クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Eye
角膜潰瘍
角膜潰瘍とは、角膜に生じた損傷を指します。傷は角膜の表面に留まるのみならず、そのさらに深く実質にまで損傷が生じている状態です。 角膜潰瘍は目に対しての外傷をきっかけに生じることが多いですが...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
目

角膜潰瘍かくまくかいよう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

角膜潰瘍とは、角膜に生じた損傷を指します。傷は角膜の表面に留まるのみならず、そのさらに深く実質にまで損傷が生じている状態です。

角膜潰瘍は目に対しての外傷をきっかけに生じることが多いですが、コンタクトレンズの装着がうまくいっていない場合にも生じます。関節リウマチなどの膠原病に関連して潰瘍が生じることもあります。

角膜潰瘍を発症すると、目の痛みに加えてかすみ目や視力低下を見るようになります。角膜潰瘍の原因はさまざまであるため、治療方法も原因に合わせて適宜決定されます。原因や重症度に応じて抗生物質やステロイドなどの点眼薬もしくは内服薬、手術療法などが選択されることになります。

原因

光の通り道として眼球の中でも一番表面に位置する角膜は、光が入る外部から順に、角膜上皮、ボーマン膜、角膜実質、デスメ膜、角膜内皮の5層によって構成されています。中でも角膜実質は一番層としては分厚く、角膜の透明性にとても重要な役割を果たしています。角膜上皮を超えて角膜実質にまで損傷がおよんだ状態を、角膜潰瘍と呼びます。

角膜を構成する細胞の中でも角膜上皮は新陳代謝が活発であり、角膜上皮が少し傷ついても比較的短い時間で自然に回復することが期待できます。しかしその一方、角膜実質は透明性を保つためにコラーゲン線維が多くを占めており、細胞に乏しいことが特徴です。そのため角膜潰瘍が生じると、傷の治りが遅く、場合によっては傷や混濁がそのまま残存することになります。

角膜潰瘍が生じる原因として最も多いのは、目に対しての外傷です。適切な使用方法を守らずにコンタクトレンズを使用すると、角膜潰瘍につながることがあります。角膜潰瘍の誘因としては、その他、ステロイド点眼薬の使用や細菌感染の合併、ヘルペスウイルスや水痘帯状疱疹ウイルスによる感染、ドライアイ、逆さまつげ、薬品、糖尿病などがあります。原因となる細菌にはブドウ球菌や連鎖球菌、緑膿菌がありますが、中でも緑膿菌では重症化リスクが高いです。その他、関節リウマチやウェゲナー肉芽腫症などの膠原病に関連して角膜周辺部に潰瘍が生じることもありますし、原因不明の特発性周辺部角膜潰瘍と呼ばれる病気も知られています。

症状

角膜潰瘍を発症すると、角膜の透明性が著しく障害を受けることになります。角膜の透明性を保つことは、ものをしっかりと視覚するのに重要であるため、透明性が損なわれることから角膜潰瘍ではかすみ目や視力低下を認めるようになります。

また、角膜上皮には痛みを感じる神経が多く存在しています。そのため、角膜上皮の損傷を付随する角膜潰瘍では、とても強い目の痛みを伴うようになります。潰瘍の程度が強くなるにつれて、痛みも強くなります。

その他、目の充血や目の違和感、涙目、まぶたの腫れなどの症状を見ます。さらに、角膜に傷が入ることで透明性が障害され、白い斑点として病変部位が認識されるようになります。

原因の項目で記載したように、角膜の損傷に対しての治癒過程はゆっくりであり、場合によっては永久的な損傷を残すことがあります。この場合には、著しい視力低下や最悪の場合には失明にも至ることがあります。このことは、角膜上皮のみが損傷を受けた角膜損傷とは大きく異なる点と言えます。

検査・診断

角膜潰瘍は、角膜をフルオレセインにて染色しながら細隙灯顕微鏡検査を行い角膜損傷の状況を評価することが大切です。この検査を行うことで、角膜の損傷具合を肉眼よりも詳細に評価することが可能となります。その他、角膜潰瘍の部位に細菌やウイルスの感染が合併することもあります。そのため、潰瘍部位の検体を用いて病原体の存在を確認するための検査が行われることがあります。さらに、膠原病と関連して発症することもありますので、基礎疾患として疑われる膠原病に合わせての検査も追加で行われます。

治療

角膜潰瘍は、細菌やウイルス、時に真菌などの感染症が原因となって発症していることがあるため、抗生物質や抗ウイルス薬などの含まれる点眼薬を用いて治療を行います。感染徴候が強い場合には、点眼薬のみではなく、飲み薬や点滴での治療も考慮されます。

感染が落ち着いた状況や、潰瘍の進行が強い場合、自己免疫疾患が関与している場合などにおいては、潰瘍の進行を食い止めるためにステロイド(主には点眼薬として)を使用します。ステロイドを用いることで角膜の瘢痕を抑制し、永続的な機能低下を防ぐことを目的とします。しかし、感染が合併している状況では感染の増悪リスクもあるため、注意深く使用することが必要です。

こうした保存的な治療が奏功しない場合には、手術による治療介入も検討されます。手術では障害を受けた角膜を移植することになり、視力の保持を図ることになります。

角膜潰瘍の記事を読む

角膜潰瘍の記事にご協力いただいている医師