引することから、胎便吸引症候群は発症します。
胎便が気道内に吸引されると、物理的に空気の通り道が遮断されます。また、胎便そのものが肺に炎症を引き起こし、肺炎が発症します。また肺には「サーファクタント」と呼ばれる呼吸に際して重要な物質が存在していますが、胎便の影響でサーファクタントが壊れてしまいます。以上のような因子が関連し、胎便吸引症候群では呼吸障害が発生します。

症状

胎便吸引症候群では、出生直後から呼吸障害を認めます。具体的には、多呼吸やうなり声、鼻を広げる尾翼呼吸、肋骨と肋骨の間がへこむ陥没呼吸、あえぎ呼吸、チアノーゼ等です。また、へその緒や顔面、体の表面には緑色の胎便を多く認めます。呼吸の状態が悪い場合には、気管にチューブを入れ人工呼吸管理になることもあります。その際、気管の中から胎便の排泄を認めることもあります。
胎便吸引症候群では、緊張性気胸と呼ばれる重篤な合併症を併発することもあります。緊張性気胸においては、心拍数が低下し低血圧となり、迅速な対応が必要です。

検査・診断

胎便吸引症候群の診断や重症度の判定には、①胸部レントゲン写真、②血液ガス検査が行われます。


①胸部レントゲン写真
胎便吸引症候群では、胎便が吸引された部分に関連して肺胞がつぶれてしまいます(肺胞虚脱と呼びます)。肺胞虚脱を起こした部位は、レントゲン写真にて白く撮影されます。また、胎便吸引症候群では、肺胞虚脱とは逆に過剰に空気が入り込んでいる肺胞を認めることがあります(肺気腫と呼びます)。肺気腫の部位は、レントゲン写真にて黒色が強く観察されます。胎便吸引症候群では、白い部分と黒い部分が混在するのが特徴的です。
また、胎便吸引症候群に続発して気胸を見ることもありますが、これも胸部レントゲン写真にて診断をされます
②血液ガス検査
胎便吸引症候群では、肺組織における正常な呼吸が行うことができなくなります。そのため血液ガス検査を行うと、血液中の酸素が足りていない状態や、二酸化炭素がうまく体外に排泄できていない状態を観察することがあります。これに伴い血液のpHが正常よりも酸性に傾く「アシドーシス」と呼ばれる状態になります。


また新生児遷延性肺高血圧症と呼ばれる、特殊な血行動態を示すこともあります。胎児では、肺への血流が乏しいのが正常な姿であり、出生後肺の血圧が下がるにつれて肺への血流も増加します。しかし胎便吸引症候群では、肺高血圧が出生後も持続することがあり、このことを「新生児遷延性肺高血圧症」と呼びます。新生児遷延性肺高血圧症では、心エコーを行い肺の血圧を評価します。

治療

胎便吸引症候群は、羊水の混濁により最初に疑われます。赤ちゃんが出生した後には、第一啼泣を認める前に可及的速やかに口腔内の胎便を吸引することが大切です。その後の胎便吸引症候群の治療は、呼吸状態の重症度や気胸、新生児遷延性肺高血圧症の合併などに応じて決定されます。
重症な胎便吸引症候群においては、人工呼吸管理が行われます。肺を正常な構造に保つ「サーファクタント」が欠乏していることもあるため、サーファクタントを挿管チューブ経由で気管に投与することもあります。また、気管内の胎便を洗浄することもあります。人工呼吸管理においては、気胸や新生児遷延性肺高血圧症の発症を予防するため、筋弛緩薬や鎮静剤をしっかりと用いることもあります。また、充分な酸素投与も行われます。胎便吸引症候群に続発して細菌感染が生じることもあるため、抗生物質が投与されることもあります。
緊張性気胸の発生が疑われる場合には、胸部に貯留した不要な空気を脱気させるために針を胸に刺す治療がとられることがあります。
新生児遷延性肺高血圧症の治療では、点滴による肺血管拡張薬や一酸化窒素(NO)と呼ばれる吸入ガスを使用することがあります。NOには肺の血管抵抗を下げる効果があり、結果として肺の血圧が低下し肺への血流が改善されることが期待できます。重症な新生児遷延性肺高血圧症では、膜型人工肺療法(ECMO)と呼ばれる治療方法がとられます。
胎便吸引症候群では、新生児仮死の状態で産まれてくることもあり、脳の保護を目的とした治療がなされることもあります。この目的のために、脳低体温療法が行われることもあります。