クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Brain
脳振盪
外部からの衝撃により、CTなどの画像検査では脳にはっきりとした異常がない場合でも、脳がダメージを受けている状態を脳震盪といいます。 より詳しい情報は、こちらをご参照ください
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
脳

脳振盪(のうしんとう)

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

外部からの衝撃により、CTなどの画像検査では脳にはっきりとした異常がない場合でも、脳がダメージを受けている状態を脳震盪といいます。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

原因

脳震盪は転倒などで頭を打つことが原因で起こります。日常生活はもちろん、スポーツなどの接触事故でも脳震盪が起こる危険があります。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

症状

頭を打ったあとに頭痛・吐き気がある、または集中できない、言葉がなかなか出てこない、情緒不安定、記憶障害といった症状がある場合には危険です。特に、ラグビーやサッカーなどコンタクトの激しいスポーツをやっている方が頭を打った後に意識障害を起こしていた場合は、要注意です。しかし、スポーツで起こる脳振盪の場合、その場で意識を失って起き上がらないという症状はほとんどなく、意識があって会話ができる状態が約90パーセントです。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

検査・診断

頭を打った時の検査は、頭部のCTを撮影します。スポーツによる脳振盪の評価には、国際スポーツ脳振盪会議が提唱する「SCAT(Sports Concussion Assessment Tool)」を適応するのが望ましいです。脳震盪の疑いが強い場合はただちに医療機関を受診しましょう。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

脳振盪の記事を読む

もっとみる

脳振盪の記事にご協力いただいている医師