クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Brain
脳動脈瘤
脳動脈瘤とは、動脈に発生する、瘤状あるいは紡錘状(ぼうすいじょう(両端がすぼまったつぼみのような形)に膨れたコブのことです。大きな血管の枝分かれの部分にできることが多いですが、枝分かれとは関係な...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
脳

脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

脳動脈瘤とは、動脈に発生する、瘤状あるいは紡錘状(ぼうすいじょう(両端がすぼまったつぼみのような形)に膨れたコブのことです。大きな血管の枝分かれの部分にできることが多いですが、枝分かれとは関係ない部分にできることもあります。脳動脈瘤が破裂すると、脳を包んでいるくも膜と呼ばれる膜の内側に出血をきたし、「くも膜下出血」と呼ばれる病気になります。

原因

動脈瘤は、先天的要因と後天的要因が重なって発生すると考えられていますが本当の原因は不明です。先天的なものでは、もともと動脈の壁が脆弱(ぜいじゃく)なこと、後天的なものでは、高血圧・糖尿病・動脈硬化・喫煙などで血管が慢性的にダメージを受けていることが挙げられます。感染性心内膜炎と呼ばれる心臓の病気では、まれな形の脳動脈瘤を形成することがあります。

症状

破裂していない動脈瘤は未破裂動脈瘤と呼ばれ、なにも症状が出ないことが多いです。しかし動脈瘤の位置や大きさによっては、まわりの神経や脳を圧迫して瞳孔の異常などの症状が出ることもあります。また、特に大きな動脈瘤の場合には瘤の内部に血の塊が生じて脳梗塞の原因になることもあります。

検査・診断

脳動脈瘤があっても無症状なことが多いため、現実的には健康診断や頭痛の原因を調べている最中に脳MRIやMRAと呼ばれる検査方法でたまたま見つかることが多いです。脳動脈瘤がみつかった場合、脳動脈の位置・大きさ・形状などを詳しく調べる必要があるため、血管内カテーテルを用いた脳血管撮影や、造影剤を使用する頭部CT検査を行います。

治療

脳動脈瘤では、慎重な経過観察、クリッピング手術(開頭して行う外科手術)、血管内治療(血管内にカテーテルを通して行う手術)のいずれかを選択します。脳動脈瘤の治療を行うべきかどうかは、瘤の大きさや形、家族歴の有無、生活習慣など複数の因子を勘案して決めます。

脳動脈瘤の記事を読む

もっとみる

脳動脈瘤の記事にご協力いただいている医師