皮膚

薬疹(やくしん)

薬疹とは

薬疹とは薬を内服、注射することで生じる発疹のことをいいます。通常、薬は重い副作用が出ないようにつくられていますが、体質によってごく一部の方は特定の薬に対して重篤なアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。薬疹は、その薬に対して反応してしまう細胞や抗体を保有している方にのみ生じ、このようにアレルギーを起こしやすくなっている状態になることを薬に感作(かんさ)された状態といいます。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

原因

薬疹は、薬の成分によってアレルギー反応を起こしてしまうことが原因です。薬疹を起こす可能性がゼロの薬は存在しませんが、比較的起こりやすい薬と起こりにくい薬があります。薬疹が起こりやすい薬剤としては以下のものが考えられています。

  • ペニシリンなどの抗菌薬
  • 解熱鎮痛薬や感冒薬(いわゆる風邪薬)
  • 抗けいれん薬などの神経薬
  • 高血圧、不整脈
  • 糖尿病の治療薬
  • 造影剤

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

症状

薬疹の症状は重症度によっても異なり、様々なものがあります。局所的に皮膚に赤い発疹が出る程度のものから、皮膚全体が腫れあがるものまでありますが、主な症状は発疹(ほっしん)といえます。 重症化すると、スティーブンス―ジョンソン症候群(SJS)や中毒性表皮壊死症(TEN)に及ぶこともあります。また、薬剤に対するアレルギー反応を起こすまでには一定の感作期間(その薬に対して反応してしまう細胞や抗体を保有するようになるまでの期間)がかかります。これは数日から2週間以内が多いのですが、高血圧の治療薬などでは数か月後に発症する場合もあります。また発疹のタイプもそれぞれであるため、かゆみを伴う場合もあればあまりかゆくならない場合もあります。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

検査・診断

薬疹の検査では血液検査を行い、好酸球が増えている場合に薬疹を疑います。ただし好酸球が増えていないことも多く、どのような薬をいつから飲み始め、いつから症状があらわれたのかを明確にすることが最も重要です。また、以前薬疹を生じたことがある方の場合は、そのときと類似した成分が薬に含まれていないかを調査します。そうして原因とみられる成分を絞った後は、様々な検査(パッチテストや内服試験、血液による検査)を行います。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

治療

薬疹の重症度により、治療法は異なります。 ・軽症薬疹 薬疹の症状があまり重篤でない場合は、疑わしい薬剤の服用を中止するだけで軽快します。 ・中等症薬疹 中等症の場合は、薬剤を中止するだけで軽快することもありますが、かゆみが強かったり紅斑が著しく多発したりする場合は、抗ヒスタミン薬やステロイド外用薬、中用量までのステロイド薬を投与することもあります。 ・重症の場合 スティーブンス―ジョンソン症候群(SJS)や中毒性表皮壊死症(TEN)、薬剤性過敏症症候群(DIHS)など重症薬疹の場合は特殊な治療が必要となります。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

薬疹の記事を読む

もっとみる

薬疹の記事にご協力いただいている医師