クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Vagina
腟カンジダ症
腟カンジダ症とは、カンジダという真菌が異常増殖することにより、おりものの変化や性器のかゆみなどを引き起こす疾患です。真菌は常在菌の一種で、免疫力や常在菌バランスの変化などがきっかけとなり発症する...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
膣
更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

腟カンジダ症とは、カンジダという真菌が異常増殖することにより、おりものの変化や性器のかゆみなどを引き起こす疾患です。真菌は常在菌の一種で、免疫力や常在菌バランスの変化などがきっかけとなり発症することが多いです。反対に性交が原因となることは少ないといわれています。腟カンジダ症は外用薬や腟錠(腟坐剤)で治療します。

原因

腟カンジダ症は性交を通じて感染することは少なく、腟内の細菌叢の乱れによるものが大半を占めています。腟カンジダ症の原因となるカンジダ菌は常在菌と呼ばれ、皮膚表面や消化管などに広く存在しています。

腟内には他の有害な菌の増殖を抑えてくれる常在菌(乳酸桿菌の一種)もいるため、普段はカンジダ菌が異常増殖することはありません。しかし、何らかの原因により体の免疫力が低下すると、常在菌のバランスが崩れてしまい腟カンジダ症を発症します。

全身の免疫力低下の原因としては、風邪、過労、睡眠不足、体調不良などのほか、糖尿病や全身感染症、妊娠、抗がん剤投与、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)投与などがあります。また別の感染症治療のため投与した抗生物質、陰部の洗いすぎなどが原因となることもあります。

症状

腟カンジダ症を発症すると陰部に強いかゆみが生じるため、陰部を掻いて引っかき傷を作ってしまう方もいます。また性交時に陰部に痛みや灼熱感などを感じるほか、出血を伴うこともあります。

また、おりものの変化も腟カンジダ症の代表的な症状です。腟カンジダ症では、おりものが白くポロポロとした形状に変化します。また腟内容物も、ヨーグルト状やオカラ状に変化します。

検査・診断

腟カンジダ症の可能性がある場合、自覚症状とおりものの状態を確認するほか、腟内容物を採集してカンジダ菌の胞子や菌糸がないか顕微鏡で観察したり、腟内容物を培養してカンジダ菌が検出されるか調べたりします。

治療

腟カンジダ症の症状が軽ければ、経過観察をして自然治癒するか様子見することもあります。しかし、強いかゆみがあるなど症状が重ければ、抗真菌薬や腟錠による治療を実施します。治療期間中は、陰部の清潔と通気性のよい下着を着用してもらいます。

腟カンジダ症の記事を読む

腟カンジダ症の記事にご協力いただいている医師