クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Kidney
腎臓がん
腎臓がんとは、尿をつくり出し体の老廃物を排出する役割をもつ腎臓にできる悪性腫瘍のことです。腎臓を構成する細胞は、尿が通る管を構成する尿細管上皮の細胞や、尿をつくり出す糸球体(しきゅうたい)とよば...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
腎臓

腎臓がんじんぞうがん

腎臓がんの記事にご協力いただいている医師

  • 松田 公志 先生

    松田 公志 先生

    関西医科大学枚方病院副院長 関西医科大学泌尿器科学講座教授 関西医科大学副学長 関西医科大学評議員・理事

    関西医科大学腎泌尿器外科は日本で最も早く腹腔鏡手術を始めた泌尿器科であり、その泌尿器科における腹腔鏡手術のスペシャリスト。また、男性不妊症や男性更年期障害など、男性の生殖器医療の臨床・研究も専門としており、患者や医師からも大きな信頼を得ている。

  • 井手 久満 先生

    井手 久満 先生

    獨協医科大学埼玉医療センター 泌尿器科

    前立腺がん・腎臓がんのロボット手術から男性更年期に対するアンチエイジングまで、泌尿器科で扱う幅広い診療内容に長けたエキスパート。医師の意見を押し付けるのではなく、可能性のあるすべての治療法のメリットとデメリットに関してもすべて丁寧に説明し、患者さんに選んでいただくことを心がけている。

  • 藤澤 正人 先生

    藤澤 正人 先生

    神戸大学医学部附属病院 病院長/神戸大学大学院医学研究科 外科系講座 腎泌尿器科学分野 教授

    日本泌尿器科学会理事長、神戸大学医学部附属病院病院長を務める。手術支援ロボットを用いた腎がん部分切除手術の保険適用を主導的立場で推進し、2016年4月、前立腺がんに続き国内で二例目となるロボット手術の保険適用を実現に導いた。当分野における日本のトップランナーとして常に先進的な視点を持ち、後進の育成とロボット手術の普及に向けて尽力している。

  • 羽渕 友則 先生

    羽渕 友則 先生

    秋田大学大学院医学系研究科 腎泌尿器科学 教授 秋田大学医学部附属病院長

    泌尿器科腹腔鏡手術、ロボット支援腹腔鏡手術の第一人者。泌尿器科腫瘍に対する低侵襲手術や移植腎採取術の低侵襲化を専門としており、現在まで800例以上の泌尿器腹腔鏡手術がある。泌尿器科腫瘍の基礎研究にも力を注いている。後進の育成にも定評があり、これまで、15人以上の泌尿器腹腔鏡技術認定医を輩出している。

腎臓がんの記事一覧