クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Liver
転移性肝がん
転移性肝がんとは、肝臓以外の臓器にできたがんが血液やリンパ液の流れに乗って肝臓に運ばれ、そこに新たながんがつくられた状態のことです。 大腸がんからの転移が一番多いといわれており、胃がんや膵...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
肝臓

転移性肝がんてんいせいかんがん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

転移性肝がんとは、肝臓以外の臓器にできたがんが血液やリンパ液の流れに乗って肝臓に運ばれ、そこに新たながんがつくられた状態のことです。

大腸がんからの転移が一番多いといわれており、胃がんや膵臓がん、胆のうがんなどの腹腔内臓器のがんからの転移が多いです。乳がんや肺がん、白血病やリンパ腫なども肝臓に転移することが知られています。

転移性肝がんの病理学的な性質は、原発巣(げんぱつそう)(最初にがんが発生した場所)のものと一致します。発見時、すでにいくつかの臓器にがんがある場合には、手術でとりのぞいた肝臓のがん組織を詳しく検査することで、原発巣がどこなのかわかることもあります。

原因

肝臓には門脈と呼ばれる非常に太い血管があり、全身に行きわたった血液が心臓に戻るときの通り道となります。そのため肝臓は、門脈を介して転移を受けやすい臓器です。

転移が起こるメカニズムとしては、がんが最初にできた臓器内で、どんどん大きくなると、やがて周囲の血管やリンパ管のなかに侵食するようになります。侵食したがんの細胞は血液やリンパ液の中を流れ、他の臓器へと移動し、そこに新たながんの塊がつくられます。

症状

転移性肝がんの場合、すでに原発巣のがんによる症状が現れている場合もあります。一方、原発巣のがんによる目立った自覚症状がなく、転移性肝がんの症状が先に現れることでがんの発見につながるケースもあります。

初期症状としては、食欲不振や体重減少、倦怠感、発熱など多くのがんで認められる症状が現れます。また肝臓が腫れることで、右上腹部を中心とした圧痛も起こります。

やがて、肝臓に中にがんの塊がたくさんできてくると、胆汁の通り道である胆管を物理的に閉塞してしまいます。このような状態になると黄疸(おうだん)という症状が現れ、皮膚や白眼の部分が黄色くなり、皮膚にかゆみを感じるようになります。さらにがんが進すると、肝臓の機能が著しく低下し全身のむくみや腹水が生じ、最終的には脳に有害物質が蓄積して意識障害が引き起こされます。

このような末期の状態まで診断されないケースはまれですが、受診の遅れによって原発巣だけでなく転移性肝がんも進行するケースもあります。

検査・診断

転移性肝がんの診断には、血液検査と画像診断が用いられます。

血液検査

肝機能のチェックと腫瘍マーカーの値をチェックします。肝機能検査では、ALP、γ-GTP、LDHが上昇していることが多いです。腫瘍マーカーは原発巣によって上昇するものが異なるため、原発巣の推測に役立ちます。また抗がん剤治療を行う場合は、治療前後のがんの状態を比較する目的でも使われます。

画像検査

腹部エコー検査

肝臓にできた病変を描出しやすく、簡便性のある検査です。肝臓に異変がないかをまず調べるときに有用な検査です。

造影CT検査

撮影前に造影剤を静脈内に投与し、小さながんでも見つけやすくします。転移性肝がんの場合には、がん自体は正常な肝臓の部位よりも濃くうつり、周辺が輪っかのように白く染まったようにみえます。

MRI検査

MRIでもCT検査と同様、造影して撮影を行います。T1強調画像では低信号、T2強調画像では高信号を示すことが多いです。また黄疸が強い場合などには、胆道の状態をみるためMRCPという検査が行われることもあります。

治療

原発巣が根治し他の転移がない場合には、手術をしてがんを取り除く肝切除やラジオ波焼灼療法(RFA)が抗がん剤治療と併用して行われます。ただし全身状態がよく、がんが切除可能なことが条件です。

肝切除

肝臓は非常に再生力の高い臓器であるため、切除した範囲によっては手術後に再生する可能性もあります。肝機能が悪い場合は、術前に肝機能検査を行い、どの程度まで切除可能かを見極める必要があります。現実的には、転移が肝臓全体に行きわたっている状態や肝機能が著しく低下している患者に肝切除は不可能であり、抗がん剤でがんを小さくしてから手術に踏み切るパターンもあります。

ラジオ波焼灼療法(RFA)

がんの部位に電極を差し込み、ラジオ波によってがんを100度近くまで加熱し、焼灼壊死させる治療法です。肝切除より体への負担は少なく繰り返し行えるという利点もあります。肝臓内のがんが3つ以内かつ3cm以下が適応とされていますが、その他の場合でも行われるケースはあります。

抗がん剤治療

がんを小さくする治療で、抗がん剤だけでは根治はできません。転移性肝がんでは肝臓の太い動脈に抗がん剤を注入し、一度に多量の薬をがんに直接流す方法もあります。これにより全身に抗がん剤が届きにくくなるため、副作用の軽減が期待できます。

転移性肝がんの記事を読む

もっとみる

転移性肝がんの記事にご協力いただいている医師